いつもありがとうございます。

施設入居、荷物片付けの白坂です。
 


今日は換気についてです。
 


今、コロナ禍で『換気』は、
改めて重要性が高まっていますね。


皆さんは換気、、していますか?


 
私がこれまでたくさんのゴミ屋敷をはじめ

モノに溢れた家を片付けてきましたが

その中で共通することは一つ。
 


それは換気がされていない。
 

ということでした。
 


換気をしない・閉め切った部屋は空気が淀み
汚部屋を加速する。。そんな気がしてなりません。


 
『どよ〜〜ん』としています。

そして空気が重いです。


そしてそのような部屋に身を置くと

やる気が起きない・疲れるということになります。


 
誰もが知っている有名な看護師 のナイチンゲール。


そのナイチンゲールが書いた『看護覚え書』というのがあります。
 

その第一章に換気の大切さが書かれているのです。


<患者が呼吸する空気を、患者の身体を冷やすことなく
屋外の空気と同じ清浄さに保つこと>


換気と保温が看護の第一歩・健康の第一歩なんですね。


 
実は私が小学校の時の夢は看護師(当時は看護婦)になることでした。


ナイチンゲールの伝記を読んで
そう思ったのを思い出しました。

また読みたくなりました!
 


ぜひ皆さん、換気好きになりましょう!