☆☆

2020年下半期占いがアップされました!→『石井ゆかりの星読み』でどうぞ!

下半期占い単体は、以下でも配信しております。
https://cocoloni.jp/premium/746/

☆☆


5日の星占いです。

****

ジャスト月食は6日未明だけど、
月が射手座に入った段階で既に満月・月食ムード。
大事なターニングポイント。
あらゆる境界線を越えていく、精神的機動力。
「西遊記」の三蔵法師は徹底的に無力なのに、
周りが全力で守って、旅を達成する。
そういう「強さ」もある。

牡羊座はスゴいインスピレーションが「降りて」くるかも。自分の心の語ることをキャッチしたい日。

牡牛座は「人生へのギフト」を受け取れそうな日。未来への闘志が高まる。何らかの「恵み」を感じられる。

双子座は特別な星の時間の中にいる。前後数日間、かなり大事な転機を迎える人も。「相棒」のような存在と共闘の約束を交わすとか。

蟹座は調子をたて直して大きな流れを作っていけるような日。研究課題に出会える。学べることの多い時。

獅子座は愛のダイバクハツの日。愛と情熱をいっぱいに増やして、心が一回りも二回りも大きくなるような日。

乙女座にも、大事な転機を迎える人が多いかも。かなり大きな決断ができる。積極的な人物、明るい見通し、今だからこその立ち位置。

天秤座はボリュームたっぷり、意外性満載のコミュニケーションの日。今どうしても言っておくべきことがあるような。

蠍座はたとえばでっかい魚を両手で捕まえるような日。美しい、美味しい、宝物のようなものを自分の手で掴める。

射手座も特別な星の時間の中にいる。重要なターニングポイントの時間帯。関わっている人、支えてくれている人、自分の世界に棲む人々の顔がよく見える。関わりの深化。愛の授受。

山羊座は大胆な決断ができるかも。それまでの前提を取り払ってしまうような、全く自由な選択肢。

水瓶座はすごく嬉しいことが起こるかも。心が晴れ渡るような、胸が高鳴るようなこと。

魚座は自分の役割がびしっと定まるような日。なんのために闘うのかが明確になる。「心が決まる」ような日。

☆☆


雑誌でもいろいろ連載してます!
↓↓

毎月6日発売 集英社『Marisol』
https://marisol.hpplus.jp/magazine

毎月7日発売 講談社『群像』
http://gunzo.kodansha.co.jp

毎月20日発売 CCCコミュニケーションズ『フィガロジャポン』
https://madamefigaro.jp/magazine/

毎月28日発売 集英社『cocohana』
http://cocohana.shueisha.co.jp

季刊 説話社『マイカレンダー』
https://mycale.jp

☆☆