チームに所属していた1プレイヤーが
選手を引退して、監督となったとします。
同じ世界に身を置いているにも関わらず、
今まで見えていたのとは全く違う風景が
そこにひろがっているだろうと思います。
チームの中でのポジションや立ち位置は、
その人の活動の、言わば「アイデンティティ」です。
すなわち、少なくともプレイヤーとしてのアイデンティティは
周囲との関係性において定義されている、
ということになります。

「監督」もまた、チームとの関係性においてなりたつ立場です。
ですが、プレイヤーとしてチームの中にいるときと、
監督として関わる時とでは
その関係性は大きく異なっているはずです。
そのもっとも大きな点は、おそらく
プレイヤーの場合は
「試合において自分の出せる力は、自分のものだけ」
ですが、監督になると
「試合において、すべてのプレイヤーの力を用いることができる」
ことではないかと思います。
自分だけの力しか使えない状態と比べると
その広がりは絶大です。
自分のパフォーマンスではないものを、
自ら「用いよう」とするとき、
そこには全く別の面白さと広がりが生じるわけです。

小説と演劇のあいだにも、
似たような関係があるように思います。
私が書いているのは「占い」ですが
ここに書いていることを勝手に語る「登場人物」が
生身の人間で目の前に立ったとしたら
それはもう、私が書いた文章という枠組みを遙かに超えた
無限の可能性を持つだろうという気がします。
すくなくとも、私が想定した「全体の文脈」には
おさまりっこありません。
小説には、全体を掌握しきっている神様がいますが
それが生身の人間によって演じられるお芝居になったとき、
もはや、全体を支配しきる存在はいなくなってしまうのです。

2017年は、射手座の人にとって
ちょうど、そんな変化が起こる時期ではないかと思います。
これまで「一人」でやっていたことを、
もっと多くのパワーを統括する立場として
発展させていけるのです。
あるいは逆に、チームのメンバーから監督になるときのように
貴方は少なからず、今までより「孤独」になるのかもしれません。
でも、それはもちろん、監督への就任とおなじで、
ぜんぜん「悪いこと」ではありません。
むしろ、今まで人から受けていた制約から自由になって、
とことん自分だけの発想で戦えるようになる
ということだろうと思うのです。

私たちは生まれた時から、
周囲の人々との関係性の中で
「自分」を定義します。
たとえば、戸籍がそうです。
戸籍には、住所と続柄、生まれた日付などが書かれます。
これは全て「関わり」です。
名前も、親族や親、誰か大人がつけてくれます。
生まれたとたんに自分の名前を自分で決めることはできません。
昔は、個人の名前であっても
その人固有の名前ではなく
親や祖父母の名前から文字をとったり、
誰かの名前をそのままつけたりと、
名前自体が「関係性」そのものだったこともあります。
アイデンティティは、そうした関係性と密接に繋がっていて
だからこそ、たとえば幼い養子を迎えた親御さんは
本人にそのことをいつ伝えるべきか、
少なからず悩みます。
また、自分の産みの親や育ての親がわからない、という人も
叶う限り自分のルーツを辿ろうとしますし
どうしてもわからない部分については
自分なりにそのことに関する「考え」を組み立て、
みずからその考えを「ひとつのこたえ」へと、
時間をかけて育ててゆくことになるようです。
子供から大人になっても、
関係性からアイデンティティを定義しようとする試みは
ずっと続いていきます。
ある種の肩書きや社会的立場に憧れたり、
自分の所属している組織に誇りを持ったり、
人に会ったら出身地や学歴を聞き出したりするのは
そういうことの一端なのだろうと思います。

チームの一員だった自分のアイデンティティと
監督としてのアイデンティティとは
かけはなれたものがあります。
チームの中での関係性から離れて
晴れて監督となったとき、
古いアイデンティティから脱皮して
新しい「自分」の感覚を作り直さなければなりません。
2017年の射手座の人々が経験するのは
そういうことなのではないかと思うのです。
古い関係性の中にあった「自分」と、
新しい関係性の中の「自分」は、
その像が、必ずしも一致しないのです。
これは、自分という人間の人間性が変わってしまう
ということではなく、言わば、
「眠っていた新しい自分が内側から出てきて、
それに、新しい名前をつける」
というようなことなのかもしれません。
たとえば、ごく幼い子どもにも、そういうことは起こります。
一人っ子だったところに弟や妹が生まれ、
「おにいちゃん・おねえちゃん」になる、
といったようなことです。
「おにいちゃん・おねえちゃん」である、という事実は
単に肩書きや呼び名が変わる、ということに止まらず
本人の心の中に、人柄の中に、
深く浸透して、アイデンティティの一角を成します。
関係性が変わると、アイデンティティが変化する
とは、つまりそういうことです。


  *****************************

[時期について]

1月は家の中がバタバタしそうです。
引越や家族構成の変化など、
かなり大きな変化も起こるかもしれません。
普段、照れくさくて話せないようなことも
この時期は、結構思い切ってたくさん話せるようです。

2月から3月にかけては、
すばらしい「愛と創造の季節」です。
恋愛や子育てには強い追い風が吹きますし
クリエイティブな活動をしている人にも
ドラマティックなチャンスが巡ってくるでしょう。
この時期の「旅」には
特別な意味がこもっています。
出かけた先で「これが自分を呼んでいたのか!」と
深く納得させられるようなことが起こるかもしれません。
このストーリーは、8月の出来事と繋がっている気配もあります。

4月は非常に忙しくなるでしょう。
ガンガン行動して、タスクをどんどん捌いていけます。
一方、家族や身近な人に対しては、
たとえば「しゃがんで子供に目線を合わせる」ような
丁寧で細心なコミュニケーションが必要になるかもしれません。
心の全力で向き合い、
大切なものを救える・守れるようなタイミングです。

5月は人間関係が熱い季節です。
人から大いに刺激を受けられますし、
タフな交渉事に臨む人も少なくないでしょう。
この時期は貴方の情熱や夢、創造性が
交渉や競争における「勝利」に直結しています。
遠慮したり、自説を引っ込めたりしない勇気が求められます。

6月は少し落ち着いた雰囲気の中で
「人のニーズに応える」「人の提案にレスポンスする」
ことが強調されるかもしれません。
自分から最初の一歩を踏み出すのではなく、
まず相手のアクションを全て見て取ってから
自分が動く、という段取りになりそうです。

7月は人と会うのがとても楽しく感じられるでしょう。
7月から8月にかけては、
誰かに会うために遠く旅をする人が少なくないはずです。
この「旅」には、何か特別な縁が絡みついていて、
その縁をたどって、愛やチャンスを掴めるかもしれません。

9月から10月は、大チャンスが巡ってきやすい時期となっています。
社会的肩書きが大きく変わるような選択をする人も
少なくないだろうと思います。
特に10月は、木星という星が居場所を変えます。
木星は射手座の支配星であり、
物事の流れがここで大きく変わる「潮目」となるでしょう。

11月は、過去にやってきたことが
今の貴方に面白い果実をもたらすようです。
少し前の自分を褒めたくなるような出来事が起こるでしょう。
また、意欲的な仲間から刺激を受けて、
自分も頑張ろう、という勇気が出てきそうです。

12月は、過去と未来を一気に見渡せるような
不思議にスケールの大きなタイミングです。
2015年頃から背負い続けて来た重い荷物や孤独から
ここで、やっと解放される、という人もいるでしょう。
「お疲れ様でした!」
と申し上げたいような年末です。
穏やかな優しい、そしてフレッシュな気持ちで過ごせるはずです。

[愛について]

2011年から、射手座の人々はずっと
「愛のミラクル」の時間を生きてきました。
2017年はその最後の山場となりそうです。
「最後」というとなにかが終わってしまいそうですが
決してそうではありません。
たとえば、ラブコメディの映画などでは、
物語の「山場」というのは、たいてい
愛が危機に瀕するようなシーンを指します。
2011年頃から今に至るまで、
ジェットコースターに乗ったようなスリリングな愛の物語を
ずっと辿り続けて来た人も少なくないだろうと思うのですが
その「スリル」の部分、
つまり、危機感や不安定さのある部分が
2017年いっぱいくらいで一応の収束を見るだろう、
ということなのです。

特に2017年の前半は、
射手座にとって幾重にも強調された
「愛の季節」となっています。
愛の星・金星と情熱の星・火星が
貴方から見て「愛の部屋」に同座するだけでなく
この金星はそこに引っかかったように
初夏まで長居してくれるのです。
この間、愛をとことん追求していけます。
「与える愛」と「受け取る愛」を、
両側から丹念に体験し、研究していけるはずです。

2015年からの孤独感は、
愛の世界にも色々な影を落としていたかもしれません。
愛を感じつつも一人で立つことを余儀なくされたり、
愛の袋小路で立ち止まったような状態になった人も
もしかしたら、少なくなかったかもしれません。
2017年も、「一人で歩く」ことは、
まだ続いているテーマではあるのですが
それ以上に、愛の強い変革の風が吹いている、
ちょっと特別な時間となるだろうと思います。
貴方の「孤独」もかなりこなれてきて、
それが「孤独」ではなく、実は「自立」であったり、
あるいは愛に向かうための一種の「自覚」のための時間だったりした
ということが、そろそろわかってくるのかもしれません。

愛に追い風が吹くのは2月から6月頭、
さらに7月、そして年末です。
また、2月と8月には、遠い距離を超えて愛が生まれるような、
少しミラクルな出来事が起こるかもしれません。

  *****************************

欧米の俳優やミュージシャンが
かねてからあこがれていた大スターと共演するようなとき
「とても興奮しています」
と語ることがあります。
英語での「エキサイト」「エキサイティング」という表現を
「興奮する」と翻訳されているのだと思うのですが、
日本語での「興奮する」という言葉のイメージとは
ちょっとズレているようにも思えます。
日本語の「興奮」には、
常にないような精神状態に置かれて混乱している
といったイメージがありますが、
おそらく、憧れの大スターとの共演を前にした「エキサイト」は、
光栄さから来る緊張と、
ワクワクするような希望の入り交じった、
深い尊敬の気持ち、というようなものではないか、
と思うのです。
緊張感と情熱と気合いの混合体、のようなものが
「興奮」と訳されているのかな、と思うのです。

憧れの大スターは、「高見にある存在」です。
自分がその、限りなく高い場所にいるはずの存在に
ある意味「触れる」ことは、即ち
「自分の世界」の外側に出て行くようなことではないかと思います。
自分の住むちいさな世界から、
もっと大きな「外側の、未知の世界」へと
連れ出されるようなことなのだろうと思うのです。
そこでは、新しい名前が与えられ、
新しいアイデンティティを培うことを求められます。
2017年の射手座の人々が経験するのはおそらく
そういう経緯の「エキサイト」だろうと思います。
これが可能になるのはひとえに
貴方が2015年頃から、ひたむきに闘い続けてきたからです。
貴方の努力こそが、2017年、
貴方自身を新しいステージにぐいっと押し上げてくれることになるのです。