剣豪・宮本武蔵を描いた漫画
『バガボンド』は、私にとって
続きがとても楽しみな作品の一つです。
剣に生きる武蔵は強敵を求め
各地を巡り歩きますが、
心から
「命のやりとり」
ができる相手に出会い、
夢中で勝負して
相手を見事、倒した後には必ず
限りない孤独やさびしさ、
喪失感を感じているように見えます。
全力から、それ以上の力を出し切って
ぶつけたものを受け止めてくれた
言わば、最愛の相手は、
勝利した瞬間
この世から消えてしまうからです。

多くの人が
「自分の全てを受け止めて欲しい」
「愛情のありったけをぶつけたい」
と願いますが
そうした瞬間、
相手がそれを受け止めきれずに
ある意味「倒れて」しまうことが
時々、起こります。
受け止めてもらい、
孤独から抜けだして、
心底幸福になりたかったのに、
なぜか、自分をぶつけた後で
相手がそこに、いなくなっている。
武蔵の場合は「倒して」いるのですから
それは当然なのですが、
剣の勝負を挑んだわけではなく、
単に好意や愛情をもって接しただけで
相手が
「受け止めきれない」
状態が発生するのは
不思議なようでもあり、
一方で、当たり前のようにも思われます。


いったい、私たちは他人をそれほどにも
「受け止める」
ことができるのでしょうか。
もちろん、限りなく大きな心で
だれでもどんと受け止められる
という人もいるかもしれません。
でも、多くの場合は
心から好きな相手なのに
受け止められない、とか、
心底同情しているけれど、
ずっとつきあっていたら
自分が生活できなくなる
といった
「キャパオーバー」の臨界点が
存在するものではないか
と思うのです。

2018年、蟹座の人々は
大きな愛の時間の中にあります。
愛し愛される相手がいて、
真剣に向き合うことができるでしょう。
あるいは、何か夢中になれるものに出会い、
とことん打ち込むことになるかもしれません。
非常に創造的で、情熱的な時期です。

でも、そこには
もう一つのテーマも置かれています。
それは、
「相手を去らせることなく、
ずっと関わり続けること」
「夢中になれたことに、
時間をかけてずっと、
取り組み続けること」
です。
全力でぶつかって、
相手がそれを受け止めきれずに
結果、さみしくなってしまう
というような展開を起こさない、
もっと継続的な愛し方・関わり方を
この時期、学ぶ事ができそうなのです。

実際、冒頭にご紹介した武蔵も
物語の中で、
「剣を抜かない」
ことに少しずつ、向かい始めています。
人々との豊かな関わりを得て、
「真剣勝負で相手を倒す」
という形以外の絆の作り方・生き方を
物語の中で徐々に、
学びつつあるようです。

もちろん
蟹座の人の全てが
「全てをぶつける」
ような関わり方をする、
というワケではありません。
むしろ、長期的に多くの人々と
あたたかな心の交流を作り、
育て続けて行くのが
蟹座の人々は、
上手な傾向があります。
ただ、蟹座の人々の心には、
満々と湛えられ、
時に「決壊」して
人の方にどーんと流れだす、
大量の水があります。
人の心の動きに敏感に反応し、
傷つきやすく、
ともすれば興奮しやすく、
人一倍の喜怒哀楽の大波に
自分自身、翻弄されてしまう。
そういう経験を
多くの蟹座の人が、
持っているのではないでしょうか。
そうした「感情のダムの決壊」が
人間関係を傷つけてきたことも
多分、あったのではないかと思うのです。

2018年から蟹座の人々が知るのは
たとえば、
人が少々不機嫌でも気にしない、とか
感情が爆発した後でも
けろっとして人と関わる、とか
他人の問題を自分のことのように思いすぎない、
あるいは、
人との心の距離を
ゼロか100か
というふうに設定しない
などのことかもしれません。

さらに、
ある時は受け止めきれなくても
他の時は受け止められるかもしれない
という前提で
諦めずに関わり続けること、
そして、長く続いている関わりにも
寄りかかりすぎず、
鉢植えの花のように、
定期的に水をやって育てること、
相手の喜びと同じくらい、
自分自身のよろこびを大切にすること
などもあるかもしれません。

人によって、
テーマとなることはそれぞれですが
その根底にあるのは
あなたの大ボリュームの愛と、
相手にそれを届けるための
丈夫な水車と水路の運用
ということだと思います。
相手を支配したり、
まるごと飲み込んだりするのではなく、
お互いに自由に、独立しながら、
温かく永続的な関係を作っていけます。
やり方を変える過程では
寂しさに耐えなければならない場面も
もしかしたら、あるかもしれません。
でも、そのことの意味がわかると
徐々に、真の関わりのゆたかさを
味わう余裕が出てくるはずです。

上記のことは、
恋愛関係や家族関係などに留まりません。
どんな立場性の関わりであっても
あなたの心には何らかの
「感情の動き」があるはずです。
その思いが、どのように伝われば、
相手と繋がり続けてゆけるのか。
自分以外の誰かと関わる、
およそ全ての場所で
そのことがあなたの胸に、
いつも「学ぶべきテーマ」として
この時期、光っているでしょう。

社会的な人間関係は
多くのルールや形式、
契約などに守られます。
雇用契約や売買契約、賃貸契約など
一般的な契約の他に、
婚約・結婚なども「契約」の一種です。
あらゆる契約によって守られているのは、
権利や義務、立場や利益など
様々なものがありますが
その中には「心」も
含まれているものだろうと思います。
この時期蟹座の人々は、
大きな愛のうねりの中で、
どんな形式やルールがあれば
お互いの「心」を守れるのか、
それを探り当ててゆくのかもしれません。


[時期について]


年明けからすぐ、
熱い好意に充ちた人間関係が
一気に盛り上がっていくでしょう。
明るい出会いの気配がありますし
自分から好意を投げかけて、
素敵なレスポンスをもらえそうです。
1月後半から2月頭は
素敵なギフトを受け取れる気配もあります。

1月末から3月頭にかけては
非常に忙しい日々となるでしょう。
特に、2015年頃から少しずつ作ってきた
「任務のレール・
日常的な役割の軌道」
が、素晴らしい勢いでそのポテンシャルを
「開花」させるようです。
あなたの活動を多くの人が必要としますし
色々な任務が持ちこまれるでしょう。
あるいは、
これまでずっとガマンしてきた任務を、
ここでがらっと変えることもできます。
真に自分に合った働き方、生活のあり方を
ここで一気に整えることが可能です。

2月は遠出する場面もあるかもしれません。
勉強などにも追い風が吹きます。
特に、専門分野や得意分野、
好きなことを集中して掘り下げてゆけます。

3月から4月は、活躍の季節です。
仕事や対外的な活動において、
ぎゅっと濃い展開になるでしょう。
また、過去にやってきたことの
「見直し・やりなおし」
が必要になるかもしれません。
これは決して「悪いこと」ではなく、
過去に置き残してきた財産を
ここで取り返しに行く、
といったことだと思います。
ここで繰り返したことは、
大きな力になるでしょう。

3月半ばから5月前半にかけて、
人間関係はさらに熱を帯びます。
ここでは非常に刺激的な出会いがありますし、
また、誰かの「懐を借りる」ような形で
ぶつかっていける場面もあるかもしれません。
タフな交渉事や「真剣勝負」もありそうですが
一歩も引かない気合いで、
概ね勝利を収めることができるでしょう。
「味方」にも恵まれます。

4月は交友関係が盛り上がります。
会いたかった友だちに会えたり、
頼もしい仲間を得たりできそうです。

5月から8月前半にかけて、
誰かとの経済関係が大きく動きそうです。
人の経済活動にコミットしたり、
マネジメントを引き受けたり、
あるいは、価値あるものを受け継いだり、
といったことが起こるかもしれません。
人からのオファーや提案も多い時期で、
自分では選べないものを
人に選んでもらえる
といった面白さもあるでしょう。

5月半ばから6月前半は、
キラキラした雰囲気に包まれています。
楽しい時間をすごせるでしょう。
6月半ばから8月にかけて、
経済面で不思議な動きがありそうです。
失ったと思ったものが戻ってきたり、
少しタイムラグを置いて
「収穫」ができたりするかもしれません。

7月はコミュニケーションが盛り上がります。
また、7月半ば、
特別な「スタート」を切れるかもしれません。
少々神秘的な経緯を経て、
突然、自分でも意外な活動を始める
といったことが起こりそうです。

8月は、春の人間関係の盛り上がりや
熱かった真剣勝負に関して
「第二章」のような展開が起こるかもしれません。
保留になっていた回答を受け取ったり、
枝葉に関する決着がついたりしそうです。

9月は人との交流がとても濃密になります。
自他の境界線がどこか解らないほど、
密接に関わり、影響を与え
影響を受けることになるようです。
たくさん話し、たくさん聞いて、
人間関係がどこまでもふくらみ、育ちます。
学べることもとても多いでしょう。

10月はクリエイティブな活動に関して
「原点に戻る」ようなタイミングです。
本当にやりたいことは何か、
自分に向いているのはどんなことなのか、
可能性や伸びしろを確認し、
人の意見ではなくあくまで自分の責任で
大切なものを選び取れるでしょう。

11月は2018年の中で
星座を問わず大きめの節目です。
蟹座の人々にとっては、
主に「任務・責任・役割」に関して、
大きな転機が巡ってくるでしょう。
2015年から2017年頃に地道に創り上げた、
あなたの生活や業務、努力のレールが
ここへ来て、
新たな輝きを見せます。
2015年から2017年に
「耐える」べきテーマだったのが
ここからは「解放」のテーマとして
新しい意味を持ち始めるでしょう。

また、11月から12月は
旅の季節でもあります。
かつてないほど遠い場所まで、
遠征することになるかもしれません。
ここでも、愛と創造性が
大いに育つ機会があるようです。


[愛について]


冒頭から書いたことの全てが、
愛について当てはまります。
もちろん、冒頭からのことは
愛だけに留まるものではないのですが
愛というテーマの側から考えたとき、
あなたの全力の愛と、
相手との永続的な関わりと、
この2つの条件の整合を図るのが
2018年の、蟹座の愛の目標です。

2018年はストレートに言って、
蟹座の人々にとって、
壮大な愛の季節です。
パートナーを得る人も多いでしょうし、
子供を授かる人も少なくないはずです。
この時期に恋愛がはじまって、
2020年頃に結婚する、
といった展開もあり得ます。

愛に関する価値観も
大きく成長していくでしょう。
恋愛観や結婚観は、
2018年の経験や思考のなかで、
様変わりしてしまうはずです。
愛する力は、経験や努力によって
大きく育てることができます。
愛の場では、
だれもが素晴らしい学びを得ます。
自然に心が開かれて、人間を知り、
自分を知ることができます。

恋に落ちるのは一瞬で、
ほぼ、自動的ですが、
愛するには時間がかかります。
また、相手のためを思う、ということには
正解がないがゆえに、
不安と苦労の連続です。
愛するということは
それがどんな愛でも
決して簡単なことではありません。
でも、たぶん、愛は
大変だからこそ、
幸福なのだろう、という気もします。
愛の苦心と愛の充足は、
交換条件のような物ではありませんが
どうしても、連動しています。

私たちは
「自然にできあがったもの・
労せずに与えられたもの」
では、なかなか
満足も充実もできないものだそうです。
ただ天から振ってきたものより、
わずかでも自分で作ったもののほうが
より、価値あるものであり、
信じられるものだ、
と思えるのだそうです。
ただ与えられるだけの甘い愛には
私たちはいつか、不安を感じます。
でも、相手のためをひたむきに考える愛なら
私たちはその愛を
心から信じることができるのです。
蟹座の2018年の愛の世界は
おそらく、
そういうふうにできているはずです。

2018年一杯、
愛の追い風が吹き続けますが
特にドラマティックなのは
1月、3月から6月前半、
8月半ばから年内一杯です。
毎日が愛の日、と思っていても
間違いないような2018年です。


  ***********************


2011年頃から、
蟹座の人々は何らかの形で
「社会的立場における自由」
を模索してきているようです。
たとえば、会社などの組織からの自由、
古い力関係からの自由、
ガチガチのシステムからの自由、
もはや意味を成さない規範意識や
形骸化した伝統からの自由など、
長い戦いの末に、
いくつかの自由を勝ちとってきた人も
少なくないはずです。

2018年は、そうした
「社会的な自由の模索」が、
収束していく時期となります。
これまでは自分を飲み込もうとする、
重力のような社会的な大きな力から、
ロケットさながらに離脱を試みてきた、
そういう経緯があるのではないでしょうか。
そろそろ、
「自分を縛り、
包み込もうとするものからの自由」
が完成しつつある中で
あなたは、更に新しい「自由」を
模索し始めるのかもしれません。
それは言わば、地球からの離脱を終え、
今度は太陽系からの離脱を目指す
といったシフトです。
あるいは、太陽系や銀河系から離脱を果たし、
「次はどこに向かおうか?」
と、新たな夢を模索し始める自由、
ということなのかもしれません。

憧れや夢を抱くことは
漫然と生きていても
なかなか、できません。
夢を見たいと願い、
憧れられる物を探そうとする、
ある程度以上に意識的なアクションが
もしかすると、必要なのだろうと思います。

幸福を受け取りたい
愛されて満たされたい
というような受動的な「夢」は、
ロケットを引き留めようとする
大地の重力にも似ています。
そうした受動性の重力から
全力で離脱を始めようとする、
その節目のタイミングに
この2018年という、大きな
「愛と関わりの時間」
が置かれていることは、
祝福すべきことだと思います。

なぜなら、しばしば
自由と孤独は、
ワンセットでイメージされるからです。
2018年の蟹座の人々は、
決して孤独ではありませんし
この先の未来にも孤独にならない方法を
たくさん会得することになっています。
人と出会い、人と関わり、愛し合って、
それを永続させること。
そして
「受動性の重力からの離脱」の開始。
両者が連動しているこの2018年は、
非常に大きなスケールで
「人生を満たす人間関係の全てを
再構築する時間」
のように見えるのです。





****
オリジナルの毎日の占いから詳しいホロスコープの占いまでがっつり読める「石井ゆかりの星読み」
そして、書籍『星ダイアリー2018』『3年の星占い 2018-2020』もよろしく!!!