かなり昔の作品で恐縮ですが
『エースをねらえ!』という
テニスの世界を描いた漫画が
一世を風靡した時代がありました。
若くしてケガによる引退を余儀なくされ、
自分の志を受け継ぐべき弟子を探し
全国を巡り歩いた宗方コーチと
彼に見いだされた高校生・岡ひろみの
師弟のドラマです。

宗方コーチが探し求めたのは
自分が注ぎ込もうとするものを
受け止めることのできるほどの器、
つまりテニスの才能でした。
でも、結果的に彼は、
自分の情熱をどこまでも注ぎ込める、
一人の人間を探していた
ということなのではないか、
と思うのです。
作品では、コーチが弟子を深く愛する姿が
感動的に描かれています。
テニスは確かに、
彼にとって最も大事なものでしたが、
彼の人生を満たしたものは
テニス自体ではなく
スポーツを通して得た人間関係と
そこに育った愛情だったのかもしれません。

愛せるものに出会うために、
どこまでも旅をする。
2018年の乙女座を巡る星を見て、
そんなテーマが思い浮かびました。
人に限らず、趣味や活動、
研究テーマや仕事などもそうですが
そもそも「出会う」ことがなければ、
好きになることもできません。
何らかの才能を秘めていても
その才能を活かす活動に出会えなければ、
その人も、周囲も
才能の存在にすら
気づけないかもしれません。

でも、私たちはどうしても
日常的な偶然に、
自分の人生をゆだねざるを得ません。
行動範囲も、資金も限られていますし
なかなか時間もとれません。
宗方コーチのように、
全国のテニスクラブを虱潰しに見て回り
自分の心に叶う対象を探す
などということは、思えば、
かなり贅沢なことなのかもしれません。

それでも、2018年は、
乙女座の人々の多くが、
何らかのかたちで
「愛するものを探す旅」に
出かけていくのではないかと思うのです。
この「旅」は、文字通り
物理的な旅行の可能性もありますが
たとえば、新しい分野の勉強をするとか
学校に入るとか
全く価値観の違う人々の中に身を置く、
などのことも当てはまると思います。
星占いの世界では
書物と旅は、同じ分野のものです。
本を読めば私たちは簡単に
別世界に「トリップ」できます。
新しい世界に出会える、という意味で
学ぶことと旅することは
同じことであるようです。


子どもたちの前に
たくさんのお菓子をならべて
「どれでも好きなのをひとつ、
とっていいよ!」
と言ったとき、
ひとり、何にも取らない子がいました。
その子に
「お菓子いらないの?」
と尋ねると、その子は
「食べたいけど、
好きなのがないから、要らない」
と言いました。

別に好きでもないものを手にとるくらいなら
いっそ、なにもとらないほうがいい。
2018年から、
こうした感覚があなたの胸に湧いたとしたら
それは、情熱が減ったのではなく
むしろ、情熱が強まっている
ということの証だと思います。
熱い思いがあるからこそ
中途半端なものでは、
許せなくなってくるのです。
ちょっといいな、と思うものでも
簡単には好きにならないぞ
と、身構えるような思いも
もしかしたら、湧いてくるかもしれません。
これも、人や物事が嫌いになったのではなく
もっと好きになりたい
もっと夢中になりたい
という思いが
尖ってきているためです。

とはいえ、これは
「何にでも細かくケチをつけて、
なかなか物事を受け入れない」
ということではないはずです。
マイナス採点で細かい注文を付け、
完璧なものが回ってくるまでは
絶対にウンと言わない
といった狭量な態度は、
この時期のあなたには当てはまりません。
そうではなく、
おそらくこの時期のあなたは
「好き、とは、どういうことか」
「自分が求めているのは、
本当はどういうものなのか」
を、あくまでストイックに
追求し始めるのだろうと思うのです。
もし、欠点だらけだったとしても
条件が全く合わなかったとしても
ちっとも理解できなかったとしても
「これでなければならない」
と思える、何か。
とてもシビアな、でも心から信じられる
たった一本の物差し。
それを目指して、
あなたはこの時期以降、
長い旅を辞さないのだろうと思います。


2018年は、
素晴らしいコミュニケーションの年です。
素晴らしい旅の年でもありますし、
素晴らしい学びの年でもあります。
あなたの持って生まれた知的才能や
優れた感受性が、
これでもか!というほど、
ぐんぐん伸びていくでしょう。
大切な人と深みのある対話ができますし、
自分から丁寧に発信して、
嬉しい反応を得られそうです。
このコミュニケーションもまた、
あなたの「愛するものを探す旅」の
一環なのかもしれません。
かつて愛したものを
もう一度愛するためのキッカケを
掴める場面もあるかもしれません。



[時期について]


年明けは、
とても楽しい雰囲気に充ちています。
フットワークよく動き回り
様々なものを発見できるでしょう。
積極的なメッセージを受け取れますし
コミュニケーションが盛り上がります。
早くも出張など、
遠出する人が少なくないでしょう。

1月下旬から3月半ばは、
家の中がバタバタしそうです。
引越や模様替え、
家族構成の変化など、
環境が様変わりするでしょう。

2月は「人」に恵まれます。
素敵な出会いがありますし、
人と会う機会が増え、
人から得るものが多いでしょう。
貸していたものを返してもらう時に
嬉しいオマケがつく気配もあります。

3月から5月半ばにかけて、
好きなことを最優先で、
夢中になって活動できる時期です。
非常にクリエイティブで、
趣味でも仕事でも
あなたが情熱を注げることが全て
熱く活性化しそうです。

4月は人からのレスポンスが
少しもどかしいかもしれません。
人の反応にタイムラグがあるので
ゆったり構えたいところです。
他者との経済的な関係を
じっくり調整できる節目でもあります。
4月末から5月半ばにかけては、
素敵なチャンスを掴めそうです。

5月は星座を問わず
大きめのターニングポイントです。
特に、乙女座の人にとっては
日常生活に遠くからの風が吹きこむ
という雰囲気があります。
例えば、誰かがホームステイに来るとか、
自分から活動拠点を遠方に移すなど
「生活のあり方に、
非日常的な要素が入り込む」
感じがあるのです。
ある新しい価値観のもとに、
ライフスタイルを大きく変える
という人もいるかもしれません。

6月は、
健康面での見直しができる時です。
長期的な視野に立って、
コンディションや日常生活を
丁寧に調整できるでしょう。

7月はキラキラした季節です。
楽しいことも多いでしょうし、
愛に恵まれますし、
ファッションやヘアスタイルを変えて
「美しくなる」ことを楽しむ人も
少なくないはずです。

8月以降、
経済面で嬉しい動きが続きそうです。
欲しいものが手に入りますし、
これからの収入増のポイントを
発見できるかもしれません。
また、8月は過去の経験の中から
不思議に新しい「芽」が出る
という気配もあります。
ずっと温めていたアイデアを
押し入れの奥から取り出す
といった展開になるかもしれません。

9月から11月は、
非常に「動き」の大きい時で、
ガンガン動ける一方、
ワーカホリックになりやすいようです。
自己過信せず、休養を確保しつつ、
どんどん行動範囲を拡げたいところです。
自分の役割や、
周囲から求められていることが
従来とは違った形で見えてくる時期です。
それに合わせて
自分が真に果たすべき役割のために
新たな勉強を始める
という人もいそうです。

10月は、
懐かしいメッセージを受け取れそうです。
あるいはあなたが、
誰かに大事なことを
「確認する」ようなアクションを起こし、
大切なものを得られるのかもしれません。

11月は2018年の中で、
5月に次ぐ「山場」の一つです。
乙女座の人々にとっては
「どんな場所に生きるか」
「自分が生きるべき世界はどこか」
を意識する時間に入る節目です。
居場所を作りはじめる人、
新しい家族を得る人、
引越を視野に入れる人もいるでしょう。

11月後半から12月は
出会いの季節です。
刺激的な出会いもあれば、
人から情熱が飛び火してくるような、
背中を押される場面もあるはずです。
住処を一新した場所で
周囲に住む人々と出会っていく
といった展開もあるでしょう。


[愛について]


冒頭から書いたことが全て、
愛に当てはまります。
すでに愛するものがある人は
愛するものへの探究心が
ぐっと濃く深くなるでしょう。
一人の人間の中にある小宇宙の広さを
改めて、実感できるはずです。

愛する人と、
とてもたくさん語り合える年です。
真正面から談判するような形ではなく
並んで並木道を散歩しながら話すような、
とても楽しく、
ずっと続いていく対話であるはずです。
一般に、差し向かいで話すよりも、
カウンターで横に並んだり
歩きながら話したりする方が
話が弾みやすい
という説を聞いたことがあります。
2018年はまさに、
隣り合って、手を繋いで、
ゆく道とともに
どこまでも言葉が繋がっていくような
そんな時間になるだろうと思うのです。

何気ない雑談がいつの間にか、
真剣な対話になります。
熱い議論が愛を鍛えます。
同じ問題意識を持ち、
別々の意見をぶつけ合って
新しい光を見いだせるかもしれません。

出会いもまた、
趣味や学びの場にあるかもしれません。
旅先で愛を見つける人も多いでしょう。
特に、これまでの発想では
あまり目的地になりようがなかったような
「自分にとって、初体験の場所」
に、妙味がありそうです。
兄弟姉妹を介した出会いもあれば、
得意なことを教え合ううちに
好意が芽生えるかもしれません。

2018年に生まれた愛は、
決して、刹那的な物に終わりません。
2018年の愛にはあらかじめ
「時間」が刻み込まれているからです。
長く静かに愛し合ってゆくには、
どうすればいいのか。
同じ問題意識を抱いている相手が
あなたの心を動かすはずです。

愛に追い風が吹くのは、
年明け1月から3月上旬、
3月末から4月中旬、
7月から8月頭、11月から年末です。


  *****************************


2018年、
乙女座の人が始める「旅」は、
実は、2種類あります。
2つの旅の最初の扉は
おそらく、一つに重なっていて
区別がつかないでしょう。

たとえば、
海外旅行に行くときでも
私たちはまず、
国内にある空港に向かいます。
最寄り駅を出発するのは
普段と同じことです。
でも、普段と違うのは
その先に伸びる旅程の長さです。
もし、宇宙旅行に行くとしても
やはり最初は
家の玄関を出て、
最寄り駅に向かうしかありません。

2018年の中で発生する旅は
一見「空港まで」の旅なのですが
実は、その先のもっと大きな旅に
直結しています。
「その先のもっと大きな旅」
のことがわかってくるのは
もしかすると、
2019年以降かもしれませんが、
少なくとも2018年の中で
そのための新しいチケットを
あなたは、手に入れることになるはずです。



****
オリジナルの毎日の占いから詳しいホロスコープの占いまでがっつり読める「石井ゆかりの星読み」
そして、書籍『星ダイアリー2018』『3年の星占い 2018-2020』もよろしく!!!