「関係性」という言葉は、今日
ごく一般的に用いられます。
私もこの言葉が好きで、よく使います。
何故この言葉が好きなのか、というと
「関係」の中には、
その外にいる第三者には
けっしてわからないものがある
という気がするからです。

「その二人は親子だった」「嫁と姑」
「芸歴から言えば先輩に当たる」
など、これらはすべて
第三者からもはっきりわかる「関係」です。
ですが、その一方に
「兄弟のような親子」
「本当の親子のような嫁姑のつきあい」
「芸歴から行けば先輩だが、
なぜか先輩後輩の関係が逆転して、
可愛がってあげている」など、
「関係」からは単純に想像できない「内容」が、
ふたりのあいだには存在します。
これを「関係性」と呼びたくなるのです。

部活の先輩後輩の関係のような上司と部下、
姉と弟のような夫婦関係、
親戚のように家族ぐるみでつきあっている交友関係、等々、
「関係性」は当事者同士で自由に作れます。
どんな出会いであっても、
互いが相手に対してどんな立場であっても、
「関係性」は、その枠組みをはみ出して、
常にその当事者の心に合った形で
「生み出される」ものなのです。

2019年は、双子座の人々にとって
出会いの年であり、
人間関係の年です。
更に加えて
「関係性を作る年」
と言ってもいいのではないかと思います。
「その人」との関係のありかたは、
あなたとその人の個性や、
様々な人間的条件によって、
たったひとつに決まります。
誰にコントロールされることもない、
それ自体が特別な個性を持った実体として
そこに浮かび上がります。

世の中には、
それを受け入れる勇気が持てない人もいます。
本来自由であるべき「関係性」を、
表面的な「関係」の枠組みに合わせようとしてしまうのです。
ガマンして相手に合わせたり、
いつもニコニコ頷きつつ本音を隠したりしてしまうのは
「関係」を大事にして、
そこからはみ出した「関係性」を作ることが、
非常に手間のかかる、難しい作業だからです。
ぶつかり合って火花が散って、
「関係性」を作る前に「関係」が壊れてしまう
という可能性もあります。
私たちは、その場その場にあわせて、
相手とどのように関わるべきか、
無意識に選んでいるところがあるのかもしれません。

もちろん、
「この人とは、深い関わりを持つ必要は無いな」
と感じたら、
「関係」の枠組みのなかで表面的につきあえば良いと思います。
でも、
「この人とは長くつきあっていきたい」
と思ったならば、
自分本来のあり方を打ち出して、
相手本来のあり方と打ちつけた上で、
そこに起こった火花を使って、
二人の関係性という火を熾していく必要が出てきます。
2019年、双子座の人々は
新しく出会う相手や、すでに知り合っている相手とのあいだに、
そんな「新しい関わりの炎」を
いくつも熾していくことになるのではないかと思います。

「関係性」は、「信用」というテーマとも、
深く関わってきます。
「信用する」ということは、
実は非常に難しいことです。
なぜなら、
自分以外の人間の行動や欲望は、
本来、全くコントロール出来ないからです。
お願いしたり、教え諭したりすることは
まあ、できなくもありませんが、
本質的に、意志や行動決定権は
相手の側にあります。
人を信用するということは、
自分ではコントロール出来ないものに
自分の中にあるなにがしかを預ける
ということですから、
これは、大変なことなのです。
表面的なつきあいのなかでは、決して
「信用」は、成立しません。
時間をかけて、お互いの弱さや醜さに目を向けて、
その上で、「信用」が少しずつ育ちます。

2017年の終わり頃から、
あなたはそうした
「信用を作る」プロセスを
一歩一歩、歩いてきたのではないかと思います。
これまではどちらかと言えば
「コントロール不能な他者の欲望・行動から、
自分をどのように守れるか」
という角度から考える事が多かったかもしれません。
「簡単には信用しないぞ」
という姿勢で臨んでいたのではないかと思います。
2019年は更にそこから踏み込んで、
多くの人間関係の中に身を置き、
自分は信用に値する人間か、
相手は信用に足る人間か、
ということを、
これまでよりは少し積極的に
問いかけていくことになるようです。

****

時期的なことを少し申しますと、
1月から2月半ばは、
とても伸び伸びと動ける時期です。
あまり自分の活動に制約を設けず、
多方面に新しい試みができるでしょう。
それにつきあってくれる友や仲間にも恵まれます。
いかに自由に動くか、ということがポイントです。

さらに、1月から豊かな人間関係に恵まれます。
前述の通り、2019年は「人間関係の年」なのですが、
年明けからそのことがはっきりわかるでしょう。
特に1月から2月頭にかけては、
魅力的な人にたくさん出会えそうですし、
あなたの魅力や才能も注目されるでしょう。
小手先のコミュニケーションのうまさよりも、
人を肯定する気持ち、尊敬する気持ち、
良いところを探そうとする姿勢などが、
相手の心を開くカギとなります。
あなたは損得を抜きにして、
純粋な目で人を見る力に恵まれていますが
その才能をこの時期、
大いに発揮できるでしょう。

2月中旬から5月半ばくらいまでは、
色々な意味で非常に忙しい時期となっています。
特に2月半ばから4月半ばは、
過去にやってきた活動に関して、
「リバイバル」のような忙しさが出てくるかもしれません。
過去の仕事を評価されたり、
「昔取った杵柄」のように、
忘れかけていた特技を披露する場を得たり
といったことがあるかもしれません。

3月半ばから4月中旬は、
キラキラしたチャンスの巡ってきやすい時期です。
勉強や仕事、日々の任務に楽しく取り組めますし
高く評価される場面もあるでしょう。
4月から5月半ばは、
仲間に恵まれる時期となっています。
素晴らしいチームを組むことができそうです。

また、3月末から5月半ばは
情熱の赴くままに新しい挑戦ができる時期です。
「勝負」に出る人も少なくないでしょう。
エクササイズや自己改革への行動など、
自分自身を変えるための取り組みを始める人もいるはずです。

特に4月半ばから5月頭は、
未来への夢と、今現在の取り組みとが
直結するタイミングです。
あるいは、この時期出会った人々が
あなたに「今の自分にふさわしい努力の方向性」を
教えてくれるのかもしれません。
チームやネットワークなど、
なにかしら「人が集まって作る場」に身を置いて、
あらたな自分を発見する人もいそうです。
これは、組織のような場や、ノルマがあるような場ではなく、
あくまでフラットな、
ルールの上でも現実的心理的にも
出入り自由の場であるはずです。

5月半ばから7月は、
経済面でも、大きめの動きが起こりそうです。
欲しいものを手に入れるために
「汗をかく」ことができる時です。

また、5月下旬から7月頭は、
自分らしく伸び伸びと過ごせる時期です。
この時期も素敵な出会いがたくさんありそうですが、
特に、あなたに会いたいと行って訪ねてくる人や
あなたでなければできないことを任せたいと、
オファーをくれる人もいるでしょう。
あなたのことを理解した上で近づいてくる人が
幾人か、いるようなタイミングです。
ただ、ここでの人間関係は
玉石混淆の気配もあります。
「人を見る目」を大切にしたいところです。

7月から8月半ばにかけては、
フットワークで勝負できる時間となっています。
どんどん外に出てチャンスを掴み、
活動の範囲を拡大できるでしょう。
コミュニケーションが爆発的に広がりますし
研究活動や取材、発信などの活動をしている人には
素晴らしいチャンスが巡ってきます。
ここでも「誰とタッグを組むか」は、
大きなテーマとなるようです。

8月後半から10月頭にかけては、
「居場所」に変化が起こりそうです。
家族構成が変化したり、
新しい居場所を探し始めたりする人もいるでしょう。
家族や身近な人により多くのパワーを注ぐことになりそうです。
特に8月30日前後は、
家族や身近な人、住処に関して、
非常に重要なスタートを切ることになるかもしれません。
新たに居場所となるような場所との「出会い」の気配もあります。
あるいは、誰かと「家族になれる」のかもしれません。

9月から11月前半は
愛と情熱と創造の季節となっています。
特に9月半ばから10月前半にかけて、
好きなことにガンガン打ち込めるでしょう。
恋愛に藻強い追い風が吹きます。
10月半ばから11月頭は
少し苦労して
「好きなことをやるための環境作り」
に取り組む人もいるかもしれません。

10月から年明けにかけては、
非常に忙しい時期となりそうです。
少し時間をかけて取り組むべきこともあれば、
ここで一気呵成に仕上げたいこともあるようです。
また、担っている任務が自分に合わなかったり、
日々の生活のなかで無理を重ねてしまったりしている人は
ここで、大胆な生活変革が可能です。
心身の健康を一番に考えて、
生活を構成しているあらゆる条件を見直し、
勇気をもって生活改善を断行できます。

11月は、「人間関係の1年」を象徴するような
とても嬉しい出来事が起こりそうです。
ここまでに出会った相手との関係性が大好転するのかもしれませんし、
あるいは、今だからこそ出会える相手に出会えるのかもしれません。

12月は、真に信頼できる幾人かとの関係が
もっと深く、強いものに育ちはじめるタイミングです。
かつてなく人に甘えられますし、
人からも、大いに頼られて
喜びを感じることができるでしょう。
経済面でも非常に強い上昇気流が生まれます。
あらゆる意味でゆたかな、
そして、希望に満ちた年末を迎えられそうです。

****

愛情関係については、
「素晴らしい年」と言わねばなりません。
2019年は双子座の人々にとって。ひとえに
「パートナーシップの年」
「一対一で関わる、人間関係の年」
なのです。
2019年の中でパートナーに出会う人もいれば、
すでに出会っている誰かと恋に落ちたり、
パートナーシップを結んだりする人もいるはずです。
お互いに成長し合えるような関係を作れますし、
お互いだからこそ作れる、
個性溢れる自由な関係性を構築できます。

冒頭から述べたことは、
すべて、愛に当てはまります。
刹那的な感情の盛り上がりを追い求めることよりも、
自分を認め、尊敬してくれる人に出会うことを追求できますし、
自分自身も、人を信頼するとはどういうことか、
かつてなく掘り下げて考えることができるでしょう。

人間関係の難しさは、
お互いがお互いの存在によって変わる
ということです。
誰かと出会って自分がすっかり変わってしまった
という経験を持つ人は少なくありません。
一方で、「相手が変わる」可能性がゼロではないことを思うあまり、
理不尽な関係に耐え続けている人もいます。
自分と一緒にいた相手は不幸そうだったのに
他の人と一緒になったら、幸福そうになった
というような場合、
私たちは深い苦しみを味わいます。
人と人との関係は、至極不思議なもので、
組み合わせて見なければわからないことが
たくさんあるのです。

そういう意味で、
2019年のあなたの愛の世界は
驚きに満ちている、とも言えるでしょう。
お互いを「組み合わせて」みて、
はじめてわかることがたくさんあるからです。
初対面では気づかなかったことにはじまり、
10年一緒にいてもわからなかったことを見つける人もいるでしょう。
お互いのあいだにどんなことが「生まれうる」のか、
その可能性を最大限に試すことができる年でもあります。
フリーの人も、カップルも、
「人」の面白さに気づき、さらに
「人と関わること」の不思議さに心打たれ、
その先で、
「その人と関わって初めて生まれた、新しい自分」に
出会うことになるでしょう。
愛があなたの中から、もう一人のあなたを引っ張り出すのです。
どれが本当の自分か、というような問いは、
ここでは、意味を成さないでしょう。
どれも本当のあなたであり、
さらに、まだ見ぬ本当のあなたが、
出会いによって姿を現す可能性も
たっぷり残されているのです。

2019年は1年中、愛に追い風が吹き続けているわけですが
その中でも特に強く後押ししてもらえそうなのは、
1月から2月頭、6月中旬から7月頭、9月から11月です。
9月末の満月の前後には、
素晴らしい愛のミラクルを経験する人も少なくないでしょう。

****

私たちは誰もが
「他者」とともに生きています。
どんなに孤独な人でも
この社会で生きている限り
どこかで「自分以外の誰か」と結びついています。
幼い頃は、ありのままの関わりを受け入れ、
その中で育つしかありません。
ですが、年齢をかさねるにつれて、
私たちは遊び相手を選び、友を選び、
師を選び、恋人を選び、というふうに、
関わる他者をみずから選ぶようになります。

ですが本当に、私たちは「関わる相手」を
選び切れているものでしょうか。
世界に何億という人間がいるなかで、
出会える相手はごくわずかです。
「その人に出会えるかどうか」ということを
厳密には、私たちは、
コントロールすることができません。
であれば、成長してからの出会いもまた、
「所与のもの」「もたらされるもの」
と言わざるを得ません。

「関係」と「関係性」という考え方は、
そうした「所与のもの」である関わりに、
救いをもたらします。
なぜなら、
所詮所与である「関係」の中にも、
私たちは「その人」とともに、
新しいなにかを創造できるからです。
「この人とつきあうのは、損か得か」
といった選択ではなく、
「この人と、どんな関係性を作れるか」
といった選択ができるのです。
もちろん、魅力を感じる相手や尊敬出来る相手、
なにかぴんとくるところのある相手でなければ、
苦労して「関係性を作る」作業をする気になれないでしょう。

そういう意味で、2019年は、
「積極的に、独創的な関係性を作りたい」
と思える瞬間が、
たくさん巡ってくる年だと思います。
相手が、すでによく知っているパートナーであれ、
新しく出会ったまったく知らない誰かであれ、
同じことがあてはまります。
「その人」と出会った時、
そこに「新しい自分」が表出します。
私たちは常に、他者を通じて「自分」を見出し、
その「自分」を生きる存在だからです。




****

毎日の占いや、毎週・毎月・上下半期・年間、個人のホロスコープ解読など
とにかく大ボリュームの星占いがまとめて読める、「石井ゆかりの星読み」もよろしく!!!