ギリシャ神話に登場する、
有名なミダス王の神話は
現代を生きる私たちにもまだまだ、
学ぶべきところがあるように思われます。
ディオニュソス神はあることのお礼に
ミダス王に
「なんでも願いを叶えよう」
と言います。
そこでミダス王は、
自分の手に触れたものは全て
黄金になるように、と願うのです。
はたして、彼の手に触れたものは
全て黄金になりました。
最初は喜んでいた王も
次第に、ことの深刻さに気づきます。
食べものを手に取れば食べものが、
娘に触れば娘が、
すべて金に変わってしまうのです(!)。

片手だけにしておけばよかったのでは、、
とも思うのですが、ともかく
ミダス王は自分の願いを悔い、
元に戻してくれるよう、
もう一度神に願い出ます。
神は願いをききれて、
ある川で身を清めれば元に戻る
と教えました。
王は川で身を清め、川の水は砂金になり、
それからは、王の手が何に触れようとも、
何も起こらなくなりました。

欲しいものは何か。
私たちは自分自身で、
それをよく知っているつもりでいます。
でも、ミダス王の神話しかり、
「三つの願い」のおとぎ話しかり、
私たちはいざ、何かを願おうとすると
何が自分を充たして、幸福にするか
全く知らないことに気づくのです。
宝くじが当たればよいとか、
意中の人にふり向いて欲しいとか、
一度は心から願ったことでも
いざ、願いが叶ってみると
破滅したり、関係が破綻したりすることも
決して、珍しくありません。
「幸せになりたい」と願いながら
どうなれば幸せになれるのか、
それがわからない。
こんな矛盾に陥っている人も
たぶん、少なくないのかもしれません。

2018年、天秤座の人々は
自分がどうすれば幸せになれるのか、
どうすれば充実し、満足し、
納得して暮らしていけるのか、
それを追求して
一定の答えを得ることができます。
「最終的な答え」ではなく
「一定の答え」なのは、
私たちがどんどん変化する存在だからです。
子供が欲しがるもの・必要なものと、
大人が欲するもの・必要なものが
それぞれ全く違うように、
私たちは人生の段階に応じて
新しいものをどんどん、
必要とするようになります。
また、
「飽きる→新しいものを求める」
という心の動きも、
実際、無視できません。
「これでもう十分だ」
というスタティックなイメージは
私たちの命のはたらきには
必ずしも、当てはまりません。
流行がめまぐるしく変わるのは
私たちの心がそもそも
新陳代謝を求めるように
創られているからだろうと思います。
この「心の新陳代謝」にどう対応するか
ということも、
「一定の答え」の中に
含まれているはずです。

一説には、
「黄金を生む手」を願ったミダス王は
手がもとにもどったあとも
自分の願ったことを深く悔い、
田舎に引っ込んで静かな暮らしをした
とも言われます。
黄金でないとすれば、いったい
何が自分を幸せにするのか。
王はそれを自問して、
自分なりの答えを見つけた、
ということなのかもしれません。

質素な暮らしこそが幸福、
ということの是非はさておき、
黄金に懲りた王が
「暮らし」「環境」「生活」
に目を向けた、ということは、
なかなか興味深く思われます。
何を持っているかではなく、
どこでどう生きるかが問題だ
というわけです。

このことは不思議と、
2018年の天秤座の人々の思いに
重なるところがあるように思います。
というのも、
天秤座の世界では2018年から
「居場所・場」
が大きなテーマとなるからです。
質素な暮らしを選ぶかどうか、
といったことではなく、
あくまで
「どこに生きるか・どう生活するか」
ということがテーマとなるのです。
更に言えば
「だれと生きるか・
どういう関係性の中で生きるか」
ということも、
大事なテーマとなるでしょう。

生きていく「場」、
生活、環境にはもちろん、
たくさんの「物質」が必要です。
「衣食住」の言葉通り、
私たちは色々なモノを必要とし
そのための経済活動に
ひたむきに取り組みます。
2018年は、天秤座の人々にとって
平たく言えば
「金運のよい年」
と言えます。
ミダス王もおそらく、
「なんでも願いを叶えよう」
と言われた瞬間、
「金運のよい時間」
にいたのかもしれません。
だからこそ、
そこで何を願うか、が
大事なのだと思うのです。
すなわち、
2018年があなたにとって、
真に「金運のよい年」だったとして、
ミダス王のような
「金運の使い方」をしてはならない
だろうと思うのです。

「インスタ映え」という言葉が
2017年には流行しました。
美しいものや面白いもの、高価なもの、
美味しそうなものやファッションを
写真にうつして、
インスタグラムなどのSNSにアップする
ということは
ごく一般的になりました。
ただ、そこに映し出された「モノ」たちは
必ずしも、
大切にされたモノばかりではなかった
ということが話題になりました。

物質的な豊かさやきらびやかさが
自己表現となり、
人からの賞賛につながる、ということは
思えば、不思議なことです。
他人の経済力を権威と感じたり、
人の経済力に恋をする人もいます。
経済的には恵まれているものの、
眠る暇もなく、遊ぶ時間もない。
そうした選択をしている人も
世の中には、珍しくありません。
こうしたことはすべて
ミダス王的な発想、
と言えるかもしれません。

もちろん、経済力がなければ
この世の中では、
生きていくことができません。
もちろん、世の中には
お金がなくても、自ら菜園などを作り
生産力で生きている、
という人もいます。
ただ、広い意味では、私たち全てが
「物質的な恵み」によって生きている
ということは、言えると思います。
自分自身に、本当に必要なものは何か。
それは、どうしたら手に入るのか。
更に言えば、それを使って
どこでどのように「生きていく」のか。
2018年の天秤座の世界では、
そこに強いスポットライトが当たるようです。


[時期について]


年明けは、
ごく身近な範囲で、
大きめの動きが起こりそうです。
2018年を通してのテーマである、
経済活動に関すること、
家族や居場所に関することが
年明けから一気に動きます。

1月半ばから2月は
とても楽しい時期となっています。
行動範囲も広がりますし
クリエイティブな活動に
強い追い風が吹くでしょう。

また、
1月末から3月半ばにかけては、
勉強に打ち込む人も多そうです。
2015年頃から苦労して学んだことが
ここで一気に「開花」する
といった展開もあるでしょう。
熱いメッセージを交わし、
大いに議論し合うような対話も
ここでは、盛り上がりそうです。

3月から4月にかけては、
人間関係が大きく動きます。
ここでは、
身近な人との関係も変化し始めるので
公私ともに忙しく、
複雑な調整が必要になりそうです。
引越なども起こりやすい時です。
一方で、懐かしい人に再会できたり、
誤解が解けたりする場面もあるでしょう。
過去に失われた関わりが
ここから秋までの中で
「復活」するかもしれません。

5月は星座を問わず、
大きめの節目となっています。
天秤座の人々にとっては特に
「他者とのつながり」が
太く、熱く、重みを増すでしょう。
これまでカラカラに乾いていた場所に
潤いの雨が降り始める
という感じもあるかもしれません。
また、この時期は
キラリと光るチャンスも掴めそうです。

6月は明るい仲間に恵まれます。
さらに6月から8月にかけて、
懐かしい人との再会も期待できます。
また、「愛が甦る」ような、
ドラマティックな場面もありそうです。

7月は仕事や対外的な活動の面で、
少し大きな変化が起こるかもしれません。
意外な経緯で新しいミッションが
ガツンとスタートしそうです。

8月は「夢を復活させる」時です。
過去に一度諦めたことがあれば、
ここでその夢を「再生」させ
新たな目標として設定できそうです。
過去のチームを再結成する
というようなこともありそうです。
非常にキラキラした時期でもあります。
注目されますし、
美しくなることを楽しむ、
といった時期です。

9月から11月は
好きなことややりたいことに
とことん打ち込める時期となっています。
それを可能にする「仲間・人」にも
恵まれるはずです。
ごく身近で夢を共有してくれる人と
活発な対話を重ねながら、
あなたの夢を膨らませていけます。

10月から11月は、経済面で
少し整理が必要になるかもしれません。
というのも、手元に色々なモノが
ゴタゴタ山積みになっていて
何がどのくらいあるか、
よくわからなくなりそうだからです。
「棚卸し」ような作業が
この辺りで発生するでしょう。
これによって、更に多くのものを
受け入れていく体制が整います。

11月は再び、
キラキラの空気に包まれます。
最も自分らしいありかたで、
いろいろな事を成功させてゆけるでしょう。

11月半ばから12月は
かなり忙しい時期でもあります。
色々な方面から助力を要請され
駆け回らなければならないかもしれません。
でも、ここで動いたことには全て
後できちんと「報酬」がついてきます。
また、長くつきあえる「師」のような人に
この辺りで出会えるかもしれません。

年末は、
行動範囲がとても大きくなるでしょう。
いろいろな人の元に出かけていき、
新しい関わりを結ぶことができます。
ここまでのあなたの活動が、
磁石のように「人を引き寄せる」、
そんな年末となりそうです。


[愛について]


愛も、欲望と興奮に
深く結びついています。
更に言えば「支配欲」も
愛と切っても切れないテーマです。
本当の愛は、
相手に翼を与えるものですが
私たちの心は決して
そのことに完全には
満足できないもののようです。
相手に惜しみなく与えることが愛だ
と解っていても
相手から全てを受け取りたい
という思いは、
消し去りがたい、私たちの
生命の真実なのだろうと思います。

2018年、天秤座の人々は
そうした愛と欲望の繋がりを
「思い出す」ことになるかもしれません。
というも、2011年頃から
どちらかと言えば
「愛における、お互いの自由」
「独立した人間同士の結び付き」
といったことを
模索し続けていたのではないか
と思うからです。
2018年はそうした、いわば
「愛の分離」の動きが
収束していく年です。
他者との距離感が縮まりますし
パートナーの体温や呼気が
今までより、不思議と
近く感じられるようになるでしょう。

また、年の後半、
愛の星であり、
あなたの星座の支配星である金星が
あなたの星座のあたりで、
長期滞在します。
愛の星がずっと側にいてくれるのですから、
愛に追い風が吹く、ということになります。
カップルにも、フリーの人にも、
前向きな動きが期待できます。
自分らしい愛し方、
自分が本当に充足できる愛の形。
そうしたものを、
模索していけるはずです。

特に、愛に強い追い風が吹くのは、
1月半ばから2月中旬、
5月から11月にかけてです。
かなり長い時間、色々な形で
あなたの世界の愛が
ドラマティックに躍動します。
特に、2月半ばと、7月下旬には、
ミラクルな出来事が起こりそうです。



  *****************************


ミダス王に「黄金の手」を授けたのは
お酒の神様・ディオニュソスです。
酩酊を司るこの神様が、
酒同様に人の心を惑わせる「黄金」を
王に授けたというのは
とても興味深いところです。
深酒をして2日酔いになると
たいてい、深い後悔に包まれますが
人の心を酔わせるものに「浸かりすぎる」と
私たちは少しあとで、
後悔せざるを得ないのかもしれません。

でも、だからといって
一切の興奮や酩酊、熱狂のない世界に生きる
と想像すると
これは実に、味気ない思いがします。
「酒のない 国に行きたい宿酔い
また三日目に帰りたくなる」
という狂歌がありますが
いかにもこのとおりです。

かつてのコミュニティには
地域を挙げての「祭り」があり、
人々は定期的に、
非日常の興奮に包まれました。
そこでは、人間のエネルギーが爆発し、
普段の価値観が全て逆さまになって、
生活がひっくり返されたのです。
お祭りが終わると、
人々は平静を取り戻し、
また、いつ果てるともない生産の営為に
静かに戻っていったのです。
現代でも、ハロウィーンやクリスマス、
スポーツ観戦やロックフェスなど、
様々な「祭り」が存在します。
そこでは、普段とは全く違うルールで
人々は一瞬の熱狂に身をゆだねます。
もちろん、お金もたくさん使われます。
「散財」し、「蕩尽」するわけです。

私たちの生活が
規則正しく、清らかに、
誠実に真面目に営まれるのは
確かに、望ましいことです。
でも、酩酊や興奮、熱狂もまた、
時間のどこかに存在しなければ
私たちの生活は精彩を欠き、
おかしな方向に進み出す
という危険性も
おそらく、あるのではないかと思います。

2018年、天秤座の人々は
自分自身の生き方が
生命の奥底に燃える熱狂に応えているか
ということにも
目を向け始めるのかもしれません。
そこには、決して
目を向けたいと思えないようなものも、
潜んでいるかもしれません。
泥酔した人は決して魅力的ではありませんし、
ハロウィーンでは死者が蘇って踊り回ります。
普段隠しておきたいものを、
「非日常の場」では、
目にすることになるわけですが
それは同時に、私たちの中でも
「隠しておきたいもの」と繋がっています。
たとえば、欲望を喚起する「お金」を
財布にかくし、紙にくるんで、
おそるおそる扱うのも、その現れです。

豊かさとは、充足とは何か。
人それぞれに違うその答えが、
2018年のあなたを、深く潤すでしょう。
そして、この年だけに留まらず、
この先長いあなたの生活の中で
それを血液のように循環させ続けることが
できるのだろうと思います。


****
オリジナルの毎日の占いから詳しいホロスコープの占いまでがっつり読める「石井ゆかりの星読み」
そして、書籍『星ダイアリー2018』『3年の星占い 2018-2020』もよろしく!!!