昨日のブログの続きです。


_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3395.JPG


ルミネでのスタイリングのイベント中
「コーディネートをSNSなどに載せていますか?」と何名かのお客様から聞かれた
ことをきっかけに、自分のスタイリングのスタイルについて
あらためて考えていた、という話の続きです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私は、自分のファッションを、「今日のコーディネート」のような形で
それをメインに載せることはほぼありません。

(何らかのポリシーで載せないと決めているわけでもなく、自然な気持ちで。
気が向いたら載せることもあります)



なぜかというと。
そもそも自分を見せることにあまり興味がないというのと

自分のファッションスタイルのファンになっていただいて
同じ方向性のスタイリングをご提供したい

というわけじゃないから、というのが大きい気がします。


もちろん自分自身のスタイルはあるけれど
(私の場合は、昔からシンプルでクラシックなスタイルが好きです。
ヨーロッパの街並みに合うような。)



とにかく、スタイリングが好きで
テーマがあるスタイリングが好きで


お客様がいて、悩みがあったり希望がある
撮影なら、テーマがあり世界観があって
その上でスタイリングをしていく


その方らしく形にしていくこと、見つけていくこと。
テーマに合ったスタイリングを作っていくこと。
その作業が好きだし、私の仕事だと思っています。




パーソナルなスタイリングは、個人的にはお医者さまと似ていると思っていて


悩みや希望(症状)から
その方にとって適切なスタイリング(処置・処方)を導き出してスタイリングをする。

自分の中にある引き出しから、さまざまなアプローチを組み合わせて
その方のための処置や処方をする。


だからやっぱり自分の服装とスタイリングはあまり関係がなく、
そして、その時その時あらゆるテイストを楽しんでいると実感しています。


スタイリングをするうえで、自分の強みのひとつは
あらゆるテイストに対応できること、心から興味があり、好きなこと。


昔はそれを、色がないのかな、とか、
タレントみたいに自分を見せないといけない職業なのだろうか、と悩んだこともあったけれど

今はそれがとても役立っているし、強みだと思えるようになりました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


ルミネでも参考に雑誌を見ながらお話するのですが、そうすると様々な雑誌テイストの方がいます。
さらに、同じ雑誌の中でもハマるスタイルは人によって違います。

IMG_3286.jpg

同じ商業施設の中でも、このくらいは雑誌が分かれるんですよ。
(似ているものもあるのですが、微妙に温度感が違います。
この中だと大きく分けると4テイストくらい)



同じ商業施設の中でもそうなのだから、
普段ご依頼いただく方は本当に様々な好みや価値観の方がいらっしゃいます。

「日本人は皆同じ服装」とよく言われますが
たしかに流行には影響されやすいけれど
ファッションテイストに関しては、実はものすごく多様で自由なんですよね。



お客様の可能性を、私個人が普段しているファッションの幅や
おしゃれの温度感の中で捉えてしまうと
提供していきたいパーソナルなスタイリングのアプローチとは違うものになってしまうし

自分のスタイルを見て、悩んでいる方に「この人はこのテイストなのだ」と
勘違いさせてしまうことになったら、せっかく解決できるものも遠のいてしまう。

だから
好きなアイテムを見せたくて載せたり
誰かと会った時のショットを載せたりはありますが
コーディネートを見せるための写真を撮ることに
あまり意味がないかな?と必要性を感じていないのだと思います。

(たまにリクエストいただくのですが頻繁には載せられずごめんなさい。
気が向いた時や、風景に合うコーディネート写真は好きで載せているのでよかったら見てくださいね)


あらゆるテイストに好きなポイントがあり、
その都度その都度、お客様と様々なファッションを楽しんでいて
それがとても楽しくて幸せ。


今回のように大人ルミネ的なスタイルを作りながら盛り上がったり
モードな服のデザインにうっとりしてワクワクしたり
甘めだったりラグジュアリーなコンサバスタイルにもときめくし
ゆるいシルエットのナチュラルなスタイルにもほっこりする


どのテイストも愛しいし、その方とときめくポイントが重なるというか
たぶん、同じ気持ちを持っている。



自分のファッションを発信して
こんなファッションになりたい、と思っていただくというよりは
(それはそれで嬉しいですが)


価値観やアプローチの方法を知っていただいて
「この人なら私を私らしい場所に連れて行ってくれる」


自分のスタイルがわからなくなっていたり
どうすれば理想に近づけるのか悩んでいる方に

安心して相談していただけるようになりたい。



ーーーーーーーーーーーーーーー



あらゆるテイスト、好み、
おしゃれの温度感、ライフスタイルに
理解とリスペクトを持つこと

自分の色でお客様を制限しないこと
型にはめないこと。

そのために、多くのテイストや体型やサイズ、ライフスタイルを学び
何より自分自身が興味を持って楽しむこと。
常日頃から、多様性の中で生きること。


スタイリングさせていただく間
時間を共有する間
心をお客様に重ねて
その上でスタイリストとしての視点を持つこと。


そしてその方も気付いていない
「心地よさ」「らしさ」を
探り、具現化し、再現できるようにお伝えすること。


それが、私のスタイリング。
私らしいアプローチ。


イベント後
ルミネの方からいただけたフィードバックが
同じように重なったこともあり
そんな考えが一層明確になり、自分の強みとして誇りに思えた一週間でもありました。


これからもあらゆるテイストに愛を持って興味を持って
スタイリングをしていきたいな、と思っています。


 

10/31〜11/6にかけて行われたルミネ有楽町でのスタイリングイベント
無事に終了しました!


昨年秋から関わらせていただき、今回で3度目となるスタイリングイベント。

今回は、抽選で26歳から46歳のルミネ有楽町ユーザー様、13名にご参加いただきました。


_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3395.JPG

ご参加いただいた素敵な皆さんと♫

こちらの企画では、イベントと言いつつも
早回しで簡易的なスタイリングを行うのではなく

実際のスタイリグとほとんど同じように
お一人三時間かけて、ルミネ有楽町のショップを周りスタイリングさせていただいています。


IMG_3031.jpg


今回からスタイリング中のタグも作っていただき、
ショップスタッフさんとのやりとりもスムーズに。

ご協力いただいたスタッフの皆様もありがとうございました。


さて、パーソナルなスタイリングというと、悩みは本当に人それぞれ。

・なぜか垢抜けないけれど理由がわからない
・やってみたいスタイリングをどう作ればいいのかわからない
・年齢と服装が合っていない気がする
・そもそも何が好きなのかもわからない
・良いものを長く使いたいと思うあまり冒険できない
・コーディネートがワンパターン
・背が高いから、低いから…
・体型が◯◯だから
etc...


こんなお悩みを聞かせていただきながら、
7日間で13名のスタイリング(各3時間)を行いました。
丸1日半以上スタイリングし続けていたんですね。


昨日は抜け殻のようになっていたのも頷けます。笑



三度目となった今回は、自分でも少し余裕が出てきたかな?

スタイリングをしながら、
日々仕事へのまなざしを深めたり、初心を思い出したりと

「経験しながら、スタイリングを始めてからの10年間を辿る」ような時間を持つことができ
とても幸せでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、この期間中、何名かのお客様から
「インスタやブログでコーデを載せたりしていますか?」とご質問いただくことがあり
自分のスタイリングのスタイルについても想いを馳せていました。


先にfbに投稿したのですが
とても長くなってしまったので、ブログでは分割して投稿したいと思います。


続きはまた明日…



明けましておめでとうございます。

※写真がアップできない不具合のため
文字だけのご挨拶となりますことお許しください。

関西から東京へ戻り、ペースを探りながら過ごした2018年。
迷うこともありましたが、たくさんの変わらぬご縁に助けられ、新しい形のお仕事にも挑戦の機会をいただき、感謝の一年となりました。
ありがとうございました。

今日は茶道のお稽古へ。
奈良にある萬御菓子誂處 樫舎さんの花びら餅をいただき、今年の抱負を書初め、心新たに新年のスタートを切りました☺️
(余談ですが、樫舎さんの和菓子は格別に美味しいです。コースでいただく和菓子メニューがあるので、そのうち奈良のお店へ伺ってみたい…)

書初めで私が選んだ言葉は
「行雲流水」(こううんりゅうすい)
「雲在青天水在瓶」(雲は青天に在り、水は瓶に在り)

今年、というよりも、自分自身の人生や仕事において大切にしたい、そして伝えていきたい軸となるもののひとつ(ふたつ)です。

仕事面では、ファッションに限らず
学生時代から興味を持ち、ファッションを考える上でも軸になっている
人の内面や(日本に限らない、多文化に関する)社会に関する学びをいっそう深め、
私らしい形で社会に還元していけたらと思っています。

心穏やかに、シンプルに、健やかに。
(そしてゆるりと自然体で☺️)

少しでもポジティブな循環を世界に残せるよう、自分らしく邁進していきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


石川ともみ

↑このページのトップへ