「過去は変えられない」
と信じられています。
でも、実際「過去」ほどに
コロコロ変わっていくものもないような気がします。
たとえば「石碑」が建てられるのは
その一つの証拠なのかもしれません。
どんなに偉大なことも、
どんなに大きな出来事も、
人間の生きる時間の流れの中では
おどろくほどすぐに忘れられてしまいます。
それをよく知っていたからこそ
昔の人々は「石碑」を建てたのだろうと思います。
その石碑も風雨にさらされ、文字が削られて
やがて読めなくなり、うちくだかれて
忘れられてしまうことになります。

忘却や記憶違い以外にも
「過去の変化」はあります。
たとえば、私たちは今が望ましい状態だと
「過去に起こったことはみんな、
この望ましい状態に至るための、
必然的な道のりだったのだ」
と考えます。
一方、今が望ましくない状態ならば
「過去に何か原因があったのだ」
「過去の選択が間違っていたのだ」
というふうに、
過去を「悪・失敗」と解釈します。
更にその状況が好転して、
日々を満足して過ごせるようになると
「あの時は辛かったけど、
あの辛い時期があったからこそ、今があるのだ」
と、全ての過去の意義が反転するのです。

私たちは「今」と「ほんの少し先の未来」を基準に
過去の持つ意味を次々に読み替えていきます。
これは個人の生活に止まらず、
歴史自体が、そのようにできています。
歴史は全て、勝者の手によって作られる
と言われます。
古代には常に勝利した支配者が歴史を編纂していたので
たとえば、異なるルーツを持つ為政者が製作した歴史書は、
必ずしも相互に整合しないのだそうです。

中には、
「私は、過去に起こったことは全て必然だと思うし
未来への糧とするしかないと思っています」
と言う方もあります。
たしかにそうです。
この考え方は、たぶん、
多くの人に採用される所だろうと思います。
ただし、この考えを「全うする」には、
ひとりひとりが自分で絶対にやらなければならない、
大事な作業があるのです。
それは、
自分個人の歴史という、あくまで個別具体的な物語を
自分の手でちゃんと辿って、解釈する
という作業です。
過去に起こった個別のことを吟味しないまま、
まるで外側からシートのようなものでくるみこむように
「すべてが未来の糧だ」
と片付けてしまうことは、できないのです。
自分の物語を細部までちゃんと読み込んで
その深い解釈として
「これは、今の自分のために必要なものだったし、
これからの自分にもきっと、意味があったのだ」
と、はじめて価値を授けなければならないわけです。

ポジティブな考え方を示すアフォリズム(箴言)には、
様々なものがあります。
どれも大変役に立ちますが、
それらを利用するときには、どうしても
「自分の歩いてきた、自分だけの道のり」
というものへの深い理解が必要になります。
過去にフタをするように、
ポジティブな箴言をぺたりと貼り付けて
そこから未来に向かうことが出来るか、というと
けっしてそうではありません。
もとい、そういうことが必要な場面もあります。
ややこしいことはとりあえずおいておいて、
とにかくがむしゃらに進むべき時
というのも、人生にはたくさんあります。
でも、2017年という時間は少なくとも
蠍座の人々にとって
「自分だけの物語」の
解釈と意味づけが必要な時間だろうと思うのです。

2017年、蠍座の人々はもちろん、
とても前向きに前進し続けます。
胸は希望に膨らんでいるはずですし
なにより、2015年頃から育て続けて来たものが
とても深く根を張り、幹も丈夫に大きく育って、
安定的に実をつけ始めることに
ゆたかな喜びを感じられるだろうと思います。

だからこそ、なのかもしれませんが
「ここまでの道のり」を、心の奥底で
深く辿りなおしたくなるようなのです。
中には、過去に挑戦して失敗してしまったことに
再度、挑戦する人もいるかもしれません。
ここで成功を収めることができれば
すなわち、過去の失敗の意味も、大きく変わります。
最終的には成功を収めるための、
絶対に必要な通過点としての失敗だった
ということになるからです。
そして実際、そのとおりなのです。
私たちが過去を現在から逆算して意味づけるのは
決して、過去をゆがめたりごまかしたりする
ということではありません。
むしろ、「今」という時間を使って
全力で過去に意味を与え、
そこからさらに、未来に向かうための力を得る
ということをしているのです。
過去は、単に「過ぎ去ってしまった時間」ではありません。
歴とした「人生の、生きている一部」です。
私たちが今を生きている限り、
過去も生き生きと生きていて、
今が変われば、過去もまた
生き物として大いに変容していく可能性があるわけです。

誇りも、自信も、ルーツや愛情も、
すべて過去に根っこを持っていて
過去によって常に意味づけられ、価値を与えられています。
2017年、蠍座の人々の多くが
「今目の前にあるもの」と過去との深い関係に気づき
その関係の中で、大切な変容を遂げることになるでしょう。
たとえば、買い物などで
「手に入れたもの」も
過去の欲望の結果です。
「手に入れたもの」がタンスの肥やしになってしまえば
過去の購買行動は「無駄づかい」にしかなりませんが
「手に入れたもの」の役割をみつけ、
頻繁に使う様になれば
過去の購買行動は「お宝ゲット」ということになります。
ここまでに手に入れたもの、実現したことのなかで
「まだ使い途を定めていないもの」
「『その先』を描けていないもの」があれば、
2017年、貴方は「その先」を見つけることにより
過去の出来事の意味を変えていくだろうと思います。
これはごく卑近な例ですが、
もっとダイナミックで深遠な物語の中で
蠍座の人々は、自分が今まさに生きている物語の
新しい筋道を見つけるのだろうと思うのです。

  *****************************

[時期について]

1月は愛と創造の季節です。
愛に強い追い風が吹きますし、
クリエイティブな活動にも、チャンスが巡ってくるでしょう。
とても楽しいタイミングでもあります。
好きなことに「没入」できそうです。

2月は仕事や対外的な活動において
ずっと頑張って来たことがいい意味で「化ける」かもしれません。
意外なところからお声がかかったり、
思いがけない賞賛をもらったりできそうです。
さらに、2月から3月は非常に忙しい時期でもあります。
これでもか!というほど、走り回らされるかもしれません。
この忙しさは5月のストーリーと繋がっています。
おそらく、この時期の忙しさを通して
貴方は自分が担うべき役割や適性について
新しい知見を得るでしょう。
この時期の調整によっては、
日常生活やルーティンワークを
今の自分にフィットしたスタイルへと、
根本的に変えてしまうこともできるはずです。

4月は愛に不思議な追い風が吹きます。
いつもは表からだけ見ている愛を
裏側から見てみよう
というようなことができるかもしれません。
あるいは、お互いの役割分担を反転させて、
より、理解が深まっていくのかもしれません。

5月は感応的・官能的な時期となっています。
世の中と「感受性」「身体性」によって向き合い、
得るものが多いかもしれません。
また、誰かが素敵なギフトを贈ってくれる気配もあります。
パートナーや関係者の経済活動にも
変化が起こりやすいときです。

6月は遠出したくなるかもしれません。
遠い場所から「呼ばれる」ようなこともありそうです。
また、向学心に火がつくときでもあります。
人と素敵な出会いに恵まれ、それが
未知なる世界への入り口となるのかもしれません。

7月から8月は、非常に忙しい時期となりそうです。
大きなチャンスが巡ってきたり、
努力が認められた結果、
新しいミッションがスタートしたりするでしょう。
特に「これまでやってきたこと」に
強いスポットライトが当たるようです。
過去に固執することなく、
過去に自信を持つことが大事です。
8月はかなりドラマティックな形で
社会的な肩書きが大きく変わる人も少なくないでしょう。

9月は大きな希望が生まれます。
やりたいことができる可能性が出てきますし
仲間にも恵まれるでしょう。
新しい夢に出会う人もいそうです。

10月は、貴方の星座に木星が入ってきます。
木星は「成長と拡大の星」で、
ここから2018年に跨がって、
貴方は大きな飛躍の時間を迎えることになります。
木星の時間は
「自分の可能性の畑を耕し、
その先12年をかけて育てて行ける幸福の種を蒔く」
時期であり、
一見、更地のように「何もなくなってしまった」ように感じる人もいるのですが、
そこは決して更地ではなく、
春先のポカポカ湯気を立てて新しい種を宿している、
活力と可能性にあふれた、フレッシュなフィールドなのです。

11月は希望や野心がどんどん膨らむときです。
これまでやってきたことと、これからやってみたいことを
手あたりしだい、パズルを確かめながらはめていくように
つなげようと試みられる時です。
ベストのコーディネートを探そうとするときのように、
部屋が一瞬、とっちらかった状態になるのは、
決して悪いことではありません。
どれだけ選択肢があるか、一度全部出してしまおう!
というような、華やかなタイミングです。

12月は一転して、すうっと焦点を絞れるようになります。
無数の可能性のうちから「本物」を探し当て
それに向けて一直線に進んで行く計画を立てられるでしょう。
さらに、2015年頃から経済面で
ひたむきな努力を重ねてきた人は
この年末、一連の努力のプロセスが「一段落」します。
3年前には何もなかった場所に、今では素晴らしい水路が引かれていて
これ以降はその水路から流れる水で、
ずっと貴方の生活を潤し続けることができるでしょう。

[愛について]

年明け早々、素晴らしい愛の季節となっています。
2017年の蠍座の「愛」の山場は
まず、1月から2月の頭に置かれているのです。
フリーの人も、カップルも、
精神的な結び付きを得て、
素晴らしい時間をすごせるでしょう。

さらに、2017年は
愛にとって救い・救われる
ような体験が出来る時でもあります。
前述のことは、愛がきっかけとなって実現するのかもしれません。
誰かと深く愛し合ったとき、
人は「生まれてきて良かった」と感じることがあります。
この世に生きていることをゆるされている
と感じることもあります。
愛し合う人々は、見返り無く相手のためを思い、
相手を支えるために動きます。
そうした行動そのものが、
人の心を救うことがあります。
愛は、人に対して
「ここにいてもいいよ」という
無限の承認を与えます。
私たちは自分がどこから来たのかも、どこに行くのかも解らずに産み落とされ、
なにもわからない世界と対決しながら生きることを強いられますが
そんな中で、愛を通してだけ、
私たちは
「無限の世界に自分も受け入れられた」
という不思議な実感を得ることができます。
2017年、そうした「愛の実感」を、
蠍座の人の多くが感じるだろうと思います。

愛に追い風が吹くのは他に
6月、8月、11月から12月です。
2月は不思議な形で「愛が生まれる・甦る」ような節目です。
10月は、愛が貴方の世界に「流れ込んでくる」ようなことも起こるかもしれません。


  *****************************

「気の持ちよう」「心のありよう」で、幸不幸は変わる
という説があります。
確かにこの説には、一抹の真実があります。
でも、まるごと納得できるかというと
そうでもないな、
と思う人もいるだろうと思います。
今この瞬間の気持ちをムリヤリ変えてしまえば
すべて薔薇色に見えてくる
というのは、
ある種のゴマカシのような気もします。
おそらく
「気の持ちよう」「心のありよう」を変える
ということは
そんなに簡単なことではないのです。
それはたとえば「生き方を変える」「過去の解釈を全て変えていく」ような
気の遠くなるほどの、心の営為です。

私の大好きな児童文学に『はてしない物語』(ミヒャエル・エンデ)という作品があるのですが、この作品の中で、
空想好きな主人公の少年が
ファンタージェンという「おとぎの国」のような場所にゆき、
空想の赴くままに「新しい物語」を作りまくります。
でも、実はこの世界から元の世界に戻るには
全ての物語を「おわらせる」ことをしなければならないのです。
無数の物語を全て完結させるなど、不可能だ、と
主人公は絶望しかけますが、
ファンタージェンで得た「友だち」が、
その厄介な役割を買って出てくれたお陰で、
晴れて元の世界に戻ることができたのでした。

主人公のバスチアン少年は、もともと、
家庭では不幸に見舞われ、学校ではいじめられるなど
あまり幸福な生活を送っては居ませんでした。
でも、ファンタージェンから帰ってきたとき
彼を取り巻く状況はすくなからず
前向きで明るいものに変わっていました。
バスチアン自身の変化によって、
彼の父親や周囲の人々もまた、変化したのです。

このお話の中で
「過去の物語を全部終わらせていく」
ということは、どういうことなのだろう、と
私はかねてから、不思議に思っていました。
でも、たぶん
「幸せかどうかは、その人の気の持ちようで決まる」
というのはもしかすると
この
「想像で生みだした過去の物語を全部完結させる」
ということに、繋がっているのではないか、と
最近、疑っているのです。
であるならば、それは
「ちょっと気持ちを変える」などという気軽なことではなく
途方もなく遠大な作業と言わねばなりません。

それでも、私たちはけっこう
そういう作業をやってきているものなのだと思います。
2017年の蠍座の人々もまた
過去に起こった出来事や、人知れず抱えてきた悩みや不安、
慢性的な傷など、
他人のそれとは決して比べたりできない、
絶対的な自分の内なる何事かについて
「お話を完結させる」ことができるのかもしれません。
それによって、あるべき世界に戻り、かつ、
あるべき世界の風景まで
明るく新しいものに変えていける、ということなのかもしれません。

ある種の重荷や縛りから
「解放される」ということが
2017年の蠍座の人の大きなテーマです。
この「解放」あるいは「ゆるし」がどこからくるのか、
それは、貴方にもわからないところがあると思うのですが
多分、愛する人と待ち合わせをして、
約束の場所まで自分から出向くように、
ある特別な地点で、そのことが
「眠りの森の美女」がキスで目覚めるように、
一気に展開していくのではないか、と思いました。