サイン本、完売したそうです、
お買い上げくださった皆様ありがとうございました!(11/6追記)

****


去年も伺った熊本は長崎書店さん
今年もサインをしにお邪魔してきた。

IMG_0649.jpg


駅の、くまモンの生首・・・

一泊二日の駆け足のツアーだったが、
20時過ぎに到着してまずは
しゃるまんばるーるさんへ。
IMG_0634.jpg

去年と同じ
この迫力!
IMG_0635.jpg


味も変わらず、最初の一口はジュースで、
そこにジンを注ぐと、魔法をかけたように、
さわやかな味になる。

赤くてキラキラしたものを見ると無性にわくわくするのは
採集時代の習性が残っているのだろうか・・・・。


一年前に伺ったきりなのに、私のことをおぼえて頂いていて
とても嬉しかった。
毎日たくさんのお客さんが訪れるお店なのに、、すごい。。
流石プロ(感服


翌朝、起きてすぐ原稿をやった後、
ホテルを出て熊本城の方へ向かった。

IMG_1717.jpg


白いものがかけられて、クレーンが、、
修復作業の真っ最中なのである。


IMG_0650.jpg


新聞にも出ていた。そうか、瓦か、、
2019年復旧を目指しているそうだ。


IMG_1720.jpg


中にはまだ、こんな感じで、入れない。

でも、復旧を見守れる散策ルートがある。

IMG_1721.jpg


これに沿って少し歩いてみた。


もともとこうだったのが
IMG_1725.jpg


今はこんな感じ。

IMG_1728.jpg



これからどんどん風景が変わっていくだろう。

随所に
「絶対に復旧する」
という信念みたいなものが感じられた。
お城は、この土地の人々にとって、
文字通りの「象徴」なのだ。
単なる建物ではないのだ。

そして、今のこの記憶も、いつか、ひとつの歴史として語られるようになるのだ。


くるっと曲がって、
去年吉田さんの個展でお邪魔した和の國さんへ。

IMG_1732.jpg


店主の茨木さんは洋服を全て捨てて和服でずっと暮らしている方で、
本も書かれている
この日も当然和服だった。
突然お邪魔したのに、そして一年前に一度お会いしたきりなのに、
スタッフの方も、茨木さんも、
私をおぼえていてくださって、
再会を喜んでくださって、・・・嬉しかった;;)

しかし
美しい帯や着物がたくさん目に入って、キケンなので、
また来ます、と、お店を後にした(爆

呉服屋さんは、ただ美しいものをうつくしいと思えばいい世界なので
あぶないのである。
それに、
洋服屋さんなら、私の場合はサイズの大問題があるが
和服は、サイズの問題がないのである。。
なので、うっとりしているうちにいつのまにかお財布が・・・・キケンなのである(!)。


和の國さんを出てちょっと歩くと雨が振ってきた。
さらに
ラーメン食べたい
と思っていたところに
目の前にラーメン屋さんが出現したので
入って食べたら
すごく美味しかった(感涙

IMG_0636.jpg


お店は一燈灯さん
隣に座った方が替え玉を食べていて
私も是非とも食べたかったのだが、体重的な配慮により、かろうじて踏み止まった(涙


でも・・・・替え玉・・・食べたかった・・・・・

・・・・50円で半替え玉もあったのに・・・・・・・・・

食べればよかった・・・・orz


・・・・・2日たった今でもちょっと後悔している(未練


その後
とうとう目的地、長崎書店さんへ。

IMG_0640.jpg



書店員の松本さんが対応してくださった。
『3年の星占い』と『星ダイアリー2018』をやまもり、サインした。

IMG_0644.jpg


『星ダイアリー』のサイン本を作るのは、今年は初めてだったのだが
なんとなく「ひとこと」を、長めに書いてしまった。


ふと壁を見ると

IMG_0645.jpg


酒井駒子さん・・・・・!!


IMG_0647.jpg


ああ!

いろんな方が、長崎書店さんを応援してるんだな、、と
なんとなく、うっすらした連帯感、のようなものを、勝手に感じた(すみません(汗


お店を出てふと、松本さんの胸元に目が行った。

それは!

IMG_0648.jpg


「3年の星占い」!!

エプロンの茶色と合っていて、カワイイ・・・・・(うさこちゃんもカワイイ

なんか
うれしかった(えへ

松本さんは、今回もお手紙をくださった。
星の王子様のイラストのカードだった。
私はサン・テグジュペリと誕生日が同じなので
なんとなく「あ、わたしの」と思ってしまう。
あとでメッセージを読んで、胸があたたかくなった。


「このあとどちらへ」と聞かれ、時計を見ると一時間ほど余っていたので
長崎次郎書店さんへ、と答えると、
「では、直接色紙を・・・」と言われた。

そう
お店にかざるためのPOPを、長崎書店さんと長崎次郎書店さんのために二枚、
書いていたのであった。

たしかに
行くなら直接渡した方がいいよね

さっき渡したのをまた受け取って、次郎書店さんへ向かった。

長崎書店さんもだが、長崎次郎書店さんも本当にイイ書店さんで
棚を見ているとつい、本がどんどん欲しくなる。

「持って帰るのは大変だから
思い切ってまとめてたくさん買って、宅急便で送ってもらおう」
となって、
「どうせ送ってもらうなら、買おうと思ってた本をぜんぶ買っちゃえ」
となって、
結果
山のように買ってしまった--;)

本を買ってお会計をして頂いて
そこで
なんて言ったらいいのか・・・
と思いながら色紙をお渡しし、
もごもご説明をした(爆





とてもよろこんでくださって、
あとで、とても素敵なメッセージを頂いた。


今回はただ「サイン本を・・・」というお話だったのだが
私自身、去年の地震のあと、熊本がどんなふうになっているか、気になっていたこともあり
「では、行って書きます!」
と、おしかけてしまったのだ。
どんなことでもそうだが、
自分から行くのは、勇気が要る。
ご迷惑だったらどうしよう・・・・と
言ってしまってから気が気でなかったのだが
短時間の中で
去年と同じに、いや、去年以上に良くして頂いて、
ものすごくほっとした。
安心して、うれしくなって、いつのまにか顔が笑っていた。

この日は「三年の星占い」発売日であり、全国の読者の方々から
ツイッターでいろんなメッセージを頂いた。
言わば「本がスタートした・動き始めた」時間に、
出不精の私自身も「動き」の中にあって、
たくさんの声と一緒に動いているような、
一人なのにとても賑やかなような、
不思議な、新鮮な時間を過ごした。


本を買ってくださった皆様、
熊本の皆様、
本当にありがとうございました!!!