☆☆

大ボリュームの占いコンテンツが読める『石井ゆかりの星読み』もよろしく!

☆☆

22日の星占いです。

****

月は日中牡牛座で、23時前に双子座入りする。
ジャスト新月は23日午前3時前、なので、22日の夜から23日の明け方が新月タイム。
新月は「スタート」のタイミング。今回は特に土星とトライン、
金星と水星もぴったり重なって海王星とスクエアを組み、
「長い長い時間の流れ」に双子座的な力がコミットする感じがとても強い。
語られ、広められ、ぐるぐるかき混ぜられて、カオス的な状態が生じる。
次の時代への「芽」の揺籃。

牡羊座は「送信」ボタンをぽちっと押すようなタイミング。緊張と緩和、聞き届けられる祈り。

牡牛座は夢や希望を絵に描いて周囲に見せるような「宣言」ができるかも。硬い意志。

双子座は特別な星の時間の中にいる。本物の名誉、誇り、目指すべき所、ずっと願ってきたことへの一歩。

蟹座は「素晴らしい問い」に出会うかも。考える価値のある疑問、答えを探す長い過程が宝物になるようなクエスチョン。

獅子座は精神的なバトンを受けとる場面があるかも。誰かの夢を受け継ぐような。志を継ぐような。

乙女座は大きなターニングポイントに立つことになるかも。目指すべき新しい目標を得る。旗を掲げる。

天秤座は自分が引き受けている任務に、高度な意味が加わるような日。非常に大きな活動に取り組んでいるのだという開眼。

蠍座は自分にとって意味のあるものが、関わっている人にとってもそうなのだ、と確認できるような日。

射手座は貴重な出会いがあるかも。物理的にではなくとも、重要な人物やテーマと「知り合える」ような。

山羊座はやるべきことがとても具体的に、明確になって、気合いが入る感じの日。「この軌道に乗ろう」みたいな感じとか。

水瓶座は「愛が生まれる」ような時間の中にいる。どこまでもクリエイティブ。自分らしさの核みたいなものを掴めるかも。

魚座は「ここが自分のいるべき場所なんだ」ということを新しい形で捉えることになるかも。立ち位置や居場所を捉え直すようなスタートライン。


☆☆

雑誌でもいろいろ連載してます!
↓↓

毎月6日発売 集英社『Marisol』
https://marisol.hpplus.jp/magazine

毎月7日発売 講談社『群像』
http://gunzo.kodansha.co.jp

毎月20日発売 CCCコミュニケーションズ『フィガロジャポン』
https://madamefigaro.jp/magazine/

毎月28日発売 集英社『cocohana』
http://cocohana.shueisha.co.jp

季刊 説話社『マイカレンダー』
https://mycale.jp

☆☆