こんばんはー!

久々にブログを更新してそれがこんな内容なのも……という感じなのですが、若い女子には特にシェアできればと思い書いております。

タイトルの「罪悪感つけこみおじさん」 ですが、結論を言うと若い女子に心の負債を背負わせて、体の関係に持ち込もうとするおじさんのことであります。
その見抜き方と対処法について。

 
主に20代の女子の周りには「高いご飯を奢ってくれるおじさん」というのがたまにいたりするのですが(特に都内の一部の20代女子はほんとおいしいもの食べてるし、高い店も良く知っている)、 なんで奢ってくれるかというとセックスしたいからであります。

中にはただのグルメで一緒に食べる仲間が欲しい
女子とお話をすることが目的
であることもあるのですが、

結構な割合で、目的はセックスです。
「私もセックスしたいからご飯食べてるよ」
という女子は別にいいのですが、そうじゃないことが大半だと思います。

「ごはん奢られたくらいでセックスなんかさせないよ」と普通思うと思います。
が、何度も奢られ続けると気の弱い真面目な子は、その罪悪感から断りきれないという事態が発生してしまうのです。

これを書いているのもそういう女の子何人かから相談を受けたからだったりします。

で、もちろんそれが彼らの狙いです。
女子が自分では行かないような高いご飯を何度か奢り、それに対して「こんなにお金をかけてもらって悪いな……何か返さなくても大丈夫だろうか?」と思わせて、何度かご飯を食べたあたりで関係を迫るというやり方。

高いご飯をおごるおじさんは、お金持ちであることが多く(もしくは会社の経費でばんばん落とせる立場の人)その場合若い女子が感じる1万円の重みと彼らの感じる1万円の重みは雲泥の差があり、
彼らにしてみれば自分的には1のコストで相手に10の罪悪感を植え付けられるというかなり効率の良い構造になっています。

で、こういったことを何人かの女子に同時にやっていることが多いです。
その中の何割かとセックスできれば良いのです。

なので、もしご飯に行ってしまっていても「高いご飯を何度かご馳走になってしまった」と罪悪感は全く感じなくて大丈夫です。
普通にスルーして大丈夫です。
誘いも無視してOKだし、全然断って大丈夫です。
人として終わってません。
「何が食べたいって聞かれて自分でお肉とか言っちゃったし……」「気を持たせるようなこと言っちゃったし……」とか自分の落ち度を憂う必要も全くないです。
本当にしたければもちろんすれば良いけれど、罪悪感からセックスなんかする必要ゼロです。

ほんと、「あんな高いものを奢ってもらったのに平気な顔してたら人としてダメだろう」とか思ってしまう真面目な女の子の方が要注意です。
何度も言いますが、お金持ちからすると1万円は屁みたいなものです。
(逆に奢られることは当たり前と感じ、自分の価値を奢られることに依存させてしまうタイプも要注意ですが)

でも、2、3回ご飯行ったけど手を出してこないし良い人だし……
と思っていても、最初の何回かは相手の心に負債を負わせるターンなので手は出してこないことが多いですし、良い人を演じます(じゃないとセックスできませんから)

しかし中にはまれに本当に良い人もいるので、見抜き方としては

・より効率よく負債を背負わせたいので、安い店に行きたいと提案すると、別の店にしようと高い店に変更される

・彼の分はお金払うから男友達も連れてって良い?と聞くと「え、二人がいいな」などと断られる
(私の友人のガチでいい人は男友達が混ざろうが「人がたくさんいて楽しい」とニコニコです)

・女子の知ってるお店の、上の世界に連れて行こうとして負債を背負わせようとする
(お肉はどの店が好き? そこが好きなら、ここのほうがちょっと上だから行こうか)

・普段から高いご飯を食べてると言うと負債の蓄積の効率が悪いのでフェードアウトしてくる
(お父さんに高い店よく連れてってもらってるなども効果的)

・高いワインなどを大義名分にお酒をやたらと勧めてくる

などでしょうか。
基本疑ってかかるので問題ないと思います。


個人的には、法に触れてるわけではないけど、こんな卑怯な方法じゃなくて正々堂々と口説けばいいのにと思うわけです。
罪悪感というネガティブな口説き方じゃなくて、その人の魅力で口説けば良いのになあ……
 
もちろん、大好きな人が一生懸命頑張って奢ってくれたり、とても誠実なデートに誘われたりしたら、誠心誠意感謝したり、お返しにご馳走してみたりなんて素敵なやりとりが生まれたら良いなあと思うのでした。