☆☆

下半期、ほんのちょぴっとだけ無料で試し読みできます!



☆☆

12星座別の7月の占いは、以下でどうぞ!

『石井ゆかりの星読み』
https://star.cocoloni.jp/campaign.cgi?&cpno=1900835618

cocoloniプロロ
https://cocoloni.jp/scategory/yukariishii/

☆☆

こんにちは、石井ゆかりです。
この7月は、少し「ゆるむ」時間となりそうです。
というのも、5月から木星と火星が牡羊座に同座し、水星、土星、海王星がオウンサインと、非常に勢いがあってパワフルな状態が続いていました。慌ただしかったり、騒々しかったり、焦りがあったりしたのではないかと思うのですが、そうした「どこでもガンガン飛ばしている!」ような状態から抜け出すのが、この7月5日なのです。火星は牡牛座に、水星は蟹座にそろって移動し、ビュンビュン飛ばしていく勢いが一転して、しっとり落ち着きます。今までずっと駆け回っていた状態だったのが、ここから「ちょっと座って、お茶でも飲もうよ」みたいな雰囲気に変わるのです。

と言ってもこの「落ち着き」は、「台風の目」のようなものでもあります。少々フライングになりますが、8月20日以降はまた、ビュンビュン飛ばしていく騒がしい時間がやってくるからです。この7月から8月半ばという時間帯は、少し先に来る「勝負の季節」を見越して、今できる準備をじっくり進めていく時間と言えるかもしれません。ちょっと怠けてしまったり、なんとなく動きが散漫になったりしたとしても、それは8月下旬からの大勝負に備えた「英気を養う」動きなのかもしれません。

18日から23日がもう一つの節目です。金星が蟹座へ、水星が獅子座へ、太陽が獅子座へそれぞれ動きます。これらの移動は全て、どこか元気づけられるような、明るい動きと言えます。太陽以外はディグニティがあるわけではないのですが、それでも、より自分に合った場所に移動する、という感じがあるのです。7月に入ってから少しぼんやりしていた人も、下旬に入ると気持ちがクリアになり、ストレートな意欲が湧いてくるでしょう。きりっと動きやすくなり、感情表現が容易になり、誤解が解け、愛もやりとりしやすくなりそうです。

14日、山羊座で満月となります。冥王星の近くで起こる満月で、海王星や天王星と強めのアスペクトを形成します。ロングスパンでのマイルストーンがここにおかれています。10年、20年という流れの中で「何が築かれたか」を確認できるようなタイミングです。普段、表面的なものの下に隠されているものたちが、ここでぐっと表に出てくる可能性もあります。たとえば「誰が本当の力を持っているか」「何が状況を動かしているのか」といった、「力」が表面化するのかもしれません。

29日、獅子座で新月が起こります。木星とトラインを結ぶ新月で、とてもパワフルなスタートラインです。火の星座のトラインからの新月ですので、積極性、闘争心、主体性が問われます。「自分から何かをしよう」という意欲が刺激される感じがあります。
同日、木星は逆行を始めます。「魚座木星タイム」と「牡羊座木星タイム」の連環を、この日は強く意識することになるかもしれません。何が終わって、何が始まりつつあるのか、ということを、肯定的に捉え直すことができそうです。そこから、「仕切り直し」としてのスタートを切れます。

今月はそんな感じです。


☆☆

12星座別の7月の占いは、以下でどうぞ!

『石井ゆかりの星読み』
https://star.cocoloni.jp/campaign.cgi?&cpno=1900835618

cocoloniプロロ
https://cocoloni.jp/scategory/yukariishii/

☆☆