「貴方のことを、もっと知りたいです」
というセリフは、言わば
「慎重な愛・好意の表明」とでも言えるでしょうか。
この表現の中には、
「まだ貴方のことをわずかにしか知らないので
好きだと言っていいかどうかわからないけれども、
とにかく強い興味関心を寄せている」
という保留が含まれています。
更に言えば
「好きになるということは、
そんなに軽々しいものであってはならない」
という、心の戒めのようなものも
その根っこにあるのかもしれません。

恋愛に限らず、たとえば趣味などを尋ねられて
「まだやって日が浅いし、
そんなに詳しいわけではないし、
趣味と言っていいのかどうか……」
と迷ってしまうような経験は
誰にでもあるのではないかと思います。
「好き」「愛する」ということへの敬意や誠実さが、
安易に「好きだ」と表明することを
思いとどまらせているのだろうと思います。

更に言えば
「貴方のことを、もっと知りたいです」
というセリフには
もっと深い疑いも込められているように思えます。
というのも、私たちは何かを「好きだな」と感じると、
その対象の中に「好きな部分」のみを
無意識に探そうとするのです。
好きな対象の中に、さらに好きなものを探し当てていけば
好きな気持ちはどんどん膨らんでいきます。
まるで雪だるまが他の雪をくっつけて
どんどん大きくなっていくように、
「好き」は、自動的に膨らんでいくわけです。

でも、そんな風にして膨らんだ「大好き」な気持ちが
ある一瞬で、パンパンの風船がパチンと割れるように
ささいなことで壊れてしまう場合もあります。
「幻滅」という現象です。
文字通り、大きく膨らんだ「大好き」は単なる幻影で、
現実という鋭い針に触れたとき、
幻想が消え失せてしまうことがあるわけです。
たぶん、誰もが
「人から好かれたい」と密かに願っていますが
実際に誰かから「好きです」と言われたら
「それは幻想では無いだろうか」
「すぐに幻想の風船がはじけ飛ぶのではないか」
という恐れを感じる部分があるでしょう。
もちろん、相手の人柄にもよるでしょうし、
それまでの経緯や経験の積み重ねなどがあれば、
そんな不安は抱かなくて済むかもしれません。
でも、私たちの「好意」には、
そんな危うい部分があるのは確かです。

「貴方のことをもっと知りたいです」
という「慎重な愛の告白」は、
相手に対して誠実でありたいという以上に
自分自身の中に、そうした
「幻想の雪だるま」「幻想の風船」を
無責任に膨らませてはならない、
という戒めの気持ちがあるのではないかと思います。
更に言えば、生身の人間である以上、
どんなに「戒め」たところで
魅力を感じた対象の中に更に美点を探してしまう
という無意識の心の動きから、
私たちは完全に自由でいることはできません。

一瞬の恋の感情に身を任せればいいだけなら、
心惹かれた相手の中に、さらに好きなところを探して
それを膨らませていくことも悪くないと思います。
でも、相手に対して誠実でありたい、
自分自身も愛について責任を持ちたい、
長い愛の道を歩いてゆきたい、
と考えたなら、
たとえ恋の始まりのシーンであっても、
「自分との闘い」が発生します。
「貴方のことをもっと知りたいです」というセリフは
もちろん、それを用いる人の心情、シチュエーションによって
様々に意味が変わりますが、
たとえば2017年の獅子座の世界では、
「愛するということは、軽々しいことではないし
そんなに簡単なことでもない」
という、ひたむきで誠実な自己との闘いの
決意表明のようなものだ、
と言えるように思われます。

上記のことは恋愛を例に取りましたが、
あくまで「例」です。
もちろん、2017年にこの通りのことを恋愛で経験する人も
決して少なくないだろうと思います。
さらに上記の「例」は、
仕事でも子育てでも家族との関わりでも、
そのほかの社会活動でも、プライベートな取り組みや趣味、
人間関係、クリエイティブな活動に関しても、
十分当てはまるだろうと思います。
好きな気持ち、意欲、関わりたいと思う気持ち。
その気持ちが軽々しいものでなく、
常に「その先」を引き受けて行こうとするものであるとき、
私たちはその情熱の手前で
「これは本当に、正しいのかな?」と
自問することになります。
その自問の土台があってこそ、
愛も、創造的な活動も、しっかりと根を張って上に伸びていく
ということであるはずです。

人でも、何らかの活動や趣味、仕事などについても
「これを軽々しく自分のフィールドだと主張するわけにはいかない」
と考えたなら、
まずは、勉強を始めることになります。
2017年は言わば
「愛と情熱のための学び」
の季節と言えるでしょう。
2015年頃から貴方はそのような活動をすでに
スタートさせていたのではないかと思いますが
2017年は、愛と創造のための「学び」が、
急ピッチで展開して行きます。
学べば学ぶほど対象への愛情は深まるでしょうし、
「これを好きだと言っていいのだ」
という自信が育っていきます。
人でも、何らかの分野や取り組みでも、
ある対象を堂々と「好きだ」と言える自信は、
私たちのアイデンティティに直結しているところがあります。
自分自身を見つめてもどうしても見えなかったものが
何かを「好きだ」という気持ちの中で初めてみつかる
ということがあるわけです。
すなわち
愛するもの、好きなことについて自信を持つために学ぶ
という営為は、イコール
自分自身について学ぶ
ことでもあるのです。

  *****************************

[時期について]

1月は人から「受け取るもの」が、とても多そうです。
1ヶ月遅れのクリスマスギフトや、
面白い「お年玉」などを贈られて、
それが発端で面白い展開につながっていくかもしれません。
年明け体調を崩しやすい気配もありますが
上旬を過ぎる頃には復調できるでしょう。

2月は「ミラクル」の起こりやすいタイミングです。
貴方が積み重ねて来た努力が認められた結果、
何かを託されたり、誰かから受け入れられたりする
といった出来事が起こるかもしれません。
ここでの出来事は8月に起こる事と結びついている可能性が高いと思います。
さらに、ここでの出来事は「想定外」の要素を含んでいて、
まずは予想外のことでも柔軟に受け止めるところから
色々な可能性が広がっていくようです。

さらに、2月から3月は、
遠出する人が多いでしょう。
旅行や出張、留学など「大遠征」を試みる人もいるはずです。
武者修行を通して心から好きになれる対象に出会えたり、
「自分が進む道はこれだ!」という確信を得たりできるかもしれません。
さらに、「どうすれば自由になれるのか」がわかる
ということもありそうです。

4月は非常に忙しくなります。
大きなチャンスが巡ってくる時ですが
同時に、そのチャンスに一緒に取り組む人々の事情に
細かく対応する必要が出てくるかもしれません。
なんとなく「人に振り回される」感じもあるかもしれませんが、
時間をかけてひとつひとつの事情をよく見つめてみると
チャンス自体とそれらが、
意外な糸で繋がっていることがわかるようです。

5月は「野心」に火がつきそうです。
自然な追い風が吹いてきて
貴方の望みを後押ししてくれるでしょう。
「本当はこういうことがしたいんだ」
という思いを、
あちこちから間接的にサポートしてもらえることで、
道が自然にひらけていくでしょう。

6月は目に見える忙しさと、水面下での忙しさが
同時並行的に展開していきます。
かなり遠くまでを見越した仕込みをしつつ、
今目の前の舞台でも結果を出さねばならない、という
言わば「汗をかく」時期となりそうですが
思い通りの着地点にたどり着けるでしょう。

7月は「人」に恵まれる時です。
なにをやるにも「いい仲間」が集まってきてくれますし、
友だちと盛り上がれる場面も多そうです。
さらに、月の下旬になると
一気に忙しくなっていきます。
ここから8月にかけては、
獅子座の世界が大きなターニングポイントにさしかかる、
とても大事な「星の時間」と言えます。
何がほしいのかをしっかり見つめ、
どこに向かうのか、いつも考えながら
柔軟に歩を進めていくことになるでしょう。

9月はキラキラした雰囲気に包まれています。
8月中の少々混乱した雰囲気も落ち着いて、
ここまでにスタートさせたことを整理し、
着実に「軌道に乗せる」ことができます。
物事がスッキリ片付いて、
気持ちの良い日々をすごせるでしょう。

10月は、木星が「学習とコミュニケーションの部屋」から
「居場所・家・家族の部屋」へと移動していきます。
ここから2018年にかけて、
新しい家族を得たり、引っ越しして家を持ったり、といった、
様々な「居場所」に関する変化が起こっていくでしょう。
これは、単に「変わっていく」のではなく、
居場所が膨らみ、成長していく、ということです。
庭を育てるように、自分を取り巻く世界を育てていく、
とても生き生きした時間がここからスタートします。

11月はその最初のステップで、
「こんな場所に住みたい」「こんな家庭をつくりたい」
「こういう世界を創り出したい」
という夢が広がるでしょう。
まずは望みを持ち、望みに対して貪欲になることから
すべてが始まります。
身近な人の生活の仕方や家のありかたが、
貴方の心を刺激する場面もありそうです。

12月はとても楽しい季節となるでしょう。
2015年頃から重ねてきた、
愛や趣味、クリエイティブな活動、子育てに関する努力などが
ここで「一段落」します。
貴方の努力によって生まれたものの真価を
深く味わえる場面もあるでしょう。
愛に対する不安や疑念、自信のなさ、孤独感なども
この12月を境に、すうっと収まっていくはずです。

[愛について]

2015年から、愛に関して粘り強い努力を続けている人も
少なくないだろうと思います。
愛の世界で孤独を感じたり、
自分自身と闘い続けたりする中で、
「愛とは何か」という考え方・価値観が
根本的に変化してきた
という人もいるはずです。
2017年は、そうした「愛の山越え」が完了するタイミングです。
愛の世界での修行が終わりにさしかかり、
愛の師匠から「免許皆伝」になる、
というようなイメージの時間帯なのです。
前述のように
愛と「学び」が強く結びついていることにも
「免許皆伝」のイメージがよく重なります。
たとえば、婚約や結婚、出産や子育ての一段落などで
そうした「免許皆伝」を実感する人もいるでしょう。
あるいは、愛する人との関係の変化や、
良くない恋愛のパターンからの自主的な「卒業」をもって
「免許皆伝」を体験するひともいるはずです。
2017年の終わり頃、貴方の愛は、
冬の風にもへこたれることのない確かな強度をもって
貴方の世界の中心に、大樹のように枝葉を拡げているでしょう。
2年前にはちいさな弱々しい芽でしかなかったものがここまで育ったのは
運でも縁でもなく、
ひとえに、貴方自身の努力の賜なのです。

少々フライングですが、
2017年が終わり、2018年に入ると
貴方の愛の世界はもっと軽やかに、明るくなっていくでしょう。
筋力を十分鍛えた人が軽々と重いものを持ち上げて自由に動かせるのと同じで
2018年からの貴方の愛の世界は
伸び伸びと自由なものになっていくわけです。
2017年の終わりに、貴方は「修行」から解放されます。
そこでは、とてもあたたかくやさしい、
自信に満ちた気持ちになれるはずです。

さらに、2017年はもう一つ、
愛のポイントとなる星の動きがあります。
それは「食」です。
貴方の星座にドラゴンヘッドという、
食が起こるポイントが入り、
2月と8月に、奇跡を感じるような
不思議なドラマが起こる可能性があるのです。
愛の世界では、理屈では説明できないような不思議な事が
けっこう頻繁に起こります。
恋愛も、パートナーを得ることも、子どもを授かることも
第三者から見れば「誰にも起こる事」ですが、
当事者にとっては、奇跡としか思えないいくつもの出来事の重なりで
そうした愛のドラマが起こるわけです。
そのドラマを生きた人にしか
その「神秘性」は理解できないものなのですが、
2017年は獅子座の人の多くが
人との一対一の強い関わりの場で
様々な「神秘」を生きることになるだろうと思うのです。

2017年の中で、愛に追い風が吹きそうなのは、
2月から3月、5月、9月、12月です。
そして、前述のとおり、2月と8月は、
「愛のミラクル」の季節となりそうです。

  *****************************

学校での勉強では、多くの場合
カリキュラムを決めるのは先生です。
一方、趣味の勉強や大人になってからの勉強は
自分自身でカリキュラムを組み立てなければなりません。
つまり
「好きなようにやっていい」
ことになります。
何を学ぶかも、どう学ぶかも、
自分の自由に決められるわけです。
ですが、この「自由に決められる」という状況は
気楽そうで、決してそうではありません。
たとえば、フリーランスで働く人に対して、
「よくスケジュール管理が自分だけでできるね!」
と、感心したように言う人がいます。
自分の自由にできる、ということは、
自分で決めなければならない、ということで、
なかなか、大変なことなのです。

愛する人について学ぶのも
好きなことについて研究するのも
自分で考えて決めなければ、できません。
更に言えば、
それをやったところで、誰にほめられるわけでもなく
点数をつけてもらえるわけでもありません。
そんな状況で行動を起こすことは、
よほどの勇気と行動力が無ければ難しそうです。

2015年頃から、獅子座の人々は
「好きなこと・もの・ひとのために、自ら動く」
というある意味ハードな選択を
自らに課し続けて来たのだろうと思います。
これは、言わば「訓練」のようなプロセスで、
訓練は「最初の一歩」が一番辛く
後はだんだんラクにできるようになっていくものです。
2017年、貴方は訓練の成果のもと、
好きなことや好きな人に、
とても自由に知的アプローチができるようになっているでしょう。
真剣に話しかけて、ゆたかなレスポンスを受け取り、
華やかにコミュニケーションを膨らませてゆけるでしょう。
儚い幻想と違い、
膨らんだコミュニケーションの中で見えてくるのは、
リアルな感受性で受け取れる、相手の生身の感触です。
もとい、私たちは常に、自分だけの解釈の世界を生きるしかなく、
絶対的な現実などどこにもない
という意味では、
膨らんだ幻影の中に生きるしかないわけですが
そのことに絶望せず、
あくまで愛や理知の力で誠実に「わかろう」「近づこう」とする勇気を
獅子座の人はこの時期、持ち続けているだろうと思います。
そして、その勇気に触れた人々は
貴方をより深く受け入れ、愛することになるのだろうと思います。