宍道湖といえばシジミが有名ですが、隠れた名物があります。

それは鮒🐟

冬の時期の鮒を「寒鮒」といって、古くから平田、は斐川を中心に食されています。

蔵Bar結には県外からお仕事で松江にいらしているお客様も多く、また地元でも鮒を食べたことが無い方もいらっしゃるので、ぜひその美味さを味わっていただきたく、「寒鮒を食す会」を開催しました。

お魚屋さんが捌いて下さった寒鮒の刺身はピンク色で綺麗💕
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3108.JPG
新鮮でコリコリ
脂がのっていて甘〜い💕
寒鮒は全く臭みがないのです。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3110.JPG
アラ汁にフキノトウを散らしたら、最高に美味しいです💕

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3109.JPG
無農薬野菜などを使った手料理もチレッと😉

平田から搾りたての新酒、岡山から地酒の差入れもあり、皆さんと一緒に楽しく美味しくいただきました❣️

私が作ったキャラクター、寒ブナ子ちゃんもご満悦でございました☺️
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3075.JPG

温かくなると臭みが出てくるので、次は来年のお楽しみ。

旬の食べ物は生きる糧ですね😉