☆☆

2020年下半期占いがアップされました!→『石井ゆかりの星読み』でどうぞ!

下半期占い単体は、以下でも配信しております。
https://cocoloni.jp/premium/746/

☆☆


4日の星占いです。

****

月は蠍座で、海王星のトライン、冥王星・木星のセクスタイルに向かう。
金星と太陽のコンジャンクション、からの、火星のスクエア。
トリックスター的な、ひっかきまわしちゃうぞ! な面白さ。
とにかく一度「当たり前とされている現状」を壊してしまってから、
新しいことを考えればいい、みたいな熱い楽観。
魅力的な人々の発する声、エネルギー。

牡羊座は頭ではなく「心の納得」を作っていく、みたいな日。本物の説得。思いの浸透。

牡牛座は「受けとる・与える」のやりとりが盛んな日。留めておかず、動かす、という価値観。

双子座は「使命」がたくさんある日。自分では楽しくラクにやっているつもりでも、結果的にすごく頑張ったな!みたいな感じになるし、周囲の目にもそう映る。勝つための算段。

蟹座は無意識にすごくいいことをしていた、みたいなことがあるかも。心の動き、流れの自然さ。

獅子座は「心が響き合う」感じの日。多くの人とのかかわりのなかで、胸が震えることが、自分のものになる。

乙女座はいつもとは少し違う話し方ができる感じの日。周囲の人も、話す中身がいつもと違う。心の対話。

天秤座は「苦労の甲斐あって手に入る」ものがあるかも。一生懸命耕した畑での収穫。

蠍座は「思い通りになる」ことがあるかも。自分が望んで行動したことが的を射る。

射手座はストレートな愛情と複雑な優しさが混じり合って、結果的に渇きが癒えていく、みたいな日。

山羊座は現実的な希望を分かち合っていける感じの日。自分のものだけではない未来。

水瓶座は「元気さ」「明るさ」が役に立つような日。「敢えて」のポジティブなプレゼンテーションで物事が動くような。

魚座は身近な人のベタな優しさが、目線を上に向けるサポートになるような日。子供に教えられて虹や星を見つけるような。


☆☆


雑誌でもいろいろ連載してます!
↓↓

毎月6日発売 集英社『Marisol』
https://marisol.hpplus.jp/magazine

毎月7日発売 講談社『群像』
http://gunzo.kodansha.co.jp

毎月20日発売 CCCコミュニケーションズ『フィガロジャポン』
https://madamefigaro.jp/magazine/

毎月28日発売 集英社『cocohana』
http://cocohana.shueisha.co.jp

季刊 説話社『マイカレンダー』
https://mycale.jp

☆☆