月別アーカイブ / 2020年04月

先ほど、INAC神戸からトップチーム活動休止のお知らせを出しました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止強化のため、トップチーム(INAC神戸レオネッサ)の活動を本日午後より4/13(月)まで休止すると言う発表です。既にアカデミー(神戸U-18、神戸U-15、東京U-18、東京U-15)は活動を休止していましたので、これによりクラブの全活動を休止することになります。

練習前にまず選手たちにこのことを伝えました。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1140.JPG
本当はもっと練習したい、サッカーがうまくなりたい、強くなりたいと取り組んでいる最中のお知らせとなり、神妙な面持ちで話を聞いていました。世間がじっと我慢しているこの時期、INACが社会的な貢献に取り組む事もプロスポーツ選手として大切なことだよ、と。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1143.JPG
この決断に至ったのは、クラブに関わる人々そしてその家族を含むすべての関係者の健康を守るためです。INAC神戸では全スタッフの体調一括管理を実施しておりますが、前例のないこの事態を【WE ARE INAC】の精神でスタッフが一丸となってこの難局を乗り越えていきたいと強く思っています。ブログをご覧の皆さまにおかれましても以下の点にどうぞご留意ください。

■新型コロナウイルス感染予防対策重大事項
① 3つの密を避けましょう
『換気の悪い密閉された空間』
『多くの人が集まる密集した場所』
『間近で会話や発声をする密接な場面』
② 不要不急の外出は控えましょう
③ 手洗いとうがいを頻繁に行い、消毒を心がけましょう
④ 外出するときはマスクを着用しましょう
⑤ 屋内の換気を積極的にしましょう


前回の投稿にも書きましたが、今は動かないことが最も感染を広げない対策だと言われております。しかしながら、それがどれくらいの効果があって、何パーセントが予防できる、逆に何パーセントがダメージを受けるなどは正直、誰にもわかっていません。でも、万が一の事が起こった場合に「何もしていなかった」で済まされるご時世では無くなっていますし、それを未然に防ぐことが重要です。ですので、今は一旦、立ち止まり様子を見ることでまずは対策を始めようと言うことに至りました。
この判断には外部の方にもご意見を伺いました。アメリカでプレーを続ける川澄奈穂美選手、楽天の三木谷浩史会長。そして、チームドクターや大学病院の先生、Jリーグ他クラブの皆さま、JFA関係者など。複数の考えや意見、アドバイスを受けての判断です。なでしこリーグの他クラブも今後の対策を講じていることと存じますが、僭越ながら一例として参考にして頂けたら幸いです。

INAC神戸はこれからも新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全力で取り組んでまいります。一日でも早く収まることを願っております。今回の決断となりましたことを何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

今日もINAC神戸のコロナウイルス対策についてです。暗いネタばかりでゴメンなさい。

現在、トップチームは活動を最低限に留めながら、選手たちは今日もトレーニングに励んでいます。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1113.HEIC
チームが練習している間に私たちスタッフ及び関係者もにできることがあります。

それはクラブハウス内の換気です。

クラブハウスの構造上、中心部には窓が無い所もあります。玄関を全開し、全ての窓と扉も全開。ロッカールーム、トイレ、浴室、シャワールーム、給湯室、トレーニングルーム、執務室も全開にし、練習時間中は出来る限り空気を入れ替えています。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1131.HEIC

これを徹底して行うだけで多少なりとも効果があると考えています。トレーニングが終われば、手洗いとうがいは徹底しておりますし、指先をアルコール消毒することも怠りません。今できる最大のことを実施していくほか、方法はありませんので皆さまも自宅や職場の換気に取り組んでみて下さい。もちろん、「もうやってるよ!」と言うお声が聞こえてきそうですが、「これでもか!と言うところまでやることでクラブ全体の意識を高める効果がある」と思います。練習が終わったら各自、自宅で「#StayAtHome」!開幕が見えない中、チームはモチベーションを保つのが容易ではありませんが、今は我慢の時。警戒を高めないといけないニュースも入ってきております。

本当にホントに、気を付けて過ごしましょう!

久しぶりのブログ投稿となりました。

今日は、INAC神戸を応援して下さる皆さまへ重要なお知らせがあります。昨今のコロナウイルスウイルス拡大に伴い、対策を講じる中、近隣のJリーグクラブ、プロ野球チームにも感染者が確認される事態となりました。そのため、弊クラブでも感染防止の水際対策として本日よりフロント業務の一部をテレワークに移行することを決定しました。現時点での期限は4/12(日)までとさせて頂きます。

▼新型コロナウイルス感染拡大に備えた在宅勤務体制移行について
https://inac-kobe.com/news/notice/6001


現在、監督・コーチ・選手・スタッフ・社員・アカデミー選手を含むクラブ関係者全員の体温測定、体調チェックを「ONE TAP Sports」と言うシステムを活用して一括で行っております。現時点では体調不良者はありません。トップチームは練習を続けておりますが、アカデミーは本日より当面の休止。サッカースクールはゴールデンウィーク明けまで休止とすることになりました。

この判断に至ったのは、人が動くことによって拡大が加速する可能性があると言う調査結果があり、電車で通勤する事業サイドの社員、選手、U-18・U-15の子供たちを守ること、それに伴いウイルスがクラブハウスに持ち込まれることを防ぐためです。

決断の参考としたウェブサイトをご紹介します。
▼ワシントンポスト(日本語訳)
https://www.washingtonpost.com/graphics/2020/health/corona-simulation-japanese/

▼コロナウイルスとは何か & あなたは何をすべきか
https://youtu.be/BtN-goy9VOY


また、現在我がクラブではコロナウイルス感染拡大状況が収束した後に開幕する際のホームゲームでの注意点を検討しています。
その一つは感染予防のため、これまで自由席で運用していた一般席を指定席とし、座席の一定間隔を保ち、感染者が出た場合に特定できるように最低限の個人情報を提供して頂くことを実施する予定です。これまでやったことのない取り組みですが、万が一の事態への備えを取り組む必要があるご時世となっていることを考慮し、テレワークながらこの施策を実現させるため社員一同となってアイデアを絞ってまいります。Jリーグはこの施策を導入する方向ですし、ノエビアスタジアムもヴィッセル神戸が全席指定化を検討していることからも実現するものと思われます。

先日、4月いっぱいの延期の発表がありましたが、現状を考えますと5月前半の開幕も厳しいのではないかと言う声も出始めています。私たちクラブ側も今後の流れを見守るしかありません。

今できることは感染を広げないことですから、当面は一部業務を在宅作業に移行しますことをご理解頂ければと存じます。
スポンサーの皆さま、ファン・サポーターの皆さまに色々とご心配、ご不便をおかけすることもありますが、ご依頼やご要望には真摯に対応して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

コロナウイルスを乗り越えて、スタジアムでお会いできることを心から願っております。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1135.JPG

↑このページのトップへ