「交渉」は得意でしょうか。
たとえば、
美容院で髪型をオーダーしたり、
旅先の土産物屋で値段交渉をしたり、
レストランでアレルギー対応の可否をたずねたり、
仕事の〆切を伸ばせないかとお願いしたり(!)、
といったことは、
得意な人もいれば、
そうでない人もいます。

さらに、
就職活動での面接や、
結婚に向けたプロポーズなども、
ある意味で「交渉」の要素をはらんでいます。
お互いに条件を提示し、
確認したいことを尋ね、
合意の糸口を探っていくことに、
本質的には、かわりはありません。
自分の要望を相手に伝え、
相手がそれをどう考えるかを聞き、
答えが否定的であった場合には、
さらに着地点を探していく、
というラリーは、
どんな場でも起こりえます。

こうした「交渉」を、
「ワガママだ」と感じてしまう人もいます。
特に、こちらの要望を伝えることに、
引け目を感じてしまう人が少なくありません。
「そんなことを言われても困る」と
「言ってくれれば対応できるのに」とのあいだは、
言ってみるまでは、わからないからです。
本来「言ってみる」こと自体は、
迷惑でも何でもないはずなのですが、
「言われた」ことへのストレスやプレッシャーへの気遣いが、
「言ってみる」こと自体をブロックしてしまう、
そういう心象もあるようです。

相手に言葉を投げかける前に、
相手の気持ちを先回りして考えて、
自分の行動を制限する。
これは「思いやり」なのか、
「思い込み」なのか、
非常に判断のむずかしいところです。
一歩踏み出して問題が起こるリスクを引き受けるより、
なにもせずにノーリスクでガマンしよう
という判断が積み重なった果てに、
状況の大破綻が起こることもあります。

相手を信頼し、
自分の要望を投げかけること。
2020年の蟹座の世界では、
それが大きなテーマとなるようです。
様々な交渉が生まれ、
関わりが生まれ、
対話が重ねられて、
つながりが創られていきます。
先回りして相手の考えを予測することなく、
思い切って自分の思いをぶつける、
ということも必要になるはずです。
自分からの要望を、
相手が承認してくれても、
承認してくれなくとも、
お互いの中に
「交渉をした」
という記憶が残ります。
「関わった」という記憶は、
ひとつの意味を持ちます。
私たちは関わることで知り合い、
知り合うことでつながるからです。

「交渉」は、
別の価値を持つこともあります。
要望を投げかけて交渉したとき、
そのまわりに「波紋」が生じるのです。
二人の人間が真剣に話し合っているのを、
周りの人々が見ているのです。
たとえ交渉が決裂しても、
あとで、それを見ていた誰かが
「さっきのハナシですが、
私の方でなんとかできるかもしれません、
詳しくお話をうかがえませんか」
と言ってくるかもしれません。
あるいは、交渉相手が別の場所で
「こういう要望があったのですが…」
という話題を持ち出した結果、
めぐり巡って誰かから、
面白い連絡が寄せられるかもしれません。
このように、
一つの真剣な対話が
他の新鮮な対話を「呼ぶ」ことは
決して、珍しくないのです。

2020年、蟹座の人々は
様々な交渉を通して、
いくつもの特別なストーリーを
「起動」することになるでしょう。
一対一の対話が上手く行かなくても
「その先」にひろがるものが、
あなたを新たに導きます。
大事なのは、
他者と自分の間に、
「最初の橋を架ける」
ことです。
その橋がもし、通れなかったとしても
河の別の所に、
向こう側から橋が建設される可能性があります。
「この河を渡りたい」
という思いがあることを、
自分の心の中だけに収めておかないことが
2020年のあなたの世界を動かす力なのです。


****

時期的なことを少し申しますと、
まず1月から2月半ばは、
2019年から持ち越したような「忙しさ」が続きます。
2019年中に計画しておいたことを、
想定外の条件を取り込みながら、
バリバリ進めていくことになるでしょう。
進むほどにいいアイデアが湧いてきて、
行動範囲が広がるのも、この時期の面白さです。

2月半ばから3月は、
人間関係が熱く盛り上がります。
上記の「交渉」の面白さを実感できるでしょう。
遠慮せずに正面から対決し、
多くのものを得られます。
対話の中で、
ここから目指すべき目的地を知らされる
という人もいるはずです。
3月は素晴らしい仲間に恵まれる時期でもあります。
大きな希望が生まれ、
明るい気持ちになれるでしょう。

4月から5月にかけて、
経済面で大きめの動きが起こりそうです。
新しい経済活動をスタートさせる人、
経済関係や役割分担が大きく変わる人もいるはずです。

5月半ばから6月は、
「遠出」の気配が濃厚です。
冒険旅行に出かけたり、
遠くから誰かが訪ねて来てくれたり、
といったことが起こるでしょう。
精力的に知的活動に取り組む人もいるはずです。

6月末から年明けにまたがって、
「勝負」の季節となっています。
仕事や対外的な活動に関して、
大勝負を仕掛ける人が少なくないはずです。
新しいことに挑戦したり、
重要な任務に抜擢されたりと、
なにかしら、
ワクワクするような活動に、
熱く取り組むことなりそうです。
ここでは独りぼっちで戦うのではなく、
だれか「相棒」とともに取り組むことになるかもしれません。

8月から9月頭は、
キラキラした素晴らしい時期です。
楽しい雰囲気に包まれ、
積極的に行動できそうです。
「美しくなる」時でもあります。

9月から10月頭は、
経済面で嬉しいことがあるでしょう。
収入が増えたり、
イイ買い物ができたりするタイミングです。
10月は朗報が飛び込んで来る気配もあります。

10月から11月半ばは、
居場所や家族、身近な人に、
多くの時間を割くことになりそうです。
後回しにしていたことに、
きちんと向き合えます。
久しぶりに故郷に帰る、
という人も多そうです。

11月半ばから12月半ばは、
色々なアイデアを求められるでしょう。
あなたの個人的なセンスが、
周囲の人のニーズにしっかりハマります。

12月は大事なものを受け取ることになるかもしれません。
受け取った宝物をどう活かすか、
というテーマが、
2021年からの物語の
スタートラインとなるようです。
たとえば、
宝の地図を手に入れたら、
宝探しの旅に出ることになります。
「宝の地図」が、
冒険物語のきっかけとなるわけです。
この12月は、そんな
「キッカケのアイテム」
が手に入りそうなタイミングです。

****

愛情関係については、とにかく
「パートナーシップの年」
であり、
「愛の年」
と言ってしまっても過言ではありません。
愛を探している人、
パートナーを探している人は、
2020年の中で出会うか、
あるいはパートナーを得ることになるはずです。
もちろん、
漫然と待っていれば向こうから来てくれる
というわけではないかもしれません。
もっと言えば、2020年は
「紹介」の流れが強いイメージがあります。
人からの紹介をお願いしたり、
紹介所などのサービスを利用したりと、
「人に頼る・依頼する」
ことに軸足が置かれているのです。
コンサルテーションを受けるとか、
信頼できる人に相談してみる、
というのも一案です。
「自然な出会い」という
ある種の魔術的な考え方がはびこる向きもあるのですが、
人間社会は人間の活動によって創られているので、
人間の自然な衝動として、
「色々な方面に働きかけてみる」
というのは、
立派に「自然な出会い」だろうと思います。

ただし「愛」は、
やはり、心の中に生まれる「思い」です。
デリケートな心の動き、
深い感情の動きを大切にすることも、
2020年はとても大事です。
特に春から夏にかけては、
人間としての「他者に対する優しさ」が
強く求められる傾向があります。
困っている人を助けるとか、
悲しんでいる人によりそうとか、
そう言った自然な「情愛」が、
春の小川の迸りのように、
いつか、愛の大河に流れ込む可能性があるのです。
年の後半は鬼のように忙しくなりますが、
多忙な中でも、
大切な人にしっかり
「心を傾ける」ことが、
とても大事です。
自然に生まれる思いも愛ですが、
意識的に行動するのもまた、
愛のなせる技であるはずです。

愛に特に強い追い風が吹くのは、
1月半ばから3月、
8月から9月上旬です。
7月にも大きめの動きが起こるかもしれません。

****

他者との一対一の関わりが生み出す、
もっとたくさんの人々への「波紋」。
この「波紋」は、2020年、
あなたの「過去」や、
あなたからは見えないような場所にも、
大きく広がっていく気配があります。
この時期のあなたの人間関係のひろがりをキッカケとして
懐かしい誰かから連絡がきたり、
後悔のタネが消え去ったりするかもしれません。
もしかすると、
この時期の「交渉」の本当の結果は、
交渉相手とは全く別の方向からもたらされる
ということが多いのではないかとも思います。
交渉それ自体の結果ではなく、
「交渉した」という「出来事」が中心となって、
他の人々へ色々な力が伝播し、
世界全体があなたの要望に応えてくれる、
といった展開になりやすいだろうと思うのです。
私たちは、自分で「見よう」と思うものしか見えません。
交渉の際には、
交渉相手の顔しか見えない場合もあります。
でも、本当は、
あなたはその交渉相手を「媒介」として
もっと大きな存在と対話をしているのかもしれません。
たとえば、
教会や神社に出向いて捧げている祈りや願い事は、
もっと遠くにある大きなものに投げかけられています。
それと同じように、
あなたの目の前にいる対話の相手も、
「その向こう側にあるもの」と
何らかの形でつながっているのだと思います。
これは、何か神秘的な話ではなく、
たとえば、担当者に伝えた話が
いつか経営者まで届く、
といった現実的な事象でもありえます。
「向こう側にあるつながり・ひろがり」は
私たちの目には見えません。
でも、そうしたものがあるかもしれない、
という希望を抱いて語ることで、
新たに開かれる扉もあるのだと思うのです。



☆☆

大ボリュームの占いコンテンツが読める『星読み』もよろしく!

12星座別『星栞 2020年の星占い』も全国書店さんで大好評発売中です!(Kindle版他電子書籍もあります!)

☆☆