人間が必死に汗をかいてひいていた粉を、
水車の力を借りてひけるようになった時、
人々は、とても楽になりました。
小川の上につくった水車小屋では、
流れる水が、自然に水車を回し、
動力にかわるのです。

一人で必死にやっていたことを、
ある仕組みやシステムに乗せたとき、
とても自然に回っていくようになる、
というのは
理想的な「改革」です。
一人で頑張っていた仕事を皆に振り分けたり、
ちょっとプログラムを組んで自動化したりして、
それまでの苦悩が一気に解消することがあります。
「人間の仕事の多くがAIに取って代わられる」
というハナシもありますが、
そこまでではなくとも、
「これまで苦労してやっていたことを、
他の仕組みに乗せる」
ことが出来れば、
そこに、小さな自由が生まれます。

2019年までのあなたは、
一人で、
とても苦労してきたことがあるのではないでしょうか。
荒野を開拓するような苦労、
一人で多くを背負い続ける苦労、
自分にしか見えないものを見つめる孤独な苦労など、
様々な重荷を背負ってきたのではないかと思います。
2020年、その状態が徐々に変化し始めます。
「一人で頑張る」状態から、
別の状態へと移行していけるのです。

これは、
「一人でやっていたことを、皆で分担する」
というような変化とは、
少し違っていると思います。
たとえば冒頭の例のように、
「人力を水車にかえる」
ような形があり得ます。
もう一つは、
多くの人が自分も当事者であることを自覚し、
あるいはその活動に参加する事を決めて、
みんなで有るシステムを作って
「自然にまわっていくようにする」
ようなやりかたです。
参加者が変われば仕組みが変わり、
仕組みが変われば、
小川と水車のように
「自ずと動く」形が生まれることもあるわけです。

世の中には、
あるフロンティアが切りひらいたフィールドで、
多くの人が活動できるようになる、
という現象がたくさんあります。
フロンティアは伝説になり、
多くの人たちはそれを目指して活動することになります。
そんなにスケールの大きな話でなくとも、
ここまでにあなたがやってきたことに、
ここから、多くの人が関わってくるようになる、
という変化が、
2020年は起こりやすいのではないかと思うのです。

もちろんこれは
「手柄を横取りされる」
ようなことではありません。
そうではなく、
むしろ、これまで無視されていたことや、
「あたりまえ」のように思われていたことに、
ちゃんと目を向けてもらえる、
ということなのだと思います。
あなたの頑張りが正当に評価された上で、
あなた一人の重荷ではなく、
みんなで引き受けて動かす価値のあるものだ、
というふうに、
前向きに共有されていくことになるのだと思うのです。

人間は集団で生きていますが、
この「集団」には、
目立つ部分とそうでない部分があります。
目立たないから何の意味もないか、というと、
実はそんなことは決して、ありません。
非常に大きな意味を持っているのに、
何故かちっとも注目されないこと
というのは、多々あります。
多くの人がそのことで苦しみ、
孤独を感じているのも事実です。
こうしたことは、
ごく小さな人間関係の中でも起こります。
家庭内でも、
たった2人の恋人同士のあいだでも起こることです。

2020年、そうした苦しみが
「全て解消していく」というわけではないと思います。
でも、部分的には、
今まであなたが引き受けてきたものの価値や重みを、
「わかってもらえる」
場面がちゃんと、巡ってきます。
そして、わかってもらえるだけでなく、
「もっと大きなものに育ててもらえる」
可能性があるのです。
その変化の中で、
あなたはリーダーシップを取ることになるでしょう。
たとえば、これまでは
会社の中での1チームのリーダーだったのが、
今度は業界全体の取り組みにおいて、
指導者として動く、
といった変化が起こるかもしれません。
これはもちろん比喩ですが、
これまでよりも活動のフィールドや、
関わる人々の「範囲」が拡大していくことは、
確かだろうと思います。

これまでのあなたの孤独な苦労や頑張りが、
新しい、伸び伸びとした活動へと
「進化」していきます。
その変化の過程で、
これまでの経験の全てを活かすことができるでしょう。
新しい人々との関わりが生まれ、
世界が変わっていくはずです。

****

時期的なことを少し申しますと、
1月から2月半ばは非常に忙しくなります。
2019年に切りひらいたフィールドで、
力一杯大暴れできるような、
伸びやかで熱い「勝負」の時間です。
さらに、1月半ばから2月頭は、
素晴らしい愛の季節となっています。
楽しい事が多いでしょうし、
褒められたり、誘われたりする場面ヶ増えるでしょう。
これまであなたが取り組んできたことについて、
新しい眼差しが向けられ始めます。

2月半ばから3月は、
前述のような
「新しい仕組み作り」
が加速していきそうです。
これまでのあなたの努力が認められた所に、
色々な人が集まってきてくれるのです。
仲間が増えたり、
友だちと過ごす時間が増えたりするでしょう。
人脈が大きく広がる時期でもあります。
活動のスケールがガツンと拡大するときです。

3月末から6月にかけては、
少し静かな雰囲気に包まれるかもしれません。
といっても、静かなのは
第三者から見たあなたの様子です。
おそらくあなたの「中」では、
非常に大きなうねりが起こりそうです。
一人で「もっと先」を見越して、
密かに動いていくことになるかもしれません。
1,2年先の活動のために、
ここでしっかり仕込みをし、
段取りをしていくことになるのかもしれません。

3月は素晴らしい朗報が飛び込んで来る気配もあります。
楽しいコミュニケーションが広がりますし、
今取り組んでいることについて、
とても有益なアドバイスをもらえる気配もあります。

4月から8月頭にかけては、
「居場所・身内・家族」が、
とても温かくなりそうです。
愛に溢れる場を育てて行けますし、
素敵な人があなたの世界を訪問してくれるでしょう。
この時期は結婚などで家族が増える可能性もあります。
素晴らしい「生活の場」を創造できる季節です。

5月から6月は、
ピンポイントで忙しいタイミングです。
かなりの大勝負に臨む人が少なくないでしょう。
「自分との戦い」に挑む人もいそうです。
「自分を変えたい」という思いがある人にとって、
大きなチャンスの季節です。

6月末から年明けにかけては、
経済活動において「勝負」する時期となっています。
収入を増やすために、
リスクを取って攻勢に出る人もいるでしょう。
不動産の売買など、
大きな取引に臨む人もいるかもしれません。
普段より大きな財を動かすことになるのですが、
ここではあなたの「未来」に、
そのお金の流れが続いていく感じがあります。
将来を見越しての売り買い、転職、投資、
などといったことにスポットライトが当たっています。

8月から9月頭は
とても楽しい時間となるでしょう。
好きなことに打ち込めますし、
愛にも強い追い風が吹きます。
9月半ばから10月頭は、
生活改善、健康上の問題の改善に、
爽やかな追い風が吹くときです。
心地良い生活を創るための工夫が出来ます。

10月は人に会う機会が増えるでしょう。
魅力的な人物に会えますが、
妙に比較してしまったりと、
ちょっと視野が歪む感じもあるかもしれません。
あるいは、人のテンポに巻き込まれて、
ちょっとリズムが狂うような気配もあります。
自分は自分、人は人で、
フラットにつきあうことがポイントです。

10月末から11月は、
素敵なギフトを受け取れそうです。
経済活動におけるアンバランスな部分を、
ここで軌道修正できるかもしれません。
11月から12月前半にかけて、
遠出する機会も多いでしょう。
あなたを待ってくれている人がいるようです。

12月は、星座を問わず大きめの転機となっています。
15日前後、キャリアの転機が訪れる気配もあります。
更に月の後半は、
ずっと密かに心に温めてきた思いや、
自分の中で扱いかねていた深い感情が、
不意に、心の水面に姿を現すかもしれません。
水面下にあったものが上にあがってくるのは、
「そのときが来た」からなのだろうと思います。
まずは「見えてきた」ものをじっくり見つめ、
そこにある扉を静かに開いてみることになるでしょう。
「過去」であるはずの場所に、
「未来」への通路ができているのがわかるはずです。

****

愛情関係については、
「しみ込んでいく」
「じっくり煮込んでいく」
ような年となりそうです。
キラキラしたトキメキの恋愛!
というよりは、
おこたを囲んでミカンを向いているような、
ほっこりと温かな「居場所」に、
愛を育てたい年となるはずなのです。
愛を探している人も、
安心できること、落ち着けること、
なにより「ともに日々の生活を営めること」が、
最大のポイントになるかもしれません。
自分が帰るべき場所に、
誰にいて欲しいのか
ということが、
2020年の魚座の愛のテーマなのです。

カップルは、
「ともに暮らしていく世界」
を中心に愛を捉えていくことになるでしょう。
生活の中ではいろいろなものが、
気づかぬうちに摩滅していきます。
生活の中で愛を育てることは、
水槽で魚を育てるのにも似て、
ごくこまめな世話が重要なのです。
いつも愛の水を新鮮にしておくために、
心を遣い、頭を使い、
手足をちゃんと動かしていく必要があります。
2020年はそうしたことを改めて捉えなおし、
より豊かな愛の場としての生活を
「再設計」できるタイミングとなっています。

愛を探している人は、
「居場所」の近くにみつかるかもしれません。
地域コミュニティの活動に参加したり、
家族や親族に紹介を頼んだりして、
チャンスを掴むことが出来るかもしれません。
夏場は特に、可能な限り、
地元に帰ってみることをお勧めします。
もちろん、嫌な思い出の場所ならば、
ムリして帰ることはありません。
その場合はむしろ、
「自分の手で新しく創る居場所」
という観点で、
愛を探していけると思います。

愛に特に強い追い風が吹くのは、
1月半ばから2月上旬、
5月末から9月頭、10月などです。
特に6月後半は、
ミラクルな出来事が起こりそうです。

****

人間が人力で粉をひく世界では、おそらく、
勤勉で体力があり、
根気のある人が一番偉いのです。
朝から晩まで真面目に頑張って、
一番多くの粉をひく人が「善人」です。
一方、水車小屋が出来た後は、どうでしょうか。
水車の仕組みを開発した人は、
多分、力もちではありませんし、
もしかすると、
怠けたくて水車を発明したのかもしれません。
でも、皆を苦労から救ったのですから、
怠け心も、捨てたものではありません。

しくみがかわると、
誰が偉くて誰がそうでないか、
ということが少し、変わってきます。
これまでは「善悪」の判定の対象だったことが、
そうでなくなる場合があるのです。
今まで責められていた人が、
これからは責められなくなります。
今まで賞賛されていたことが、
どうでも良くなってしまうこともあります。
それまでの善悪の物差しが無効になったとき、
救われる人もいれば、
ガッカリする人もいるでしょう。

でも、本当は、
そうした物差しで分断されることのない、
大きな情愛のつながりを、
誰もが求めているのではないでしょうか。
水車を発明する前には毎朝怒られていたねぼすけが、
水車が出来て以降は怒られなくなったなら、
とても幸せなことだと思います。

2020年の中であなたが創っていく
「新しい仕組み」は、
人と人とのフラットで自由な情愛を生み出し、
そうした情愛によって営まれる「場」を創り出すことになるようです。
人を情愛でフンワリと結びつけておく場、
縛るのではなく、いつでも出て行けるけれども、
いつ帰ってきても包み込まれるような場。
その「場」の核となる力こそは、
あなたがこれまで一人、
がんばってきたプロセスから生まれるのだと思います。



☆☆

大ボリュームの占いコンテンツが読める『星読み』もよろしく!

12星座別『星栞 2020年の星占い』も全国書店さんで大好評発売中です!(Kindle版他電子書籍もあります!)

☆☆