_var_mobile_Media_DCIM_181APPLE_IMG_1349.JPG


児童虐待の根絶に向けた要望書

~こどものいのちはこどものもの~

目黒区で船戸結愛ちゃんの虐待死という大変痛ましい事件が起きました。

そして過去たくさんの虐待のニュースも報じられてきました。

虐待のニュースに向き合うのは大人でもとても辛いことです。

しかし、今この時も虐待に傷つき脅かされている命があることを思うと、大人がそんなことではダメだと深く反省しました。

こどもの命を守ろうと大人が声をあげなければいけないのです。こどもは自分でなかなかSOSを出せませんから。

勇気を出してSNSで声をあげたら、本当にたくさんの方が同じ思いだということがわかりました。その声は数百万人以上にリーチしています。

こどもを持つ人、こどもを持たない人、過去虐待された人、虐待しそうになった人、してしまった人。

「普段社会問題や政治的なことはつぶやかないけれどこれはおかしい」という人もとても多い。

みんな向き合う決意をし、社会全体が虐待に対し意識を高めること、そして虐待がなくなる政治が行われることを切望しそのために声をあげています。

言うまでもなく、児童虐待は決して許されるものではありません。しかしながら、この最悪の状況を生み出した原因は「親の資質」だけでしょうか?

児童虐待は、家庭の経済状態、地域・社会からの孤立など複合的な要素が絡み合った結果だと、これまでのケースを見ても明らかです。

つまり、児童虐待は誰にとっても決して他人事ではなく、この問題を無くすことは今の社会に生きる大人たち全てが共通に課せられた責任なのです。

今まさに危険な状況にある「こどものいのち」を守るために、問題家庭に早期介入し、こどもを一時保護するなどの体制整備はもちろん急務であります。しかしながら、それは既に発生している問題への「対処療法」に過ぎません。

私たちが本来目指すべき社会とは、虐待そのものを起こさない社会です。


子どもは、朝4時に起きて反省文を書かなくていいのです。

寒空の下ベランダに放置されなくていいのです。

お腹をすかさなくていいのです。

どの親の元に生まれても、愛情をたっぷり受け、お腹いっぱいご飯を食べ、心ゆくまで遊び、適切な教育を受け、暖かい部屋で安心して眠り、安全に過ごせなきゃいけないのです。そんな社会でないといけないのです。

こどものいのちはこどものものなのです。

親の所有物ではないのです。

残念ながら今はそうではないこども達が何万人といます。社会を改善すれば救える命と心が山ほどあるのです。法律や制度の力は不可欠です。

私たちは、「こどものいのちはこどものもの」という言葉を掲げ、ソーシャルメディアなどを通じて発信し、児童虐待を決して他人事と捉えず、絶対に児童虐待を起こさせないという強い決意を持つ多くの人たちの決意を受け取りました。

私たちは、大人として、一市民として、児童虐待という悲劇を起こさない社会を作っていくための強い決意を改めてここに表明するとともに、その決意の下、そうした社会の構築に向けた要望を行います。

こどものいのちはこどものもの

ですが

こどもを守れるのは大人だけですから。


から始まる私たち、犬山紙子、坂本美雨、福田萌、ファンタジスタさくらだ、眞鍋かをりからの提案書

_var_mobile_Media_DCIM_181APPLE_IMG_1373.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_181APPLE_IMG_1374.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_181APPLE_IMG_1375.JPG
そして
#こどものいのちはこどもの

に寄せられた膨大なみなさんの意見を全て
そしてそれらに多かった意見をまとめたもの
_var_mobile_Media_DCIM_181APPLE_IMG_1370.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_181APPLE_IMG_1371.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_181APPLE_IMG_1372.JPG
厚労省副大臣牧原さんにお渡ししてきました。

牧原副大臣は、
こんなにもたくさんの人の気持ちがつまっているのですね、と。
同じ気持ちです、と仰いました。

予定の時間を30分ほどオーバーして真剣に私たちの意見を聞き、それに対してどのような対応を今されているのか、今後するのかお話されました。

児童相談所に専門的な要員を増やして欲しいという私たちの要望に、
児童相談所強化プランを元に、今目標に向けて増やしている段階だと(来年度までに550人増やす目標)仰っています。
児童福祉司は順調に増えているが児童心理司はなかなか苦戦していると。
私からはこの31年で終わりでなく更に強化して欲しいとお伝えしました。
MUGaWPJLO6.jpg
また、以前ツイッターで虐待しそうになった、してしまった方へのアンケートから見えてきた相談窓口のハードルを下げることの重要性もお伝えしたら、とても前向きに検討されている段階だそうです。

都とLINEの新たに相談窓口を作る取り組みにも注目されていて
(直接児童相談所へ相談LINEではなく、新たに相談窓口(かなりしっかりとした臨床心理に基づいた研修を受けた人)を作ることで、相談のハードルをぐっと下げること。
相談を受けることで未然に防げたケースを防ぎ
児童相談所でなくても大丈夫な案件を適切な方に振り分け
児童相談所が本当に取り組むべき問題に集中できる環境が作られるのではというものです)

さまざまな良き取り組みはどんどんとりいれていきたいとのことでした。

XMitG1orLc.jpg
 ↑
また、この厚労省の資料のような妊娠期から切れ目のない支援も更に強化して頂きたいとお伝えしました。

まだまだ沢山お願いをしてきましたが、牧原さんはとても前向きに対応してくださったと感じています。

それも、たくさんの方々のつぶやきのおかげです。

今後も私たちは働きかけを続け、実際よくなっていくことを見届けたいと思っています。