ヴィッセル神戸に所属していた頃、いやそれよりももっと前から私自身が取り組んできたことの一つに「震災復興支援」があります。

1995年1月17日。
阪神・淡路大震災。

当日は大阪に住んでいた私の実家も大きな揺れに見舞われました。徐々にテレビに映りだされる神戸の惨状。阪神高速が倒され、長田は火災が発生。揺れよりもその後の被害によって多くの尊い命が奪われました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
当時、学生だった私はアルバイト先で募金を募って義援金を届けたり、わずかならがらの救援物資(ウエットティッシュ)を1月24日と31日の夜中に、原付で神戸へ届けました。偶然、届けた地域に今、居住しているのですから、人生はきっと縁の繋がりと言うものがあるのだと信じています。

東京へ居を移した2011年3月11日には東日本大震災の遭遇。東京も激しい揺れを受け、交通機関は麻痺し、夜中まで幹線道路は大渋滞。翌日にはスーパーの食料が売り場から消えると言うシーンを目の当たりにしました。東北の多くの地域で津波が発生。揺れよりも津波による被害、犠牲が大きく、ここでも多くの方が亡くなられました。本当にご冥福をお祈りします。

阪神大震災以降、全国各地で起こる震災、水害などは頻繁に発生し、コロナ禍の中で日本は大丈夫か?地球は大丈夫なのかと危惧してしまいます。そんな中でも懸命に生きていきたいと感じる今日この頃です。

話を戻します。
阪神大震災の後、大学を卒業し、就職・転職し、楽天に長らく務めましたが、野球人だった自分がサッカー・ヴィッセル神戸の仕事に就くことも予想だにしていませんでしたが、神戸に来て取り組んできた仕事の一つに「復興支援」があります。

2015年には当時、ヴィッセル神戸のアンバサダーを務めた吉田孝行氏の発案により、神戸新聞・神戸市と共に「阪神・淡路大震災20年チャリティーマッチ」を開催。多くのお客さまが来場され、多くの地域、団体に寄付することができました。スポーツの力とは凄いなと改めて感じた2015年1月17日でした。

翌年には「チャリテイーサッカー」と題し、サッカー教室を開催。多くの小学生がノエスタでサッカーできるイベントを企画。ベガルタ仙台とも協力し、ヴィッセル神戸とU-18同士の親善試合を行いました。そのサッカー教室にはINAC神戸の選手も自主的に参加してくれました。後にINAC神戸の社長になるとは誰一人、予想もしていませんでした。

更に翌年には3月11日が土曜日と言うことで、Jリーグにも掛け合って公式戦でベガルタ仙台vsヴィッセル神戸の「復興応援試合」を実現。阪神・淡路大震災から復興した神戸から宮城・東北へエールを送る試合として、2020年まで続きました。(残念ながら今シーズンは実施無し)

ヴィッセル神戸では2013年から毎年、夏休みに東北(塩釜・東松島)の小学生を神戸に招待する「未来の宝 夢と希望の架け橋プロジェクト」に賛同し、楽天イーグルス、ベガルタ仙台、アシックス、大阪ガス、神戸どうぶつ王国など多数の企業や団体の協力を得て、イベントを実施していました。この中心で走り回っていたのが神戸市内で美容室を営む西山博資さん。個人的に30年近くのお付き合いですが、阪神・淡路大震災で全国からの支援を受けたお返しにと色々な被災地にボランティアカット(散髪)で回られています。2011年に東北へ行った際に「おっちゃんが復興した神戸に招待する。子どもが元気なのが一番の力になる」とこのプロジェクトを始められました。そして、塩竈市議会議員の阿部眞喜さん。地元の教職員の先生方、教育委員会の皆さま。未来へつなぐ熱い想いがこのプロジェクトを作っています。
私もヴィッセル神戸を離れ、INAC神戸に所属を移してからもサポートをさせて頂いており、一昨年は六甲アイランドのグランドで子ども達と選手が触れ合う機会を設けたりもしていました。

しかし、昨年と今年はコロナ禍でいつも通りのことができなくなりました。

今年、節目の10年を迎え、今年は何かをやりたい。ということで、今年はチームで行って、試合を観てもらおう。WEリーグが始まる前のトレーニングマッチではありますが、東北の地でマイナビ仙台(ベガルタ仙台がレディースチームを事業譲渡)と試合をすることには大きな意味がありますし、2013年の取り組みから一緒に携わってきてくれた坪佐光浩さん(ベガルタ仙台→マイナビ仙台)と今年も一緒に「絆」を繋ぎます。今年からはマイナビ仙台 の粟井俊介社長も新たに輪に加わって頂きました💪

■試合情報
7月30日(金)
マイナビ仙台レディースvsINAC神戸
@セイホクパーク石巻
15:30キックオフ

NPOだけの支援ではチームが東北へ行くことはできませんので、西山さんが新たなクラウドファンディングを立ち上げられました。ぜひ、下記よりご支援頂けますとこの試合を通じて、東日本大震災から10年の復興支援にも名を刻むことができますので、よろしくお願い致します。

▼「未来の宝 夢と希望と絆の架け橋プロジェクト!」を実現したい
https://camp-fire.jp/projects/view/434749?list=search_result_projects_popular


また、今、スペインを中心に海外でサッカーに励む女子サッカー選手も多く、千葉選手や十川選手を中心に彼女たちもこのプロジェクトに賛同し、15人の選手・スタッフが自主的に集まって一緒にサッカー教室などを展開することになりました。マイナビ仙台ユースと試合をします。

■試合情報
7/29日(木)
マイナビ仙台レディースvsプロタゴニスタ
@セイホクパーク石巻
15:30キックオフ

▼PROTAGONISTA" プロタゴニスタのご紹介
https://protagonista-japan.square.site/about


このところ、ご支援のお願いばかりで恐縮ではありますが、プロタゴニスタの活動支援にもぜひご協力をお願いします。五輪期間中の平日ではありますが、宮城県石巻で女子サッカー選手達が繰り広げる「復興応援試合」をぜひ観に来て下さい。

5月21日からINAC神戸ではクラブ初のクラウドファンディングに取り組んでいます。INAC神戸は2001年のクラブ創設から20周年のシーズンを迎えます。ご存知の通り、今シーズンからは女子サッカープロ化が実現し、「WEリーグ」が開幕します。WEとはWomen Empowermentの省略で、女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献すると言う理念のもとネーミングされた名称です。開幕は9/12(日)です。多くの女子サッカーファンの皆さんにスタジアムにお越し頂きたいと思い、日々の仕事に取り組んでいます。

プロ化と同時に迎える20周年シーズン。これまでに10個の国内タイトルを獲得してきたINAC神戸ですが、これからのスタートは横一線。「初代チャンピオン」を獲得するためには「心・技・体」のいずれもの充実が必要です。それは競技面の充実はもちろんですが、クラブの力、いわゆる「クラブ力」が問われます。幸い、多くのスポンサー様にご協賛を頂き、充実した活動が出来ています。が、準備期間を含めて今シーズンは1年5ヶ月の体力が必要です。クラブ運営の体力とはいわずもがな「資金力」です。

これまでのサッカー界の選手契約、スポンサー契約は「2月~1月」と言う慣例でしたが、WEリーグ参画クラブは「7月~6月」が基本の1年となります。しかし、今年に限っては準備・移行期間を含む2月~翌年6月までの1年5ヶ月を要すると言うことです。これまでその事は公表されていませんが、良い機会なのでその事実を知って頂ければと思います。もちろん、これはINAC神戸だけではなく、他クラブも同様です。ですので、これまでの1年分では活動資金が足らないと言うことになります。そんな中で、ユニフォームスポンサーを含むオフィシャルスポンサーの多くが昨年より増額に応じて下さいました。本当にありがたいことで、改めて御礼申し上げます。ありがとうございます。

クラブの次なる収入源はチケット、グッズ、ファンクラブとなります。ファンクラブは「サポーターズクラブ」と名を変え、新たにスタートをします。グッズもシーズンが近づくに連れてアイテムを増やしていきます。チケットはコロナ禍の運営の中でどこまで伸ばせるか、先行き不透明な状況で、INAC神戸が活路を見出そうとしたのがこのクラウドファンディングです。

発案は社長の私だけではなく、フロントスタッフからこれに取り組もうと言う意見が出て、事業者の選定、返礼品(リターン)の選定作業を経て、スタートしました。ユニフォーム、これまでにINAC神戸で1万枚以上売れているマスクと不織布マスクのセット、20周年記念アイテム、特別観戦シートなど3,000円~1,500,00円など個人向け・法人向けと分けて各種様々な返礼品を用意しています。

私もファンの一人として参加しました。私が支援に投じたのは、【20周年オリジナルグッズ】限定3rdユニフォーム+メモリアルブックです。京川舞選手が着用しているこのユニフォーム。



今シーズンの目玉の一つにコシノヒロコさんにデザインをお願いした「20周年記念ユニフォーム」が挙げられますが、クラウドファンディングでしか購入できないこのカラー(ネイビー)。リーグ戦での着用は未定ですが、皇后杯を含めてどこかの試合で着用することを検討していますが、通常販売は予定していません。ですので、超レアグッズです。

また、先週末からは9/12(日)に開幕戦を行なうノエビアスタジアム神戸のピッチサイドシートを「エキサイティングシート」として返礼品に追加しました。ベンチやアップをする控え選手と同じレベルで試合を観戦できるこのシート。現時点では開幕戦限定と言うことでこの企画の目玉商品。



新聞各社もニュースに取り上げて下さっています。
スポーツニッポン
クラウドファンでイングは6/30(水)23時までとなり、残り3日を切りましたところで、こうしてブログで紹介となりましたが、ご賛同頂きましたご支援をチームの活動資金に充ててまいります。一人でも多くの皆さまからのご支援をよろしくお願いします。

昨日(4/5)から、兵庫県と大阪府で「まん延防止等重点措置」が適用され、飲食店やカラオケ店の営業時間短縮の再開されます。兵庫県では、神戸・芦屋・西宮・尼崎の4市が対象で閉店時間が21時→20時となり、酒類提供は19時まで。大阪市では措置が守られているかどうかの確認などを行う「見回り隊」が結成されたようです。

兵庫県の感染状況を調べますと直近1週間の陽性確認数は1日約180人。3/23以降に増加している中で30代以下が約半数を占めているようです。「第3波」と呼ばれる現状は、若年層の感染が増え、そこから高齢者への感染が広まっていると言われております。家庭内や福祉施設内などでの感染を防止することが必要です。

そんな中、一昨日。このところの疲れ、花粉症などが相重なり、検温すると以外に熱が高い。

v_KJg6Ouqo.heic

ん。
これはマズい。。。。

もし自分が陽性だったら、家族はもちろん、選手・スタッフ・関係者・お取引先などの皆さんに感染させているかも知れない。この熱が引かなかったらどうしよう。。。

となると、気が気ではなく。
それから冷静に何度か検温すると37.5℃を下回っておりました。

Xnvwbh0eeY.JPG

たぶん、大丈夫だろう。しかし、検査を受けた方がいいだろう。

と言うことで、INAC神戸で実施しているPCR検査キットを使って、検査を依頼しました。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5254.PNG

結果は「陰性」!
ホっとしました。

今回使った検査キットの優れているところは、検体を攪拌によって抽出したRNAを検査する「RNA抽出法」で、他の「ダイレクト法」「スマートアンプ法」とは精度が大きく変わります。

「唾液郵送型」ですので、鼻に綿棒を突っ込まれることはなく、自宅でどなたでも簡単に検査できることです。

ですので、痛くありません!

コロナウイルスはプラス鎖一本鎖のRNAをウイルスゲノムとして有するエンベロープウイルスですので、検査するRNAの質が低いと「偽陰性」「擬陽性」の可能性が残ります。また、「変異株」も発見にも対応しています。2月に受けた検査結果よりも詳細に結果がわかりました。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5255.PNG

今後、この検査キットの販売していきますが、ブログをお読みの方ご自身、そのご家族やお取引先の方々の安全を守るためにも、PCR検査をご検討される場合はぜひご相談下さい。twitterからDMを頂けましたらお返事させて頂きます。

ワクチン接種までまだ時間がかかると予想されますし、我々のような一般市民がPCR検査を受けるには体調が悪くなり、保健所へ連絡し、保健所からの指示に従うほかに方法はありません。かかりつけの病院や医師に相談し、検査をできる可能性はありますが、結構な費用が嵩みますので、この機会にご検討してみてはいかがでしょうか。

キットの販売価格は13,000円(税別)となっております。お気軽にご相談、お問い合わせ下さい。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5259.JPG

今回、改めて感じたことは自らを守ることは周囲を守ると言うこと。少しでも不安があれば、すぐに検査するのがベストです。変異株が猛威を奮い始めており、今回の自らの経験と今後の対策を含めて、この機会に皆さんにPCR検査をオススメしたいと思いました。

コロナにかからないこと、人に移さないことが一番。そのために自分の状態を知ることから始めてみませんか?

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5260.JPG

最後に。
飲食店の皆様の打撃は想像をはるかに超えるものとなっております。「頑張るお店・お宿応援事業」として、テイクアウト・デリバリーの実施や感染防止対策に1店舗当たり10万円の助成金支給も始まりますが、できる範囲で飲食店を応援することもしていきたいと思います。

Uh8LBfiAjb.heic

(写真はpaydayさんのテイクアウト)

↑このページのトップへ