ボディークリエーター・モデル 今村大祐ブログ


男性を手なづけるには!

Mission10『許して怒る』

ども、自分が怒られている事に気付かない大ちゃん先生です。

恋愛で回りが見えなくなることってありますよね。

でも、そういう時って、相手の気に入られたいが為に合わせ過ぎていたり、振り回されたりしていませんか?

男性への上手な不満の伝え方、効果的な怒り方、上手な手なずけ方があるんです。

相手も人間。

イラッとした言い方をしたらイラッとされます。

しかし、何も言わなければまた同じ繰り返し。

簡単に言うと、男はいつまでもプライドが高く、そして子ども。

特に、ピーターパン症候群の男性は子どもの頃の様な〝無責任と自由〟を守ろうとします。

ここまでしたら本当に怒るよ!

と言っても、それをちょこっと破ってきます。

対策としては、ここまでしたら怒るという上限を低めに作っておくこと。

そうすると男性は、それを大きくは破ってはこないので、後はきちんと注意をして反省させましょう。

男性に対して

「なんで遅刻するの?」

「なんで言ったのにしてないの?」と、

「WHY( なんで) ?」と問いただしても答えは返って来ません。

「~って約束したよね」

「私が怒るのも分かるよね」と、

相手が「はい」か「いいえ」で答えられる言葉にしましょう

「今回は許すけど、その代わりに~してもらうからね。それと、次したら~だからね。」

など、許すという選択肢を与えた上で、しっかりと自分の要求をして、罰も用意
します


第3者から伝えるのも効果的。

「怒ってる」と直接言われるより、

友だちから「彼女怒ってたよ」と言われる方がギクッとします。

でも、男性は基本的に臆病なので、徹底的に叩きのめそうとしたら逃げていきます。

あくまでも相手を尊重してあげて。

そして、相手を怒る前に自分にも非がないか心に聞いてみて。

一緒に過ごしてきた家族でさえ意見が合わないこともあるので、他人とは意見が合わなくて当然。

大事なのは、自分のものさしで物を言わないこと。

お互いが歩み寄るのが理想です。

一緒にいてお互いが成長出来る相手を選びましょう。

僕は怒られると思ったら寝たフリしますけどねっ(笑)