詳しくは息子の話。

うちの息子は発達障がいのADHD。
相手は、ダウン知的障がい。

息子の特性上、
イライラMAXになったら八つ当たり。
今回は大きな声を出し、
床にペットボトル投げつけたそうです。

特別支援学校では、
感情がMAXにならない様に、
どう自分をコントロールするか
頑張ってます。

息子の言い分は聞きました。
確かに、分かる!気持ち分かる!

でも。

お互い、
気持ちを汲み取る事が苦手だよね。
相手も頑張ってるけど、
気付かない、
出来ない事を
息子の意見や指摘を無視したからと、
暴言や暴力に訴えても通用しないんだよ。


うちの息子、スポーツは勝負!
相手方の気持ちは分かりませんが、
楽しく参加かな。




私の職場でも、トラブルはあります。

しかし、
トラブルがあった時、
間に入って何が出来るか、
今後どうしたら良いか考えます。
当人が
トラブル回避のスキルも
付けないといけないので。

だって多様性の世の中でしょ?

今回は、障害者特有のトラブルでしたが、
なんとも私的に、
え???
となった結果が来ました。

ご子息のされた件について、
団体として検討した結果、
活動はご遠慮下さい。

と、メールが来ました。

喧嘩両成敗。(元々喧嘩ではないが)
今後についてお互い歩み寄り。

では無く、
やはり暴言、暴力をした息子が
身を引くかたちになりそうです。

ただ息子は今反省しております。
間違った態度をとった事、
しっかり伝えたいそうです。

母ではない、支援者として考えた事は。

やはり1番息子を理解してあげられる人が側に居なかった。気持ちを汲み取る人が居なかった。クールダウンをしてあげられなかった。
要は、味方が居なかった。

自閉やダウン症の方々が多い中、
発達の女子、保護者はいるものの、男子保護者が居なかったと記憶しています。

不注意、衝動の特性。
理解出来ますか??

健常者のイライラだって
時にラケットが飛びますよね。
感情むき出しの闘争心出ますよね。

世の中に後少しで、出て行く息子に、
繰り返し教えて行くしかないのです。


母としての気持ちは、
好きなスポーツがどうしてもやりたい息子をどうしたら復帰出来るか、閉ざされる道をもう一度開けられるか。


健常者でもあるトラブル。
パラスポーツの世界は視野が狭いです。