DSC_0007.jpg

「一人静」という花があります。一度はこの白い野草を育ててみたい。「一人静」の花の由来ですが、歴史に出てくる美女「静御前」。ご存知でしょうか。この女性の美しい舞を舞っている姿を想わせることで名づけられたという。「静御前」とは義経の愛妾、最近はこの言い方も問題なので恋人と言った方がいいのかな。義経と一緒に逃げますがその後頼朝につかまり、白拍子である静御前は、頼朝の前で義経への想いを歌い舞います。すごい覚悟。頼朝は当然激怒したと。それがまさしくこの花「一人静」の名前の由来となった「白拍子の舞」です。

ひっそりと控えめに咲いている花ですが、凛とした美しさがあります。「静御前」のひたむきな美しい姿が現れてます。「ひたむき」という姿はいつの世も目を引きますよね。光を放つというか。ひたむきである意味や内容ではなく、その集中力というのかな。「脇目もふらず」ということなのだろうと思います。誰のことも観えずに、自分を投げ打つことができるという時間そして事実。この姿、背中、瞳に惹かれるのでしょうね。

茎が一本の「ヒトリシズカ」と、茎が二本は「フタリシズカ」と言うそうです。「二人静か」も良いですよね、、信頼関係がなければ「二人静か」とはいかないでしょう。個々に「ヒトリ静か」ができる人が、初めて「二人静か」ができる。「二人静か」は一人と一人が精神的に独立していて、初めて成り立つ極上の時間なのです。




病院の待ち合いにあったイルカの本をパラパラとめくってみた。私は特にイルカが好きだと言う訳ではない。海の生き物は幼い頃からまったく接点がなかった気がする。ただこの一節には惹かれる。「イルカは左右の脳を交互に休ませることができる」。これは羨ましい。仕事をしていると脳のHDが許容量を越えてしまい、何も考えられず目がパチパチとする事がある。こんな場合は眠ることが一番なのだけれど、その時間さえももったいないと思うときがあります。

イルカは右脳が眠っているときは左目、左脳が眠っているときは右目を閉じ、一定方向に回転しながら眠る。かなり落ち着きがない様子だが宇宙レベルの無駄のない動きなのだきっと。北半球のイルカは反時計回り、南半球のイルカは時計回りに回転するとある。自然と一体となるのは人間の憧れであるけれどこれらは一生手に入らないのではないか。ヨガや冥想などでこの次元に行こうとしても、日常を生活するベースではどうしても遠くなる。いや遠くていいのである。

本にあったイルカの脳は人間よりも大きく形状し、しっかりどっしりしていた。
イルカの脳は右脳、左脳と全体が緩やかにシンクロしていて、その辺りの連携は人間はあまり良くないらしい。余計な情報がそれらを循環させなくなっているのかもしれないが、人間が生きる上で大いに無駄なものは必要なのだ。

イルカと戯れる人々は特有の癒しを貰うようである。仏のような、天使のような。能力があるものだけがはじめてホンモノを与えることができるのだと思う。
自然と一体となれるモノは残酷さや悲しみの本質を知っているのかもしれない。それらを越えたところで「恐れ」を持っていないのだ。不自由な私たちはこの「恐れ」を試行錯誤しながら、何度もどうしようもないことに直面する。そうしながらも私たちなりに循環していくのだ。


2018年4月7日(土)日本橋三井ホール  17:00開場 18:00開演 

石川智晶LIVE「裏窓からみえるモノ〜終盤のシークエンス」開催決定!!

前回のLIVE直前に映像担当者が突然いなくなる、なんていうサプライズ、、が実はありまして。何事もなかったかのように日々が過ぎて行きます。

それで前回LIVEから実は自分で映像やってます。内心ザワザワで冷や汗ものの中、なんとかなったから今は出来事そのものを笑えますが。私は映像においては初心者でしたから。一瞬完全に死にました。。笑  

長くやってますとこれ以上に笑える恐ろしい話もありますので、もはや楽しむしかないかもと思ってます。もちろん理解しがたい事はありますけれど、腹をたてるよりも前にさて今回のLIVEをどうすればいいか、それが先でした。これが真ん中にありました。お客様がいる限り。

なので居なくなった方には理解はできないけど、その場所で幸せであれと思います。

これが発覚した時。他のそれぞれの担当者は考えられないと皆言いました。仕事は時としてプレッシャーを与えられることがある。ですがそれを放り投げることは、そこに大変な事情とストレスがあっても、仕事が自身を支えるプライドになり(これは年と共に必要になってくると思う)生活や家族の為にもみんなやるからです。理由がひとつではないこと。これを読んで下さる方もそうでしょう。改めて全スタッフをレスペクト。

しかし、そうはどうしても踏ん張れない人もいる。いろんな人。いろんな人生があります。。出来事を追わずに自分の中のもので生きていかねばね。我々の当たり前がズレてきているのか。もはやズレてるのか。あやふやでありますが、、、。

でも、普通にやってきた当たり前をギリギリでもこれからもやって行くでしょう。

そして私はこの件で、また今回のLIVEで映像を作る作業を身につけることに。。そんな人生です。自分の中ではサプライズを越えています。
次回8/21ART&MUSIC LIVE。にゃんばります。
(´-`).。oO

↑このページのトップへ