私はずっと以前から
ドラゴンクエスト
というゲームシリーズが大好きなのですが
シリーズ中何作かで
「ゲームの冒頭では
主人公の実の親がわからない」
という設定があります。
拾われて育てられた、など、
複雑な出生のヒミツがあって
そこから物語が始まるのです。
ですが、ゲームのストーリー自体は
「出生のヒミツ」にこだわることなく
むしろ、その他に世界が抱えている問題や
人々が困っていることなどを
一つ一つ解決し、
最終的に世界を救うような大勝負に挑む
というところに主題が置かれています。
もちろん、ストーリーの中で
出生のヒミツは解明されるのですが、
主人公の主たる関心事はそこにはない、
という気がします。
あくまで、「世界を救う」戦いのほうに
価値観の軸足が置かれているのです。

小さな戦いから大きな戦いへと
話が展開して行くにつれて
最初の段階で主人公が背負っていた
「影」や「闇」は、
だんだんと薄らいでいきます。
「出生のヒミツ」を解明することで
「影」「闇」が消えるのではなく、
戦っていくほどに、影が消えていく
というイメージを、
私は個人的に、抱いています。
これは、私たちの日常でも、けっこう
起こっていることではないかと思います。
何か悲しみや痛みを抱えている人が
その悲しみや痛み自体に向き合うのではなく
全く関係なさそうな活動に取り組んで
そこで汗を流しているうちに、
悲しみや痛みがいつの間にか、
和らいでいるのです。
これは
「関係のない活動によって、
悲しみや痛みがごまかされた」
というわけではないはずです。
そうではなく、
一見関係のなさそうな活動に取り組む、
その動き自体が
心の奥の痛みや悲しみへの
何かしらの働きかけとなった
と考えることができるように思います。

たとえば、
大切なものを失って悲しいとき
私たちは
その悲しみが消えることを怖れます。
悲しむことを辞めたら
大切なものが本当に
自分の人生から消えてしまう
という気がするからです。
また、大切なものへの思いを忘れた
という罪悪感も生じます。
でも、悲しみをまるごと抱えたまま、
じっと座り込んでいるような生き方や
痛みのまわりをぐるぐる回り続けて
どこにも行けなくなるような生き方は
だれも望みはしません。
もちろん、悲しみの中に沈み込み
自分自身を悲しみに溶かしてしまうような
そんな人生を選ぶ人もいますし
それを責めることは、
誰にもできません。
でも、生きていこうとする限り、
悲しみや痛みに縛り付けられる時間は
いつかは、終わらせなければなりません。

2018年の水瓶座の人々が
悲しみと対峙する
というようなことが言いたいのではありません。
2018年、水瓶座の世界では
2つの戦いが同時並行的に起こってゆく
という感じがするのです。
それが、ゲームにおける
「世界を怖そうとする大きな敵との戦い」と
「個人の心の中の問題へのとりくみ」
という組み合わせに
よく似ている気がしたのです。
「戦い」と書きましたが、これも
それほど危険なことではなく、たとえば
「仕事を頑張る」「勉強を頑張る」
というほどの、
ごく現実的な「挑戦」だろうと思います。

だれもが心の中に、
悩みや迷い、コンプレックス、
様々なネガティブなものを
少しは抱えているものではないでしょうか。
直したい欠点や消したい過去、
傷つきやすいプライド、
突然激してしまう感情、
強いこだわりや怒り、
罪悪感や劣等感、嫉妬など
「この思いさえ無ければ
もっと自由に活動できるし、
伸び伸びと人とつきあえるのに!」
と思えるような厄介なものに
私たちは、
自ら縛られてしまっているところがあります。
もちろん、そうした問題を
一切抱えていない、
あくまで晴れやかな人もいるかもしれませんが
それはそれで、少し怖ろしいような気もします。

2018年、水瓶座の人々は
まさにゲームに出てくる「勇者」のように、
大活躍をすることになると思います。
大きな目標を掲げ、人々に応援され、
自らを鍛え、新しい立場を得て、
満足のゆくような結果を出せるでしょう。
社会的立場が大きく変わったり、
他者や世の中に対する責任が増したり、
あなたという存在の、社会的な重みが
飛躍的に増えていくだろうと思います。
そんなあなたの、
あくまで華やかで明るい「戦い」の裏側で、
あなたの抱えている何かしらの痛みが不思議と、
軽くなり、やわらかくなっていくだろう
という気がするのです。
これは
「社会的に大きなテーマに向き合って、
相対的に個人的なテーマが小さくなった」
ということではありません。
「あなたより、
もっと苦しんでいる人がいるんです!」
といわれて、
苦しみが軽くなることはありません。
そういう意味ではなく、
あなたの大きな勝負、挑戦が
あなたの内なる痛みにも、
不思議な形で
「はたらきかける」
のだろうと思うのです。

ある小説に、こんなエピソードがありました。
ケンカを嫌がる少年が、
ある日、友だちの名誉を守るために、
敢えてケンカを挑み、
見事に戦いました。
そのあとで彼は、
ずっと怖くて行けなかった歯の治療に
自分から行くことを決意したのです。
彼に、
自信がついた、勇気が生まれた
という考え方もできると思います。
でも、彼の心の中にあった何らかの障害物が
全く違う「勝負」によって砕かれた
というふうにも、
見ることができるかもしれない、と思います。
戦いに向かって行く勇気と、
歯の治療の痛みを耐える勇気とは、
少し、種類が違います。
でも、心の中のふしぎな仕組みが、
2つの「勇気」を重ね合わせた、
ということなのかもしれません。
2018年の水瓶座の世界でも
きっと、そんなことが起こって
あなたは、一つの勝負を通して、
2つの勝利をおさめることが
できるのだろうと思うのです。


[時期について]


年明けから、
攻めのモードでガンガン動けそうです。
2017年の年末の忙しさが
1月下旬まで続いていきます。
2018年は前述の通り
大活躍できる時期なのですが、
特に年明け、一気にその道筋をつける!
という人も多そうです。

1月下旬から2月はお誕生月ですが
キラキラして、とても楽しそうです。
愛にも恵まれますし、
熱い仲間にも出会えるでしょう。
1月末から3月にかけて、
交友関係はどんどん広がります。
積極的に「仲間を作る」ことができる時です。
2月は経済的に嬉しいことも多そうです。

3月はフットワークよく動き、
コミュニケーションを膨らませてゆけます。
3月末から4月は、
過去に失われたコミュニケーションも
「復活」しそうです。
また、2011年頃から学んできたことを
ここで「復習」する人もいるでしょう。
ある種の仕上げのような勉強ができます。

4月は家族や身近な人との時間が
あたたかくふくらんでいきそうです。
さらに、3月から5月半ばは
「一人でいる時間」も
しっかり確保したくなりそうです。
戦略を練ったり、現状を分析したり、
問題点を洗い出したり、
問題と正面からぶつかって粉砕したり
といった作業が、
この時期はさくさくすすむのです。
一説に「隠れた敵を倒せる」とき、
と言われています。

5月は星座を問わず
大きな転機となりやすいのですが、
水瓶座の人にとっては特に、
公私ともに新しく
「スイッチが入る」
ような節目となっています。
ここからまったく新しいアクションを起こす人、
新しい世界に飛び込んで行く人、
独立する人、勝負する人など、
何らかの形で「動く」人が多いはずです。
この「動く」時期は、
短期的には11月頃まで続きますが
もう少し長い目で見ると
2021年頃、あるいは2026年頃まで続く
かなりスケールの大きなものとなっています。

6月は人間関係に恵まれます。
仕事や日々のルーティンを
より自分に合った、気持ちのよい形へと
軌道修正できる時期でもあります。

7月は素敵なギフトを受け取れそうです。
また、7月から8月にかけては、
過去に失われた誰かとの繋がりが
少々不思議な形で
「復活する」「戻ってくる」かもしれません。
7月末には
ドラマティックな転機を迎える人も。

8月は遠出に喜びが多い時です。
折しも夏休みですが
今年はかなり遠くまで
旅に出たくなりそうです。
旅先で愛を見つける人もいるでしょう。

9月からまた熱い日々がやってきます。
ここから11月半ばにかけて、
「自分との闘い」を挑み、
見事勝利を収められるでしょう。
スポーツを始める人もいるかもしれません。

9月から10月は、
素敵なチャンスが巡ってきやすい時期です。
肩に力を入れず、リラックスして
結構大きな成果をおさめられそうです。

11月も、2018年の「山場」の1つです。
これ以降、
新しい仲間の中に身を置く人もいるでしょう。
あるいは、新たな夢を描いたり、
大きな希望が生まれたりするかもしれません。
ここから2019年にかけて、
かなり嬉しいことが続いてゆきそうです。

12月は9月頃に掴んだチャンスが
さらに「その先」に転がってゆきます。
チャンスがチャンスを生む、
といった展開になるかもしれません。


[愛について]


年頭と、初夏と。
2018年の水瓶座の世界に
愛の奇跡が起こるとすれば、
その時期だろうと思います。
人と人との繋がりは、
思えばとても不思議なものです。
なぜその人に会って、
なぜその人と一緒に居られるのか、
その理由はだれにもわかりません。
もちろん、後付け的に
すでにある関係を様々に分析して
この性質が合ったからだとか
ここを補い合えるからだとか
解釈することはできるでしょう。
でも、一見まったく合わない人々が
長いことずっと上手くやっていたり、
激しくケンカしながらも
ずっと離れなかったりするのを見ると
「どうも、ほかの理由があるのだろう」
という感じが拭えないことも多いのです。

2017年頃から、
水瓶座の人々の世界には、そんな
「結び付きの不思議」
を感じさせる出来事が
けっこう起こってきたかもしれません。
この動きは、
2019年の頭くらいまで続いています。
もちろん、
それを過ぎると関係が失われる
ということではありません。
そうではなく、
ここでしっかり靴紐を結んでおく
というような意味で、
結びつきが動き、育つのです。

思うに
「結ぶ」
ということは、なかなか大変です。
紐と紐とを実に複雑に絡み合わせて、
簡単には離れないようにするのです。
蝶結びですら、
そう簡単には覚えられません。
何度も練習して、
やっとできるようになります。
大工さんや漁師さんの使う結び方などは
もっと複雑なのがたくさんあります。
解けないように、
でも解きたいときはさっと解けるように、
しっかり結ぶ。
このことは、人間関係においても
けっこう、当てはまるモノかもしれません。

でも、2018年の水瓶座の世界では
「どうやったのか説明はできないけれど、
何となく結べた」
といったことが、
起こりやすいのではないかと思います。
「初めて会ったのに、
初対面の気がしないね!」
と正直に思い、言い合う
といったことが、
たとえばその一例かもしれません。
ぐるぐる紐をいじっている内に
ほどけなくなった!
というようなかたちで
関わりができあがる事もあるのかもしれません。
また、すでにパートナーと「結ばれて」いる人も
もう一度、強くきれいにしっかりと
関係を「結びなおす」機会があるのかもしれません。

他に、2018年に愛に追い風が吹きそうなのは、
1月後半から2月中旬、4月下旬から9月頭、
11月から12月頭です。
特に、1月末から2月中旬、
7月末から8月前半は、
上記の「結ぶ・結びなおす」ことに関して
ハッキリした展開が起こりやすいかもしれません。



  *****************************


あなたがあなたの望みを見つけると、
あなたの住む世界も、救われてゆく。
なんだかスピリチュアルなようですが
これは、けっこう、
現実的なことなのではないかと思います。
自分の望みは自分のものだ
と私たちは考えますが
望みの「ナカミ」は、
けっして、それだけではありません。
2018年、水瓶座の人の多くが
ある望みを叶えると同時に
新しい望みを見いだすだろうと思います。
それらの望みは、あなただけでなく
あなたの住む世界も救うことができるはずです。

2011年頃からずっと
何かを学び続けて来た人も
少なくないだろうと思います。
2018年から2019年は、
「学ぶ」フェーズからこんどは
「世界を作る」フェーズへと
シフトしていくタイミングに当たっています。
ここでも、あなたは
「自分を取り巻く世界」
というものを
新しい形で、視野に入れることになります。
それが「居場所」なのか、
「コミュニティ」なのか、
「組織」なのか、「土地」なのか、
あるいはもっと別の枠組みなのか、
具体的には人それぞれだと思いますが
いずれにせよ、あなたは
何らかの形で「場」を求めます。
その「場」には、
あなたの望みを必要としている人が
多分、たくさんいるのだろうと思います。





****
オリジナルの毎日の占いから詳しいホロスコープの占いまでがっつり読める「石井ゆかりの星読み」
そして、書籍『星ダイアリー2018』『3年の星占い 2018-2020』もよろしく!!!