☆☆

12星座別の5月の占いは、
『石井ゆかりの星読み』でどうぞ!!!

☆☆



こんにちは、石井ゆかりです。
2月頃から急激に状況が変化し続け、
現在、多くの人が普段とは違った生活を余儀なくされています。
最前線で闘っていらっしゃる皆様、
不安と不自由に苛まれている皆様、
置かれた場所でみんながそれぞれの苦悩を抱える中、
一日も早い収束を願うばかりです。


星は粛々と動いており、
この5月は特に、11日から14日くらいの中で、
バタバタバタッと流れが変わります。
折しも、海外では11日頃からロックダウンの段階的解除が始まるのでは、
といったニュースを目にしましたが、
徐々に状況が変化し始めるタイミングなのかなと思います。
ただ、星的には、この5月中旬の動きは、
「スッキリぬけだした!」という感じとはちょっと違っておりまして、
どちらかといえば
「小康状態」
「階段の踊り場」
「小春日和」
「一時停止」
みたいな雰囲気が感じられる動きなのです。
あくまで「星的に」で、そして私というポンコツが読んでいるだけなので、
地上で起こっていることに対しては何の裏付けもないわけなのですが、
星占い的には、「ちょっとひといきつこうや」みたいな感じが強いのです。

動きとしては、
11日に水瓶座土星が逆行開始(9月末まで)
12日水星が双子座入り
13日火星が魚座入り、金星が双子座で逆行開始(6月下旬まで)
14日木星が山羊座で逆行開始(9月半ばまで)(冥王星と重なっている)
というラインナップです。
何度も「逆行」が出てきていますが、
これがまさに「一時停止」感の源です。
今までガンガン前進していた流れが、
ふわっと止まって、逆流し始めるわけです。
しかし、このままずっと逆流かというとそうではなく、
「逆行」は地上から見たところでの、
言わば「錯覚」のようなものです。
なので、また順行に戻ります。
つまり、順行に戻って、
更に前進して突き抜けてくれてはじめて
「脱出した!」感が出るのかなと思うのですね。
それは、12月頃の動きが、そんな感じであればいいなあ……
という気がします(土星・木星が水瓶座へ抜けてグレートコンジャンクション)。

だいぶフライングになりました。

個人的な生活の中でも、
4月からの流れが5月上旬まで続いていて、
中旬を境に流れがバタバタッとかわって、
6月にむかってひとつの雰囲気が醸成される
といった展開になるのではないかと思います。
ちなみにこの5-6月は、
7月以降の「牡羊座火星時間」という闘いの時間に向かう直前で、
「闘いの準備」の時間といった雰囲気もあります。


5日にドラゴンヘッドが双子座入りしますが、
これはなかなかキラキラした動きです。
というのも、ドラゴンヘッドは双子座で高揚、
つまり調子が出やすい、いいところが出やすいとされているからです。
ヘッドはテイルとセットになっておりまして、
当然、射手座ドラゴンテイルも高揚です。
ドラゴンヘッド・テイルには色々な解釈がありますが、
一説に、「縁を扱う」「関係を扱う」とされています。
白道と黄道の「交点」ですから、
「関係」と言われればなるほどという感じがします。
これ以降、人と人、物事と人、物事と物事の関わりが、
不思議と活性化し、噛み合い、歯車が勢いよく回っていく、
といったことが起こっていくのかもしれません。

7日は蠍座で満月、海王星とほぼトラインで、水星も噛んでます。
蠍座満月は「どばー!!」という、
押さえ込まれていた感情のダムの決壊!
みたいなイメージの形なのですが、
今回は海王星トラインがあって、非常にスケールが大きくなっています。
意識にのぼる感情、無意識の感情、
私たちは、自分で自分のことを、ほとんどわかっていないようなところもあります。
そうした「わかっていない」ところが、
どばーん!
と出てくることによって、
誰より自分がびっくりして、状況を変える勇気にかわる
というようなこともあるかもしれません。

23日、双子座の新月ですが、こちらは水瓶座土星とトラインで、
ここも長期的な「スタート」を感じさせる形になっています。
思いつきで気軽に始めたようなことでも、
結構この先長く続いていく、とか、
社会の動きの本質を捉えている、
といったことがあるのかもしれません。


月末29日、水星が蟹座に移動し、
8月頭までの長期滞在となります。
水星は「水星」のくせに、水の星座ではあまり調子が出ないとされています。
「水星」なのは漢字の世界の話で、
マーキュリーの足には翼の生えたサンダルがついており、
濡れると飛びにくいんだろうなと思います。
でも、私たちは頭だけでなく、
「心で考える」
こともできる生き物です。
また、頭だけで考えたことではどうにもならなくても、
心での考えがまとまれば
それは自然に、行動の変容に結びつきます。
同じ「自分を守るため」という発想での思考であっても、
どんなレイヤーで、どんなスケールで「自分を守る」かで、
アクションはまったくちがったものになります。
今まで自分が重ねてきた判断は、
果たして本当に自分を守ることに繋がっていたのか。
そのことを、腰を据えて考えることができる時間となりそうです。


今月はそんな感じです。


☆☆

12星座別の5月の占いは、
『石井ゆかりの星読み』でどうぞ!!!

☆☆