今回の講義テーマは「ラジオと音声技術の未来性」


AMラジオは音質は悪いが電波が遠くまで届く。FMラジオは電波は遠くまで届かないが音質は良い。

東日本大震災の際、ラジオが注目される機会があった。テレビで震災の映像は見たくないが、情報は得たいという人達に支持されたらしい。
防災ラジオなる、災害の緊急情報を放送するときに自動的に電源がオンになるラジオが開発された事もある。

インターネットによるサイマル放送「radiko」が2010年に開始。過去の放送が聴けたり(タイムフリー)、有料コンテンツではあるものの自分が住んでいる地域以外のFMラジオが聴けたりする(エリアフリー)機能があり、私も使っている。
3.11のときにエリアフリー機能を無料で解放した。やむを得ない状況だったが、これにより、電波の価値が下がったとも考えられる。

ツイキャス、Twitterなど、誰でも手軽にラジオ配信することが可能になっている。
また、様々なデバイスやアプリなどで音声をAIが文字起こしてくれる機能もある。

自分の声を録音して機械に学習させることで、自分の声で指定した文章を読み上げさせることができる。これにより、声を使ったなりすましも容易にできるようになってしまった。電話の際などには気をつけないといけない。

読唇術についてもAIは発展しており、ある実験では専門の人間の倍も理解することが出来た。




今回の講義テーマは「苦戦する紙媒体と電子書籍」

本を読む人が減っている。しかし、スマホでSNSやサイトの閲覧を通して文字は読んでいる。だが、そこには問題がある。本は文字情報のみを手懸かりに想像力を働かせなくてはならないが、スマホをは文字以外の情報も持っている場合が多く、受け身になってしまいがちだ。つまり、頭を使わなくなってしまっている。

新聞の発行部数がインターネットが始まった直後から減少している。インターネットで情報を得る事が出来るようになってしまったからだ。そこで、新聞社は新聞を読んでもらおうとインターネット上で無料で新聞同等のコンテンツを出した。これにより、記事を読んでもらえたので、有料化した。すると、販売部数は伸びなかった。一度無料で出してしまったことで世間での記事の価値が下がってしまったのだ。

日本は世界的に見れば圧倒的に新聞を読んでいる。これにはテレビが絡んでいる。新聞社はテレビ局も持っている場合があり、両者で同じ内容を報道することで、テレビ視聴者に新聞を読ませようとしている。
新聞社は自分たちに都合のいいように、受けとる側が勘違いしてしまうような報道の仕方をする。情報だけを伝えれば良いのに、記者などの感情が入る。その認識を持たなくてはいけない。

書店の数が減っている。Amazonなどのサービスの他に、最近ではコンビニでも本が扱われるようになっており、その影響もある様だ。本を買いたい人はいても書店に対する拘りはないのだろう。
電子書籍に頼らずとも、技術を使えば手軽に本を手にする事ができる。しかし日本ではその環境が整備されていない。

安く簡単に自費出版が出来るようになった。それがAmazonで売れればコンビニなどで取り扱ってくれる場合もある。また、規定の金額を払えば自分で出版社名を決めて、その情報が取り入れられた本を出版する事も可能だ。

2014年からは週刊少年ジャンプも電子書籍化に踏み出した。しかし、紙媒体と値段を統一することでコンテンツにお金を払っているという意識を読者に与え、コンテンツの価値を落とすことなく発行を続けている。
dマガジンは月額400円で電子雑誌が読み放題になる。会員数が多いため、売れにくい雑誌はここに加入することで人々に読んでもらおうとする。しかし、これでは雑誌自体のブランド力が落ちてしまうという悪循環にはまっていく。
この点で比較するとジャンプは賢明だと考えられる。


今回の講義テーマは様々な動画とネット生配信。

スマホがあると簡単に動画を撮影する事ができる。その動画は個人間でやりとりされたり、SNSなどに投稿される。
そんな中で、SNSに対応したスマホ向け縦動画というものも存在する。授業では、スマホで全画面表示にしてみると、自分のスマホが勝手に内部から操作されている様に感じるプロモーションビデオを見た。
他にもタイムラプスやスローモーションの効果を生かして色々と魅力的な動画を作ることができる。今流行りのinstagramも動画に関する様々なエフェクトなどを続々と投入しているようだ。

スマホのスクロール速度に最適化した6秒ループ動画Vineも一時話題となったものの、2015年3月にピーク迎え、2016年秋に数ヶ月後にはサービスを終了する事を発表。また、2012年にはTwitterに買収されていたようだ。
他にも若者を主に様々な動画サービスがある。MixChannel、C CHANNEL、TikTok、Lassoなど。これらのサービスの中には、多くの人に見てもらうための再生時間などへの配慮が組み込まれているものもある。

年々スマホ自体の撮影能力も向上しており、それにアプリやサービスも対応している。
スマホの画面を動画として録画できたり、外付けで360度写真・動画、VR動画を撮ったり投稿することも可能だ。

3.11以降、テレビとネットの融合が活発となった。テレビのサイマル放送(同時平行放送)、テレビ番組の見逃し配信、オリジナルのテレビ番組の様なコンテンツをネット配信するなど。

様々なSNSアプリやサービスも同じように生配信機能を取り入れた。録画したものを投稿した場合には、いつでも視聴が可能だが、生配信ではその時にしか視聴することが出来ないということがその理由としてあげられる。これにより、サーバに付加がかかりお金がかかるものの、ユーザーをそのSNSに繋ぎ止める事ができるのだ。


↑このページのトップへ