月別アーカイブ / 2019年05月

5/10(金)
嬉しい知らせが飛び込んできました。
フランスで開催される「FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019」のなでしこジャパン(日本女子代表)メンバーに我がINAC神戸レオネッサから5選手が選ばれました。

中島依美
岩渕真奈
鮫島彩
三宅史織
杉田妃和
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8932.JPG
岩渕、鮫島は2011年ドイツ大会、2015年カナダ大会に続いて3回目のワールドカップ出場。中島、三宅、杉田は今大会がワールドカップ初出場です。既になでしこジャパンは国内合宿を終え、フランスへ出発しています。ドイツ(2011年)では世界一、カナダ(2015年)では準優勝と2大会続けて決勝へ進出していますので、今大会にも注目が集まるべきだと思っていますが、大会前だからなのかいささか盛り上がりに欠けてるように感じます。日本サッカー協会にはもっともっとPRをして欲しいなと思います。この大会は女子サッカーがこの先、反映するかどうかがかかった重要な大会だと考えています。スポーツ番組やワイドショーなどにもっともっと働きかけをして欲しいですね。本気で。

なでしこジャパンの試合予定は以下の通りです。
6/11(火)1:00キックオフ(日本時間)
グループD 第1節 vsアルゼンチン
6/14(金)22:00キックオフ(日本時間)
グループD 第2節 vsスコットランド
6/20(木)4:00キックオフ(日本時間)
グループD 第3節 vsイングランド

予選リーグのどの試合もNHK(BS1)、フジテレビ系列、J SPORTS 2が生中継を予定していますので、ぜひご覧ください。

実は6/14(金)は22時キックオフと言うことで、ある場所でパブリックビューイングを予定しております。まだ詳細を詰めている段階ですが、ゲスト(選手!?)を招く可能性もありますので、決まり次第お知らせ致します。

さて、話を記者会見に戻します。5選手の選出に際し、記者会見を行いました。会場はオフィシャルユニフォームスポンサーとして、INAC神戸を熱くご支援頂いております株式会社ベルコ様のご協力でベルクラシック神戸を使わせて頂きました。さすがは結婚式場!豪華な設備で豪華な空間でした。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8931.JPG

そして、司会はいつもお世話になっていますサッカー応援番組「Jフットニスタ」でMCを担当しているABCテレビの澤田有也佳アナウンサー。普段はテレビの中で活躍する澤田さんに今回の進行をお願いしました。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8936.JPG
私もクラブを代表して発言をさせて頂きましたが、「神戸から世界へ」をめざすクラブとして大変嬉しいです。また、生え抜き(高校を卒業しINAC神戸へ加入した選手)が3人も選出されたことはクラブの誇りです。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8935.JPG
2001年にクラブを創設した文会長の喜びも一入だと思います。来年は東京五輪が開催されます。五輪は18人のメンバーと厳しい競争となりますが、5人と言わず6人、7人と選出されるようなチームに育つことを期待します。
それから、韓国代表にもイ・ミナが選ばれています。彼女も初めてのワールドカップ出場となりますが、フランスで活躍して欲しいと心から願っています。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8355.HEICなお、私はなでしこジャパンの結果にかかわらず、日本のなでしこリーグが発展することと我がクラブが向かう基準を見つけるために準決勝2試合を3泊5日の弾丸ツアーで観戦に行く予定です。カップ戦の合間を縫って行くのはこのタイミングしかありませんが、世界の4強をこの目で見て来るつもりです。でも、なでしこジャパンと韓国代表がそこに残っていることがベスト!
なので、どちらも頑張れ!!

2019.5.31

久しぶりの更新となりました。
2019プレナスなでしこリーグ 1部は開幕から早くも前半戦の9節までを終了しました。今シーズンは混戦模様の中、現在3位に位置しております。上位はどのチームにも優勝のチャンスがあり、後半戦はなでしこリーグから目が離せない展開となりそうです。

2019プレナスなでしこリーグ : 試合日程 | INAC神戸 レオネッサ
2019プレナスなでしこリーグの試合日程、対戦チーム、試合会場のご案内。
inac-kobe.com

更新が途切れていた間に新たに多数のスポンサーの皆様を獲得することができました。以下よりスポンサー一覧ページをご覧頂けます。

掲載されている企業様にINAC神戸もしくは私どもの取り組みに賛同頂くことができましたので、良い結果でお応えしたいと考えております。そのためには、チームがしっかりと勝利できる体制を作ることが私の社長としての重要な仕事の一つだと思っています。
勝負の世界ですから、勝ち負けは常につきものです。時の運となる場合もあるでしょう。しかし、それを手繰り寄せることも取り組み方一つで良い結果へ結びつけることでできると考えています。

プロスポーツの世界の収益は
・スポンサー収入
・チケット収入
・グッズ収入
・ファンクラブ収入
が主ですが、それ以外の事業で稼ぐことも可能ではあります。
しかし、上記に挙げた4つの収入源の基盤をしっかりと築くことが良いクラブを作ることになります。残念ながら、なでしこリーグはまずスポンサーを増やすことに重きを置かなくてはならない状況です。ですので、私はまずそこに取り組んでいます。

次に観客動員数ですが、昨年のリーグ戦だけの平均を見てみると、
1.神戸=2,550
2.長野=2,350
3.浦和=1,683
4.日テレ=1,350
5.ノジマ=1,287でした。

今シーズンは前半9節を終えて、
1.神戸=2,970
2.長野=1,915
3.浦和=1,857
4.日テレ=1,151
5.ノジマ=1,060となっております。

今年のINAC神戸は小中学生を無料にし、女子サッカーのすそ野を広げることとファミリー層の増加を狙っています。また、女子高生と女子大生も無料観戦できるようにし、選手らと年齢の近い女性へのアプローチをしています。最も獲得の難しい層ではありますが、未来のなでしこリーグ発展には欠かせないターゲットだと考えています。
その視点から応援大使制度を採り入れました。サッカーを好きなお客様に焦点を絞るのはもちろんのことですが、そんなことは私がINACに来る前から取り組んできたことだと思いますし、その結果が今の現状です。もちろん、そこに改善点はまだまだあります。しかし、まったく異なるジャンルのお客様を取り込むことも一つの戦略です。キーワードは「なでしこ=女性」です。それをベースに以下のお二人の女性に応援大使をお願いしました。
1人目は赤﨑夏実さん。関西ではABCテレビ「おはよう朝日です」の中でエレクトーンで時刻を告げることでおなじみ朝の顔ですね。神戸市出身と言うこともあり、就任を快諾してくれました。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9034.JPG
(左から2人目が赤﨑さん)

そして、2人目はアイドルグループNMB48の磯佳奈江さん。京川舞と小学生時代のチームメイト。アイドル卒業を発表されましたが、今後はもっとサッカーの仕事を増やしたいと言うことでこの度の就任となりました。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8741.HEIC
(前列右が磯さん)

このような取り組みで新たなお客様を増やしたいと考えています。

次に。
INAC神戸では、今シーズンのホームゲームで子ども達が無料で観戦できるようにしていますが、観戦に来られたらぜひファンクラブに入ってと呼びかけています。全てのファン向けのサービス強化には当然取り組んでいますが、ファンクラブ限定の催しも企画しています。
5/11の試合では試合後にピッチサイドでファンクラブ限定「勝利のハイタッチ」を実施。多くの皆さんに喜んで頂くことができたと感じています。

グッズに関しても、これまでただ単にユニフォームを売る、マフラータオルを売るに限られておりましたが、選手プロデュースのグッズや有名キャラクターとのコラボレーションなども検討に入りました。新しい元号「令和」のスタートにちなんで、5月スタートとなる選手の誕生日、試合日程、今年のユニフォームを装った選手たちの写真をふんだんに使ったカレンダーを発売し、ほぼ売り切れました。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8941.HEIC
また、3rdユニフォームも令和にちなんだ「菫」カラーを採用し、選手たちをモデルにし、販売促進をしています。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9030.JPG

と、このような取り組みをしながら、INAC神戸レオネッサの発展に走り回ってるところです。サッカークラブの運営は決して楽な仕事ではありませんが、私が楽天時代に学んだ「仮説→実行→検証→仕組化」のサイクルをそれぞれのクラブがしっかりと行うことで改善はできると確信しています。

まだまだなでしこリーグでのチャレンジは始まったばかり。数年後に「あの時はこんなことにチャレンジしたなぁ」と笑っていられるように成功をめざしてがんばります!

2019.5.26

↑このページのトップへ