ごきげんよう。
施設入居、荷物片付けの
いまここ白坂裕子です。

今日はガイドヘルパーの仕事で
第53回
東京都盲人福祉大会
に来賓として参加する視覚障害の方のガイド
(付き添い)でした。


今日はあいにくの雨の中
たくさんの視覚障害のある皆さんが集まりました。
場所は、
八王子の駅前にあるJ:COMホーム八王子。
とても立派な会場です。

この会は、年に一度の交流の場。
そして、意識を共に確認する大事な会です。
運動、活動方針の共有の場です。

やはり、コロナ禍で
多くの視覚障害の方々も、外出が出来ず
精神的にもキツかったのではないかと思います。
視覚に障害がある方は
何でも触って確認するので
見えない敵、、に対する恐怖は計り知れない。
不安な日々だったに違いありません。
 
もっと視覚に障害がある方が
安心安全に過ごせるように
私達にできることはないか。、

ホームドアも、もっと普及してほしいですね。
私の友人も2回ホームから落ちたことがあります。
話を聞いただけでと、ゾッとしてしまいました。

歩きスマホしている方は、
白杖を持っている人とぶつかってしまう事があるようです。
危険なことに繋がりますから、やめましょう!

今回NHKの取材があり
歩きスマホと視覚障害者の衝突の件で
取材されてました。


午後には
芸能コンテスト?も開催。
12人の会員の方が歌いました。

その後
ピアニストの西川梧平さんの演奏もありました。

西川さんは
ニューヨークで主に活動していたピアニスト。
輝かしいキャリアの途中で
なんとジストニアという難病に。
懸命な、リハビリの末に
7本指で再起を果たした奇跡の音楽家です。

今回のパラリンピックの閉会式でも
演奏された方。

経験に感謝したら
人生がうまく回り始めた』

この言葉、すごいです。。

西川さんのピアノも優しく力強い音色で
とっても素晴らしかったのですが、
トークが
最高におもしろくて、
すっかりファンになりました。

ぜひ、絶対聴きに
個人的に行ってみます!


視覚障害者が
安心して過ごせるように出来ること
行政と協力、そして
みんなのちょっとした気持ちが
必要なんですね!

軽やかに豊かに!
いまここの白坂裕子でした。