緊急事態宣言が出されてから9日が経ちました。明日にもその宣言は現在の7エリアから全国一斉に拡大される見込みです。首都圏や大阪府、兵庫県では休業要請も出され、コロナ問題はいよいよ私たちの生活にも大きな影響が出てくる気配です。サッカー界の現在の状況は以下の通りです。

◇日本サッカー協会
5月末まで全ての主催事業(トレーニング、講習会、研修会、視察等を含む)を延期、または中止

◇Jリーグ
J1=第15節、J2=第17節、J3=第10節まで延期
ルヴァンカップ=プレーオフステージ第1戦まで延期
※全体的に5/27(水)まで延期

◇AFCチャンピオンズリーグ
2020の5月、6月の試合について延期

なでしこリーグは5月2日(土)より開催を予定しておりました「2020プレナスなでしこリーグ1部」、「2020プレナスなでしこリーグ2部」、「2020プレナスチャレンジリーグEAST/WEST」の延期を発表。開催の目途や延期する試合の代替開催日などは決定次第お知らせいたしますとしています。


INAC神戸の現状をお伝えしますと、現在はトップチーム、アカデミー、スクール、事業本部の全ての活動を5/6(水・祝)まで休止しています。六甲アイランドの練習場もこの期間は使用できません。シーズンがスタートしなければ当然のことながら、スポンサーの皆さまからの協賛を履行することができませんので非常に大きな懸念事項となります。ですので、早くコロナウイルス感染拡大が収束し、リーグ戦が始まることが待ち望まれています。いつ開幕するかは4/21(火)に理事会と実行委員会が開かれますので、そこで方向性が見えるかと思います。
そして更なる問題はJFAが5月末までの様々な事業の延期、中止を決めました。これはどう言うことかと言うと、なでしこジャパンはもちろん、A代表・五輪代表、プレミアリーグなどの全ての活動が行われないと言うことで、ユースの大会もそれに含まれます。そして、スクールも再開の日取りが決まりませんので、完全に活動停止となっています。全国のクラブチームは原則としてユースチーム、サッカースクールは会費収入から成り立っています。ですので、活動が行われない=売上ゼロと言うことです。お子さんの安全が確保できるまでは再開の見通しは立ちませんので、切実な問題の一つです。

今、私たちは何ができるか、何をするべきか。どのように日々を過ごすべきかについて本当に考えなければならない状況となりました。日頃利用していた飲食店は夜間の営業を取りやめ、ランチタイムにテイクアウトでの対応を余儀なくされています。公立学校に通う子供たちは休校のため家で過ごす時間が大幅に増えています。テレワークを多くの企業が導入しています。
私は日本がライフワークを変えるべきタイミングに来たと感じており、我慢や忍耐は非常に重要ですが、その時間をうまく使って過ごすことで時間の価値観を見出すきっかけにしたいと考えています。

世の中の動き、皆さまの生活が元の状態を取り戻す日を期待しながら、自粛が必要な現代を生きていこうと思います。


そんな中でINAC神戸ができることの一つとしてWeb会議の背景に使える画像を作成してみました。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1275.JPG
下記よりダウンロードできますので、ぜひぜひお使いください。
https://inac-fanclub.com/wallpaper/detail/49

それから新たに2020シーズン版のLINEスタンプを昨日、リリースしました。昨年と同様にイラストを使ったバージョンです。こちらもぜひお使い下さい。
https://line.me/S/sticker/11367909

在宅勤務の皆さまへのおすすめアイテムとして、INAC「おつカレーセット」を販売しております。こちらは本来は開幕戦で売り出す予定をしていたアイテムです。2018ファン感謝DAYで人気投票1位に輝いた【特製ビーフカレー】レトルト版と電子レンジで温めたらすぐに食べられる【アイリスオーヤマ低温製法米ご飯】、【ユニフォーム型ミニバッグ】がセットになっています。
https://inac-kobe.com/news/goods/5989

この機会に、ぜひぜひINACグッズにもご注目下さい。

最後に。
前半に記載しました内容について、神戸新聞さんの取材を受け、記事となりましたのでご紹介します。お手すきの際にご覧ください。

▼2020/4/14 神戸新聞より

まず、新型コロナウイルス感染拡大防止に懸命に取り組んでおられる医療関係の皆様に心より感謝申し上げます。感染していない私たちはかからないこと、そしてかかりそうな場合でも自身の行動に最大の注意を払うことに努めます。

さて昨夜、緊急事態宣言が発表されました。対象は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県 大阪府、兵庫県、福岡県の7エリアです。私たちのエリアも含まれております。これにより、INAC神戸(東京多摩川含む)は対外的には5/6までアカデミー、スクールを含めた活動休止のお知らせを発表します。

【重要】活動休止期間延長のお知らせ
https://inac-kobe.com/news/detail/6014

▼INAC神戸レオネッサ(トップチーム)
4月4日(土)午後 ~ 5月6日(水)

▼アカデミー(神戸U-18・U-15、東京U-18・U-15)
4月2日(木) ~ 5月6日(水)

▼各種サッカースクール(神戸、東京)
2月27日(木) ~ 5月6日(水)

▼フロント業務
4月1日(水)午後 ~ 5月6日(水)


兵庫県からの発表をもとに選手、クラブスタッフ全員に以下を共有しました。

【自粛を要請する行動】
▽不要不急の帰省や旅行、
▽スポーツジムや映画館、ナイトクラブ、カラオケ、ネットカフェなどの利用
【自粛対象とならない行動】
▽医療機関への通院や
▽食料や生活必需品の買い出し、
▽最小限度の通勤
▽屋外での運動、散歩など

▼神戸市ホームページより
▼兵庫県ホームページより
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200407/k10012373971000.html

今回は緊急事態宣言です。INAC神戸のことだけを憂いてる場合ではありません。前回のブログにも記載しましたが、以下の項目に気を付けて、コロナウイルス問題が早く収束するように皆さんと一緒に取り組む必要があると強く感じます。

■新型コロナウイルス感染予防対策重大事項
① 3つの密を避けましょう
『換気の悪い密閉された空間』
『多くの人が集まる密集した場所』
『間近で会話や発声をする密接な場面』
② 不要不急の外出は控えましょう
③ 手洗いとうがいを頻繁に行い、消毒を心がけましょう
④ 外出するときはマスクを着用しましょう
⑤ 屋内の換気を積極的にしましょう


まずは健康を保つこと、命を守ることが最優先ですから、この事態をしっかりと乗り越えられるようにINAC神戸は一人ひとりが自覚を持って対処していきたいと思います。

早くスタジアムで試合が行われる日が来ることを楽しみにして♪
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1185.HEIC

先ほど、INAC神戸からトップチーム活動休止のお知らせを出しました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止強化のため、トップチーム(INAC神戸レオネッサ)の活動を本日午後より4/13(月)まで休止すると言う発表です。既にアカデミー(神戸U-18、神戸U-15、東京U-18、東京U-15)は活動を休止していましたので、これによりクラブの全活動を休止することになります。

練習前にまず選手たちにこのことを伝えました。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1140.JPG
本当はもっと練習したい、サッカーがうまくなりたい、強くなりたいと取り組んでいる最中のお知らせとなり、神妙な面持ちで話を聞いていました。世間がじっと我慢しているこの時期、INACが社会的な貢献に取り組む事もプロスポーツ選手として大切なことだよ、と。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1143.JPG
この決断に至ったのは、クラブに関わる人々そしてその家族を含むすべての関係者の健康を守るためです。INAC神戸では全スタッフの体調一括管理を実施しておりますが、前例のないこの事態を【WE ARE INAC】の精神でスタッフが一丸となってこの難局を乗り越えていきたいと強く思っています。ブログをご覧の皆さまにおかれましても以下の点にどうぞご留意ください。

■新型コロナウイルス感染予防対策重大事項
① 3つの密を避けましょう
『換気の悪い密閉された空間』
『多くの人が集まる密集した場所』
『間近で会話や発声をする密接な場面』
② 不要不急の外出は控えましょう
③ 手洗いとうがいを頻繁に行い、消毒を心がけましょう
④ 外出するときはマスクを着用しましょう
⑤ 屋内の換気を積極的にしましょう


前回の投稿にも書きましたが、今は動かないことが最も感染を広げない対策だと言われております。しかしながら、それがどれくらいの効果があって、何パーセントが予防できる、逆に何パーセントがダメージを受けるなどは正直、誰にもわかっていません。でも、万が一の事が起こった場合に「何もしていなかった」で済まされるご時世では無くなっていますし、それを未然に防ぐことが重要です。ですので、今は一旦、立ち止まり様子を見ることでまずは対策を始めようと言うことに至りました。
この判断には外部の方にもご意見を伺いました。アメリカでプレーを続ける川澄奈穂美選手、楽天の三木谷浩史会長。そして、チームドクターや大学病院の先生、Jリーグ他クラブの皆さま、JFA関係者など。複数の考えや意見、アドバイスを受けての判断です。なでしこリーグの他クラブも今後の対策を講じていることと存じますが、僭越ながら一例として参考にして頂けたら幸いです。

INAC神戸はこれからも新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全力で取り組んでまいります。一日でも早く収まることを願っております。今回の決断となりましたことを何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

↑このページのトップへ