「シンデレラ」のお話には
様々なバリエーションがあるそうですが
私たちに最もなじみ深いのは
カボチャの馬車と、ねずみの御者
の「シンデレラ」です。

シンデレラが
「お城の舞踏会に行きたい」
と願ったとき、
魔法使いは
「では、カボチャをひとつ、
それとねずみを捕まえておいで」
と言いつけます。
物語の結末を知っている私たちには
「ははあ、それは
魔法に必要な材料だな」
とわかりますが
命令されたシンデレラにとっては
実に奇妙な言いつけに思えたでしょう。
なぜそんなものが必要なのか?
と考えたでしょうし、
この魔法使いはデタラメを言って、
私を騙しているのかな?
と思ったかもしれません。
彼女は幸い、魔法使いを信じて、
ちゃんと材料を揃えましたが、
もし、彼女が疑り深いタイプであったなら
もしかすると、お話は
ここで終わっていたかもしれません(!)。

カボチャがあって、
ねずみがいそうな台所は
普段のシンデレラのテリトリーです。
彼女が「灰かぶり」なのは、毎晩
台所の竈の中で暖を取って眠るからです。
彼女の「いつもの住処」に、
魔法の材料がちゃんと、存在します。
魔法使いに言いつけられて、
彼女が向かうのは、
「いつもの住処」なのです。
難しい場所に探しに行くのではなく、
いつもの場所に、
ちゃんと魔法の欠片があるわけです。
これはなかなか、おもしろいことです。


少し遡って2016年から2017年、
射手座の人々は、
かなり大きな目標を掲げて、
すくなくともその一部分を、
叶えることができたのではないでしょうか。
2015年頃からひたむきに
険しい山を登り続け、
2017年の終わり頃には
「山を登り切った!」
という思いを抱いているでしょう。
さらに、2017年の終わり、
あなたはシンデレラが夢見た舞踏会のような
新しい大きな願いを抱いたかもしれません。

この夢を叶えるために、
どんな魔法が必要か。
私たちの人生にはなかなか、
魔法使いは表れてくれません。
そのかわり、
自分自身で自分に魔法をかけるか、
魔法を「おびき寄せる」必要があります。
「人事を尽くして天命を待つ」
というのがつまり、その方法です。
でも、2018年という時間には
前述の、シンデレラにとっての
「台所」のような場所に
あなたのカボチャとねずみが
どうも、あなたを待っているようなのです。

努力というものは
あくまで合理的になされます。
シンデレラがもし、
自力で舞踏会に行きたいと思ったら、
間違っても、
「台所でカボチャとねずみを探す」
という努力はしないでしょう。
伝手を探すとか、ドレスを縫うとか、
なにかもっと別の方法で
お城を目指していたはずです。
彼女は基本的には、
自力でゆくことを諦めていました。
そこに、魔法使いがやってきて
およそ非合理なことを宣ったわけです。

2018年のあなたの魔法、
あなたのカボチャとねずみは
具体的には、
どんなものなのでしょうか。
それは、人それぞれだと思いますが
おそらくそこには
ちょっと非合理だったり、
普通なら考えつかなかったりするものでしょう。
あるいは、あなたにとって
特に目新しいものではないのかもしれません。
いずれにせよ、あなたは
台所に戻ったシンデレラよろしく
「自分の場所」「自分のこれまでの生き方」
へと立ち戻って、
そこに「なにか」を見いだすのです。

少々フライングになりますが
2018年の年末から2019年、
あなたはシンデレラのような
「変身」を遂げることになります。
この「変身」は、
本来の自分とは違う姿になる
ということではなく、
やはりシンデレラにも似て
もともとの自分に最もふさわしい姿になる
ということなのだと思います。
まず大きな願いを抱き、
そのあとで「自分」に変身する。
その間にあるプロセスとして
「魔法と、台所と、
カボチャとねずみ」
があるのです。

ワケのわからない占いを書きやがって
と、苛立っている人も多いでしょう。
すみません。
でも、この2018年にあなたが手にするのは
おそらく、一見して
新しい未来のために役立つもの
変身の材料となるもの
ではないのだろうと思うのです。
たとえば、コンプレックスや辛い過去、
これまでは否定してきたもの、
価値を見いださなかったもの、
やり遂げたのに切り捨てた成果、
後悔のタネやごたまぜの押し入れ、
一人で過ごす時間、
自分自身との長い対話、
別れてしまった誰か、
懐かしい場所、失われた習慣、
だれにも見せない机の奥にあるもの、
弱っている人を助けに行くこと、
無償の行為、祈り、
無駄遣い、陶酔、深い眠り、等々
他にも挙げれば切りがありませんが
そんなものかもしれません。
いずれもあなたがよく知っている、
なじみ深いものたちの中に、
あなたをお城に連れて行ってくれる、
馬車と御者が隠れているのです。

私たちを「前に進ませるもの」は
決して、煌びやかなもの、
輝かしいものだけではありません。
私たちの内なる弱さや暗さが
ちゃんと「自分のもの」にならない限り
私たちは本当には成長も成熟も
できないのではないでしょうか。
2018年のあなたは、
今まで自分のなかに
「ない」
とおもっていたものが
「ある」
ということに、
卒然として気づくのではないかと思います。
それこそが、カボチャであり、
ねずみなのです。

射手座の人々はいつも、
冒険的で、挑戦的です。
でも、その一方で、
非常に思索的で
精神的な面も持っています。
外の世界に旅をするのと同じくらい
自分の内面に旅することもできる、
「旅の力」に恵まれています。
2017年の中で引っかかったこと、
だれに見せるともなく抱えてきたもの、
昇華されるべきもの、
救われるべきところ。
そうしたものが、
2018年のあなたを導いていきます。
2018年11月からは、
シンデレラの変身の時間がやってきます。
そこまでに、何を準備すべきか。
年明けには皆目検討が着かなくとも
おそらく3月頃までには
だいたい、目処が立っているはずです。


[時期について]


年明けは経済面で、
かなり嬉しい動きがありそうです。
また、手の中にあるものを整理して
これから手に入れるべきものを計画する
という作業も、
少し先の展開に非常に役立つはずです。

1月下旬から一気に忙しくなります。
自分から旗を掲げ、周囲を巻き込んで、
熱いアクションを起こせるでしょう。
「自分を変えたい」という人、
「自分と闘って勝ちたい」という人にとって、
大きなチャンスが巡ってきます。
何らかの「勝負」に出る人もいるはずです。

2月は住処で過ごす時間、
あるいは家族との時間が、
とても温かくなるでしょう。
帰るべき場所をより美しく、快く
創造できるときでもあります。

3月から4月は、
好きなことや欲しいものに、
とことん注力できそうです。
自分からどんどんアイデアを出して、
それを実現していけます。
また、かつて却下されたアイデアを
「復活」させることもできそうです。

4月は新しい健康法を試したり
コスメティクスを刷新したり
新たな生活習慣を導入したり
などのことをしたくなるかもしれません。
「日常」をゆたかに楽しくできるでしょう。

5月は星座を問わず、
大きめの転機が置かれています。
射手座の人にとっては、
不思議な「自由」を
感じられるかもしれません。
これまで必須の条件だと思っていたものが
「けっこう、なくても大丈夫」
と解ってくるようです。
また、行動範囲が一気に広くなります。
ここから11月にかけて、
何度も遠出する人もいるはずです。

また、5月から6月にかけて、
人との経済関係も、
少なからず変化しそうです。
素敵なギフトを受け取れる気配も。

7月から8月は、
キラリと光るチャンスに恵まれます。
たとえば、オーロラを見るツアーでは
必ずオーロラを見られる、とは限りません。
タイミングが合ったときだけ、
見ることができるわけですが、
例えばそんな具合に、
何度か訪れている場所で、
今までは叶わなかったけれど、
今回やっとタイミングが合って、
願っていた機会をつかめる、
というようなことが起こるかもしれません。

8月は仲間に恵まれる時期でもあります。
また、仲間と大きな夢を共有し、
新しい体勢を作れる気配もあります。

9月はかなり忙しくなりそうです。
ガンガン動いて、
大きなうねりを作り出せます。
人が集まってくるのをまとめて、
全体としてスケールの大きな成果へと
あなたの手で、導いて行けそうです。

10月はかなり深くまで
過去を振り返る必要があるかもしれません。
表面的な物語ではなく
過去の物語に参加していた人たちの
心の奥にあるものにまで触れて
そこから、大きな力を得られそうです。

11月、
あなたの星座の王様である木星が
約12年ぶりに、あなたの元に帰還します。
ここから2019年いっぱいくらいまで、
前述の
「シンデレラの変身」、
すなわち、
よりあなたらしいあなたへの変身
のプロセスが展開していきます。
素晴らしい成長期であり、
拡大の季節の到来です。

また、11月は
「チームの再結成」
のようなことが起こるかもしれません。
あるいは、
過去に一度諦めた計画をここで再度、
俎上に載せることもできそうです。
「希望が復活する」
ようなタイミングです。

12月はかなり忙しくなるでしょう。
また、少し混乱しがちな時期でもあります。
先を急がず
「これまでの経緯」
を丁寧に拾い上げ、
新しい流れへと繋げる作業が発生します。
懐かしい人と、
また一緒に歩けるようになるかもしれません。



[愛について]


2011年頃から、
あなたの愛には妙に
「重力」が感じられなかったかもしれません。
地に足が着かないような、
そこにあるのに妙に距離を置かれたような、
そんな感じが常に、
つきまとっていたかもしれません。
スリリングではあるけれど
まだゴールには着いていない。
そんな感覚を抱き続けていたなら
2018年、そろそろ着地点が見えてきそうです。

ジェットコースターに乗ったような、
ドラマティックなここまでの愛の経験は
あなたの心に新風を吹きこみ、
自由な興奮と生き生きした解放感を
与えてくれたのではないかと思います。
ですがそのさきに
「愛における自由が、何をもたらすのか」
という答えは、
なかなか見えなかっただろうと思うのです。
2018年から、あなたの愛は少しずつ
あなたに近づいていきます。
手を伸ばして触れられるようになりますし
お互いのあいだの、心の境界線が
消えてなくなる瞬間も、増えて行くでしょう。

特に3月末から4月半ばにかけて、
これまでの愛があなたに何をくれて、
これからの愛にあなたが何を求めるか、
ということを、整理できそうです。
失った愛が甦る可能性もありますし、
あなたの心に、消えかけた炎が
もう一度大きく燃え始めるのかもしれません。

特に愛に追い風が吹きそうなのは、
3月から5月、
6月半ばから7月上旬、9月末です。
11月下旬にも、未来への愛の可能性が
ふわりと見通せる瞬間がありそうです。


  *****************************


冒頭の長々しい例え話のなかで
肝心なものが、抜けているぞ
と思った読者もいらっしゃるでしょう。
そう、ガラスの靴です。
シンデレラと言えば、
ガラスの靴がなければなりません。
ガラスの靴は、実は、
シンデレラの「みのまわりのもの」とは
関係がないのです。
ガラスの靴だけは、
魔法使いが贈ってくれます。

実は2018年、
射手座の人々はガラスの靴も、
ちゃんと手に入れることになります。
あるいは、2018年中には手に入らなくとも
2020年頃までには、
しっかりモノにできるはずです。
この靴は、
魔法使いがシンデレラの健気さに打たれて
正当な御褒美として贈ってくれるものです。
カボチャやねずみとは、少し違います。

「報酬」は、現代社会では
主に、お金です。
あるいは株などで支給されることもありますが
平たく言えば、お金です。
「ガラスの靴」は、その意味では
少し、妙なものとも思えます。
シンデレラは片方の靴を落とし、
それによって、彼女の運命は
大きく変わっていきます。
ガラスの靴は、いわば、
ひとつのコミュニケーション手段であり、
扉を開けるカギでもあった
ということができそうです。

2018年以降、
あなたが手に入れる「ガラスの靴」は
何らかの御褒美であり、
コミュニケーション手段であり、
扉を開けるカギ、なのだろうと思います。
それが経済的な力なのか、
あるいはもっとほかの「力」なのか、
それはわからないのですが、
少なくとも、そろそろ新しい魔法が
あなたを変身させつつある、ということは
云えるんじゃないかと思います。



****
オリジナルの毎日の占いから詳しいホロスコープの占いまでがっつり読める「石井ゆかりの星読み」
そして、書籍『星ダイアリー2018』『3年の星占い 2018-2020』もよろしく!!!