こんにちは、石井ゆかりです。
夏休みも終わって、秋に入りますね。
今年は10月が、節目感が強いので、
その直前の9月は「大詰め感」があるかもしれません。
去年の秋ぐらいから始めたことが
そろそろ終盤、大団円に向かいつつある、
そんな雰囲気を感じている人も少なくないかもしれません。


水星は8月なかばから逆行していて、
9月5日に順行に戻ります。
5日は火星が乙女座入りする日でもあり、
さらに翌日の6日は魚座の満月ですので、
5日・6日あたりは空気がばきっと切り替わる感じがあるかもしれません。
ここで「新しい局面に突入する」感じが濃厚です。


10日に水星が乙女座入りすると、
乙女座3星集合で、乙女座祭り的な雰囲気になります。
一番集まるのが20日、この日は月と金星を含めて
5つの星が乙女座に大集合します。
すごい賑わい感です。
乙女座の人に「新しい動き」が起こりやすいのはもちろん、
他の星座の人々にも、ある一つのテーマがググッと強調されているような、
何らかのテーマに関して新しい決断をし、スタートを切るような、
そんな節目となるでしょう。

月末は木星と天王星がオポジションを形成します。
ここもなかなか鉄火な感じです。
天王星は2011年ごろから、
木星は去年の秋からそれぞれ、一つの物語を紡いできているわけですが
両者がぱーんとぶつかってスパークするような、
華やかな雰囲気が感じられます。
この形は「関係性の変化・化けるつながり」を感じさせる部分もあります。
天王星は時代的にとことん新しい、
フラットなネットワークのようなつながりをイメージさせる星で、
天秤座は1対1の結びつきをつかさどる世界です。
人と人との関係性の新しい可能性が見えてくるような
「もっとこういう関わり方もあるよ!」
という提案が行われるような、
そんな出来事が起こるのかもしれません。

29日、冥王星が順行に戻ります。
4月下旬から逆行を続けていた冥王星ですが
ここで順行に戻ることで、
人の野心や欲望、力への憧れ、あるいは非常に大きな力関係、といったものに関して
ある種の「ねじれ」が解消されるような動きが起こるのかな、、
と想像しています。


今月はそんな感じです。

----
12星座わけの月間占いが読める
「星読み」 http://star.cocoloni.jp/campaign.cgi?cpno=1300763876 もよろしく!!