人に何かをしてもらいたいとき、
どうすればいいでしょうか。
自分から何も言わなくても
相手が思い通りに動いてくれたら
もちろん、
それ以上のことはありません。
でも、こちらの要望に関して
相手が全く気づいていないか
あるいは、
「やりたくない」と思っているなら
ことは厄介です。


気を変えさせること、
誘導すること、
誘うこと。
こう書くと何か悪辣なようですが
たとえば、
子育て中の人にとっては、おそらく
当たり前の発想だろうと思います。
子供が嫌がるのを無理に従わせようとしても
なかなか、良い結果になりません。
命令して従わせたり、
怒鳴って脅したりするのではなく
本人にその気になってもらうには、
どうしたらいいか。
これはもちろん、なによりも
子供のためになることなのです。


レストランに、
雰囲気の良いBGMがかかっているのは
お客さんの気持ちを和ませるためです。
香水を付けるのは、
身近な人に心地よさを感じさせ、
あるいは、
清潔さを感じて欲しいからでしょう。
掃除するのも、洗濯するのも、
そこに住む人の気持ちを
明るく気持ちよくするためです。
自分自身の気持ちもそうです。
騙したり、支配したりということでなく
私たちは様々な方法で
「人の心を変化させよう」
と日々、試みているわけです。


2018年、双子座の人々は、
そんなふうに、
人の心や物事に、
優しく熱心に働きかけて
変化の方に導いていく
という取り組みをするようです。
ムリヤリ押しつけたり、
強引に従わせたりするのでなしに
人や物事の中にある思いを、
より望ましい方向に導き、
可能性を引き出そう、
という試みを続けて
成果を挙げられる時なのです。

粘り強い説得とか、
丁寧なプレゼンテーション、
「三顧の礼」のような熱心な誘いは
人の心に深く静かに響きます。
私たちは自分の心を
自分で思うほどには、
コントロール出来ません。
「絶対この話は受けないぞ」
と思った件なのに、
相手の熱心な行動を見て
なぜか自分から
「引き受けましょう」
と言ってしまう瞬間が
巡ってきたりするのです。

恋愛でもしばしば、
そういうことは起こります。
最初から両者合意の上での
一目惚れ対、一目惚れ!
という展開も確かに、
ないわけではないでしょう。
でも、そうではなく
最初は一方の片思いで、
次第に、他方もその人に惹かれる
という展開の方が、多分
多いのではないかと思います。
相手に
「自分を好きになってください!」
と頼むこともできますが
頼んだからと言って
「好きになってもらえる」かというと
そういうわけにもいきません。
「好き」ということは
意志ではなく、
思いだからです。
思い、感情、心。
これは、
時間をかけて少しずつ変わるしかない、
本人にもコントロール出来ない分野です。

2018年、双子座の人々は
そうした
「命令したところで、
お願いしたところで、
すぐにはどうにもならない」
ようなことに、
積極的に取り組むことになります。
健康法などもその代表です。
少しずつ毎日続けていって、
やっと効果が表れます。
自分自身の心であっても、
少しずつ働きかけて、
変えていくことができたりします。
やる気がないのにやる気を出すのは
ほぼ、不可能ですが、
たとえば、身体を動かすとか、
儀式的なルーティーンを作るとか、
時間の使い方を工夫するとか
様々な形で
自分自身のやる気を
「引き出す」
ことができるわけです。
こうした試みの積み重ねで、
生活が、ひいては人生が、
すこぶる明るい変化を遂げます。


マネージャーや上司のような立場で
人の力を引き出し導く
という経験をする人もいるでしょう。
子供を指導したり、
介護的なサポートをしたり、
という活動をする人もいるかもしれません。
風邪薬が決して、
風自体を治しているわけではなく、
ただ症状を抑えるだけで、
風邪が治るのは、
その人の自然治癒力による、
という話をききますが、
人を導いたり育てたりするのも
風邪薬に似ている気がします。
成長するのはその人自身の力で、
サポートする側は、
その成長力がどうすれば
「出やすく」なるか
ということを
見つめてゆく必要があるはずです。

自分自身に対しても
他者に対しても
状況や物事、環境などに対しても、
その内なる力を無理に引きずり出すのではなく、
たとえば、
光を示してトンネルの出口に導く
といったような作業が
2018年の双子座の人々の
メインテーマとなるだろうと思います。
なにかが上手く行かないとき
自分で決めたルーティンが守れなかったとき
「もっと頑張らなければ」
と自分を責めるのではなく、
「ルーティンを守れなかった」
という事実をまず、受け入れて
「ならば、どうすればいいか」を
精神論でなく、あくまで具体的に
考えなおしていくことができます。
自分の心を誘い出して、
自分をその気にさせて、
できるようにする、というのが
今年の考え方の
ある種のポイントとなるかもしれません。


[時期について]


年明けはいろいろな人から
サポートの要請や提案など
「お声がかかる」でしょう。
あなた自身では選ばないような
意外な物を進められて
試してみたら結構合っていた!
などということも、
起こりやすいかもしれません。

1月半ばから2月にかけては
遠出する人が多そうです。
旅先では、
不思議な出会いもあるかもしれません。
また、この1月下旬から3月半ばは
人間関係が熱く盛り上がる時でもあります。
刺激的な出会いに恵まれたり、
タフな交渉に臨んだりする人もいるでしょう。
「対決」「勝負」のような雰囲気も。
人と向き合い、
臆することなく挑んで、
得るものの多いときです。

3月から4月は、
仲間との関わりに恵まれます。
特に、古いチームを再結成したり、
旧友と再会したり、
といったことが起こりそうです。
また、古い夢にハタキをかけて、
もう一度目指してみよう!
と思えるかもしれません。

3月半ばから5月半ばにかけて、
熱いオファーを受けるかもしれません。
あるいは、
人から何かを「譲りたい」と言われ
それを受け取るための準備をする
という人もいそうです。
人との距離感がいつになく縮まり、
誰かの人生と自分の人生が交わる、
その重みを深く実感できそうです。
また、ある種の誘惑も多いかもしれません。

4月は視野が広がり、
行動範囲も大きくなる、
軽やかな時期です。
4月後半から5月中旬は、愛に恵まれ、
キラキラした空気に包まれるでしょう。
「美しくなれる」時期でもあります。
ファッションやヘアスタイルを刷新し
「変身」する人もいそうです。

5月から8月にかけて、
「遠征」の時期となっています。
何か大事なものを求めて
遠くまで出かける人が多そうです。
また、2011年頃から
ずっと無意識に求めてきたもの、
憧れてきたものがあれば、
それに手を伸ばすために旅に出る
という人もいるようです。
さらにこの時期は
勉強や研究活動にも気合いが入ります。
知的な行動範囲が広がる時、と言えます。
特に6月から8月は
コミュニケーションが盛り上がります。
多くの人と対話できますし、
教えられることも多いでしょう。
さらに5月半ばから7月は、
経済面で嬉しいことが起こりそうです。
欲しいものが手に入るでしょう。

7月は
家族との時間がとても温かくなります。
身近な人との交流が活性化します。
一番褒めてもらいたい人に
晴れて、褒めてもらえるかもしれません。

8月は愛の季節です。
好きなことがたくさんできますし
行きたい場所にも行けるでしょう。
また、クリエイティブな活動にも
強い追い風が吹きます。
インスピレーションが湧き、自由自在に
アイデアを現実にできそうです。

9月から11月前半は、
5月から8月の「遠征」の、
「第二弾」が起こりそうな時期です。
もう一度遠くまで出向いて、
何かを得て帰ってこられるでしょう。
あるいは、ここでの遠征は
あなたの新しい役割に
結びついてゆくのかもしれません。

10月は、
過去に仕込んで置いた種が
ふと、芽を出すような時です。
やりはじめてはみたものの、
結果がいつになることか・・・
と思っていたことがあれば、
この辺りで成果が出始めるかもしれません。
逆に、この時期仕込んだことは
少しタイムラグを経てから
結果が出てくるようです。

11月から、
人間関係とパートナーシップの時間
に入っていきます。
ここから2019年に跨がって一年ほど
多くの出会いに恵まれますし、
公私ともにパートナーを得る
という人が多いでしょう。
すでにパートナーがいる人も
ここから、相手との関係を
大きく育てていくことができます。
自分にとって、
パートナーシップとは何か
というテーマに
自分なりの答えを出していけそうです。
また、11月は
非常に楽しい時期でもあります。
遊びや趣味にも精が出そうです。
古い趣味が「復活」する気配も。

さらに、11月半ばから12月、
大活躍の季節となっています。
仕事や対外的な活動の場で
「勝負をかける」人が多そうです。
これまで助けてきた人が
ここで、あなたを逆にサポートしてくれて
それが力となってチャンスを掴める
というようなことも起こるかもしれません。

年末は素晴らしいギフトを受け取れます。
これは、あなたの過去一年の努力への
「お礼」「報酬」
のような意味を持っているはずです。



[愛について]

少し遡りますが、
2017年は双子座の人々にとって
素晴らしい愛の季節だったはずです。
「何もなかったよ」
という人もいるかもしれませんが、
だとしても、
温かな思いを交わしあえる誠実な他者
との関わりは、何らかの形で、
生まれたのではないでしょうか。

ただ、2017年までは
一対一で向き合ったときの
「人」全般に対して、
ある種の距離感や緊張感が
ぬぐい去れなかったのではないか
とも思います。
だとするならば、2018年は、
その距離感、緊張感から
ふわりと解放される時期と言えます。
2018年、あなたは愛に対して
あまり警戒心を抱かずに済むでしょう。
人とごく近い距離に座っても
ハラハラしたり、イライラしたりせず、
相手の人間としての温度が伝わるのを
楽しむことができるでしょう。

2017年の愛は、とても実質的です。
愛する人との間で
「何を与え合えるか」を考えてゆけます。
これは、たとえば
パートナーとの経済関係、
役割分担などにも表れます。
平たく言えば
「向こうの方が稼ぎが多いから
自分は家事を多目に引き受けなければ」
などのバランスが
どんなカップルにも多少はあるはずです。
全く公平・平等に運営できる場合も
もしかしたら、あるかもしれませんが、
自分の方が負担が大きくて辛いとか、
相手の負担が大きいことに罪悪感がある、
などの思いがある方が
たぶん、マジョリティではないかと思います。
単純に稼ぎと家事負担を
取引のようにバーターにできるものではなく、
お互いの心のあり方や生き方、
得意不得意、思い込みや価値観など
様々な要素がからみあって、
お互いの生きる「現実」ができています。
この「現実」が今の段階で
歪みやアンバランスをはらみすぎているならば
2018年はそれをガツンと解消できる時期です。

正面きっての対話ももちろんですが
この分野にも、冒頭から述べたような
「誘う・導く・少しずつ変える」
ような手法が有効かもしれません。
熱心で粘り強い、
お互いのリアルに即した調整が
この時期、しっかり展開して行きます。
苦手だからやらない
と決めつけていたことを、けっこう、
できるようになるかもしれません。
あるいは、
「これは絶対、相手にはできない」
と思っていたことが
やってみたら割りと簡単に
上達したりするかもしれません。
お互いのポテンシャルに期待を持ち、
あくまで現実的に働きかけあう、
ということが2018年、
とても上手くゆく気配があるのです。


フリーの人も、
電撃的な出会いを求めて
真正面から挑む!
ということもあり得るとは思いますが
ごくリアルな生活の中に、
あるいは、
散文的であまり魅力を感じない場に、
出会いの芽があるかもしれません。
お見合いを続けて来て上手く行かないなら、
お見合い以外の活動の場に
妙味があるかもしれません。
一方、紹介やお見合いなどを避けていたなら、
「やってみる価値があるかも」
と思えるようになるかもしれません。
これまでとはちがったアクションの中に、
意外な小さな芽が出てくる、
そういう年だろうと思います。

愛に追い風が吹くのは4月下旬から5月中旬、
8月から9月上旬、11月から12月頭です。


  *****************************


日々少しずつ、
でも、結果的には、
とても大きく。
2018年の双子座の人々の変化は
そんな道筋をたどるでしょう。
もちろん、
全ての試みが成功するわけではなく
文字通りの「試行錯誤」が
続けられていくだろうと思います。
ある方法が上手く行かなければ
別の方法を試す必要があります。
元々、無類の企画力を誇るあなたには
汲めども尽きぬアイデアが湧いてきますし、
そのアイデアを片っ端から試して
素晴らしい成果を挙げられるだろうと思います。

さらに、このプロセスには
重大な副産物があります。
それは、人からの信頼です。
この時期のあなたの試行錯誤は
人から信頼され、
人を信頼する、という
得難い宝物に直結しています。
それも、ただ頭で
「この人は信じられる」
と思ってもらえるだけでなく、
「あなただから、
この役目を任せよう」
「あなたなら信頼できるから、
私の大事なものを管理して欲しい」
などのアクションで
その信頼が示されるはずなのです。
ここでの信頼は、
この先ずっと長く
あなたの財産になります。
前述で
「少しずつ、でも大きく変わる」
と書いたのは、
あなた自身の人生と
あなたを信頼する人の人生、
その両方です。





****
オリジナルの毎日の占いから詳しいホロスコープの占いまでがっつり読める「石井ゆかりの星読み」
そして、書籍『星ダイアリー2018』『3年の星占い 2018-2020』もよろしく!!!