ある時、知人がこんな話をしてくれました。

「子どもの頃、放課後に学校の校庭で
サッカーの試合みたいなことをして遊んでいたことがありました。
体育の授業でやって面白かったので、
少年サッカーをやっているような子たちだけでなく
運動が苦手な女の子なんかも混じって、
でも、田舎なのでけっこう広いスペースを使って
走り回っていたんですね。
で、一応、サッカークラブに所属しているような子達が
細かいルールやポジションの考え方なんかを教えてくれたり、
言わば『仕切って』くれるのですが
何しろニワカというか、シロウトがたくさん混ざっているので
なかなかまともな試合にならないんです(笑)」

「私も『シロウト』組で、
ゴールにボールが入ったら点が入る、
ということしかわからないので
とにかくボールがある方向に走る、みたいに、
何となく混ざってる感じになっていました。
足が速いわけでもないし、
何となく走っていれば、
がんばってるっぽくなるわけです。
そんな最中に、ふと、自分の近くにボールが転がってきて
敵がそれを追いかけてきたので
私も必死で追いかけて蹴ったら、
ボールが、外に出ちゃったんです。
私としては、それをひろって、上手な味方にパスをしてもどそう、
と思っていたので、
しまった、失敗した、と焦りました。
そしたら、ちゃんとサッカーを知ってる男の子達が
なんと、『ナイス!』みたいにいっせいに褒めてくれたんです。
つまり、外に出した方がイイ局面だったわけです(笑)
自分ではなにをしたのかわからなかったんですが
ああ、今ちょっと活躍できたんだ、と思って、
それは、嬉しかったですね。
その記憶があるから、詳しくはないですけど、
サッカーは嫌いではないです」

これを聞いていたもう一人の人が
こんな話をしました。

「そういうことってあるよね。
ちょっとちがうかもしれないけど、
他の人たちが自分の仕事をしていて
ふと、自分の前にぽっかり空間ができていて
そこが自分の仕事になっている、みたいなことが。
誰かに役目を与えられるのでもないし、
命令されるのでもないんだけど
みんなが自分の役割に必死になっている状況で
いきなり自分の前に、
ぽかんとあいた場所が見えて
そこが自分のポジションになる、みたいな」

人から「貴方はこれをやってください」と指示されれば
それを不満に思うかどうかは別として
何をすればいいか、明確にわかります。
でも、現実の世界では、なかなかそうはいきません。
就職活動で「やりたいことはなんですか?」と聞きまくられたり、
人に「何をすれば良いですか?」と尋ねても
その人自身、何をすべきかわかっていなかったりします。
自分が何をすべきなのか、何ができるのか、
見つけ出すのは至難の業で、
何歳になっても
「自分の真の任務とは、本当にやるべきこととは、
いったい、どんなことなのだろう?」
と首をかしげる思いから
完全に逃れることはできないのかもしれません。

そんな中でも
前述の会話にあるような現象が起こる場合があります。
目の前に不意に誰もいなくなって、
「ここに走り込んでいけばいいんだ」
と、身体でわかる瞬間です。
誰が言ったのでなくとも、約束されたわけでなくとも、
任命されたり指名されたりしなくても
味方全部が自分に今、期待していることがわかる
という瞬間が巡ってきます。
もとい「期待されている」のですら、ないかもしれません。
みんなが自分なりにできるポジションを選んだ結果
ひとつだけポジションが余っていて
それこそが自分のものだ
と感じられる瞬間がある、ということなのかもしれません。
自分も含めた関係者全員の関係性の網の中に
不意に炙り出される「自分のための空白」こそが
真に創造的な「使命」なのだ、と
その瞬間は、信じられるのかもしれないと思います。

私たちは、人から何かを頼まれたり、
任されたり、頼られたりすることを
純粋に「嬉しい」と感じられることもあれば、
少々迷惑に感じられる場合もあると思います。
「人の都合で振り回される」のは
あまり気持ちのいいものではありません。
自由にやりたいことがあるなら、尚更です。
でも、少なくとも2017年秋までの蟹座の人々は
「周囲の関係性の網の中で、
一瞬、自分のためにぽこんとあいたポジションを引き受けて行く」
ことに、面白さを見いだすようです。
これは「残り物には福がある」といった話ではありません。
「みんなが嫌がることを引き受ける」といった類の話でもありません。
その「ぽこんとあいたポジション」は
貴方の中にある何事かと
目に見えない赤い糸で繋がっているようなところがあるのです。
そのポジションは、貴方の方から立候補したいような
望ましいものかもしれません。
かねてから狙っていたポジションかもしれませんし
最初はぴんとこなかったけれど
やってみたら自分にぴったりだとわかる
というようなことかもしれません。
更に言えば、冒頭のサッカーの子のように、
「思いがけなくみんなを助けることができる」
ような活躍なのかもしれません。
多くの人を助け、守ることは、
蟹座の人の習性のようなものです。
この時期、貴方が半ば望んでで引き受けるであろう役割は、
ほかならぬ周囲の人のニーズによって、
堅牢に構築されている「居場所」なのです。

  *****************************

[時期について]

1月は遠出する機会が多いかもしれません。
遠くから呼ばれたり、
自ら会いたい人に会いに出向いたりと、
長い距離を超えての愛と情熱の物語が展開するでしょう。
12日前後は、スケールの大きな転機が巡ってくる気配があります。
満を持して、思い切った決断をする人も少なくなさそうです。

2月は経済的に面白い動きが起こりそうです。
努力を重ねてきたことがあれば、
思いがけない形で「成果」が出るでしょう。
ここで得られる経済的果実は
さらに新しいチャンスを呼び込んでくれるかもしれません。
2月は、非常に忙しい時期でもあります。
大舞台で大活躍する人もいれば
重要なポジションに「抜擢」される人もいるはずです。
独立や結婚などを経て、
社会的な肩書きか変わる可能性もあります。
非常に目立つ立場に立つことになるようです。

3月は少し状況が穏やかになり、
周囲との調和やチームワークに心を配ることになります。
さらに、未来の展望をしっかり見据えて
計画を周囲と共有する必要も出てくるかもしれません。
自分一人の心づもりにとどめず、
意識あわせをすることが、
「その先」に繋がっていきます。

4月は懐かしい場所に「再訪」することになるかもしれません。
年明けに出向いた場所をもう一度訪ね、得るものがありそうです。
1月からがむしゃらに取り組んできたことがあれば、
この4月にきちんと状況を整理して
足りないものを足したり、過剰な部分をそぎ落としたりし、
この先の長い展開に備えることもできるでしょう。
月の前半、思わぬ「ブレイク」が起こる気配も。

5月は気持ちのいい忙しさに包まれます。
ここまで努力したことがきちんと形になって、
様々な果実を随所で受け取れそうです。
賞賛されたり、高い評価を受けたりする場面もあるかもしれません。
キラキラしたチャンスに恵まれるでしょう。

6月は「熱い」時期です。
気合いを入れて自分と闘い、
確かな結果を出せるでしょう。
奮闘して「一皮むける」ようなタイミングです。
この時期は仲間のサポートに恵まれるため、
自分の闘いに周囲を巻き込んで
「みんなの成果」を目指すこともできそうです。

7月も6月の熱気が続きますが
月の下旬には一段落するでしょう。
人から見えない所で支えてもらったり、
逆に、人を無償で助けてあげたりするところから、
新しい信頼関係が生まれるかもしれません。

8月は経済面での動きが大きそうです。
誰かが貴方に素晴らしい贈り物を授けてくれるかもしれませんし
あるいは、この先長く使っていける水路や水車を
自分の手で作りはじめることができるのかもしれません。
「あたりまえのこと」として続けて来たことを
誰かが思いがけない形で評価してくれる気配もあります。

9月はコミュニケーションの輪が大きく広がります。
いろいろな人と語り合い、様々に学んで、
価値観を勢いよく育てて行けます。
宝物のようなメッセージを受け取る場面もあるかもしれません。

10月は「愛と創造と自己表現の部屋」に
木星が入って行きます。
2016年秋からここに至るまでの
「居場所・住処の構築」が一段落し、
こんどは自分の好きなことをめいっぱいやろう!
という気分が漲ってくるかもしれません。
これまで「誰かのために生きる」ことを最優先していたなら
ここからは「自分のために生きる」ことが
視野の中心に置かれるでしょう。

11月はとても楽しい時期となっています。
やりたいことが次から次へと出てきますし、
人からたくさんの愛情を受け取れそうなタイミングでもあります。
また、引越や家族構成の変化など
環境が変わる可能性もある時期です。

12月は、好きなことをするための「調整」に
力が入るかもしれません。
これまで周囲のために背負ってきた任務の一部を手放したり、
先にやるべきことを片付けてしまって2018年の「時間を確保」するなど、
周囲の協力を要請して、自分のための道筋をつけることができる時です。
これは、貴方の「ワガママ」ではなく、
むしろ周囲の人々の方が、それを強く望んでいるかもしれません。
2015年頃から背負ってきた重い任務から、
年末、解放される人も少なくないでしょう。

[愛について]

2017年の愛は「10月以降」が本番です。
では、10月まではなにもないか、というと
決してそんなことはありません。
むしろ、貴方が2010年頃から見つめ続け、
考え続けて来た「愛のシナリオ」を、
2017年10月から実現していくことになる、と考えると、
2017年の前半も、非常に大きな意味を持つことが
おわかりいただけると思います。

恋とは病気そのものである
と看破(?)する人もいるほどに、
恋愛感情には怖ろしいほどの威力があります。
欲も悪くも、第三者に
「いつものあの人とは違うね」
言わしめるほど、
恋の感情が人柄を変えてしまうこともあります。
そうした、ハッキリした暴風のような恋の感情とはまた別に
心の奥底で、誰にも、自分自身にも悟られないまま
ずっと燃え続けているような「思い」も
世の中には存在します。
それを愛と呼ぶのか、恋と呼ぶのか、
名前をつけようもないままに、
ある人を
「特別な存在としてどうしても無視しがたく感じる」
「自分と相手が決して切り離せないように感じる」
という現象が起こることがあります。
2010年頃から、貴方は自分の中に、
あるいは誰か身近な人の中に
そうした思いがずっと燃え続けているのを
うっすらと感じていたかもしれません。
もしそうなら、2017年秋までの時間の中で
貴方はその、密かに燃え続けた燠火のような思いを
注意深く見つめ、取り出して、
適切な「かまど」を与えることが必要になるかもしれません。
そうすれば、2017年10月以降、炎は新たな燃料を得て
勢いよく、かまどのなかで燃え始めるでしょう。

2017年、愛に追い風が吹くのは1月、4月、8月、
そして10月以降です。
特に11月から12月にかけては、
非常に熱い愛の時間となっていくはずです。
さらに2018年にまたがって、
蟹座の愛はスケールの大きい成長期を迎えることになっています。

  *****************************

人生は生活で作られていて、
生活は習慣で作られています。
2017年は、最もベタな「生活」と「習慣」を
人生の理想というような大きなスケールの観点から
じっと見つめていくことになるでしょう。
さらに見つめるだけでなく
忙しく手を入れ、調整を続け、
自分に最もぴったりくる形に、カスタマイズを繰り返せるはずです。
このプロセスはすでに2015年の後半くらいから始まっていて
2017年に「完成」します。
2018年以降の貴方の人生がどのように展開して行くか、が
2017年の「生活設計」「習慣の設計」にかかっている
と言ったら、大袈裟だと思われるでしょうか。
毎日10分15分の活動が
10年20年で大きな成果に繋がっていくことは
誰もが知っている事実でありながら、
なかなか実践できない営為です。
2017年は、足元で、手元で、一番身近な所で
そうした長期的な仕込みができるタイミングと言えます。

「人生の理想のために、生活習慣を構築する」
などというと
ストイックでしんどい、ジミなつまらないこと
と思われる向きもあるかもしれません。
ですが、2017年という時間を包んでいるのは
もっと楽しく、わくわくするようなムードだと思います。
なぜ「ワクワクする」のかと言えば
それは、前述の「ポジション」が関係しているのかもしれません。
この時期貴方が活動する舞台は
前述のように、
ある程度以上に「周囲の人々の都合」で作られています。
ところで私たちは、
「全くフリーハンドの状態」よりも
多少枠組みが決まっている状態の方が
「自由」に振る舞いやすいようなのです。
たとえば、小学生の頃など、
短い休み時間に大いに盛り上がった遊びを、
一日中休みの日にやってみたら何となくダレて盛り上がらなかった
というようなことがあったのではないでしょうか。
あるいは、家庭科の実習などで
「どんなメニューでもいいので、自由に作ってください」と言われるよりは
「サラダを作りましょう、サラダの基本はこうです、
あとは各自、何を付け加えても良いので、
ツナサラダでもフルーツサラダでも、自由に作ってみてください」
と言われる方が、工夫したい気持ちが容易に湧いてくるのではないでしょうか。
もとい、どちらがモチベーションがあがるかは、
人による、としか言えないわけですが、
少なくとも2017年の
「人生の理想のために、生活習慣を構築する」
という営為は、全くのフリーハンドのもとに行われるのではなく
「今目の前に在る周囲の事情の組み合わせ」
の中で営まれていきます。
いくつかの枠組みがあって、その中で
「どう工夫するか」を考える場面が多いだろうと思うのです。
この「どう工夫するか」という試みに、
ひとつひとつ、効果が出てくると
日々が俄然、面白く感じられるようになるでしょう。

あるいは、2015年頃から仕込んできたそうした積み重ねの真価を、
2017年10月以降、試してみることもできそうです。
2017年秋以降は、
貴方の内なる創造性や情熱を爆発させる場に恵まれる時期です。
「日々の積み重ね」が舞台の上でどんな威力を持つものか、
貴方自身が、もっとも驚かされることになるのかもしれません。