ごきげんようw

施設入居、荷物片付け
いまここの白坂裕子です。

片付けしなきゃ。
片付けしたいなぁ。
でも、今じゃなくていいや。

と、ついつい先延ばしにしていまうのが、
家の片付けですね。

私がシニア〜高齢者の片付け現場
で思うこと。

それは
年齢を重ねていくと
足腰が痛くなったりして
片付けが、したくなってもできなくなる。

という事。

それに片付けって、
結構エネルギーを使いますよね。
エイヤ!って気合い入れたり
捨てる罪悪感を感じたり。

なので

片付けは

早ければ早い方がいい!

出来れば60歳までに。。。

あっ、もちろん60歳こえても
出来ます👍

片付けは
モノへの価値観や
片付けの習慣も変えないと
家はスッキリとならないので。。

習慣など変えるって
大変ですよね。

なので

60歳までにカタをつける。
自分の型をつくりましょ♫

いまここの白坂裕子でした!


ごきげんよう!
施設入居、荷物片付け
いまここの白坂裕子です。

ちょっと用事があり船橋の
父親の会社(トラック運送業)へ。
☆父親は引退しております。

そこで、昔の写真を見てきた。
古ーいアルバム。もちろん白黒。



トラックの運ちゃんは.
みんなヤクザみたい(笑)

そんな運ちゃんに、
私は可愛がってもらったなぁ。
遊んでもらっていたな。

家族でやっていたから
おばあちゃんとかは
住み込みのトラックの運転手さんに
毎日毎日お弁当(ジャーみたいやつ)
を作っていて
若いヤンチャな運ちゃんの面倒をみていたのを
小さいながら、何となく
覚えています。

こないだ
昔からいる70代のトラック運転手さんと
昔話に花が咲いた。

運転手さんは野球チームを作っていたし
よく家族を巻き込んで
イベントを開催していた。

相撲大会や社員旅行の写真も出てきた。

昭和だ!!
でも、とてもあたたかい感じがしたな。


会社の歴史を見た感じ。

がんばっていたんだなぁ。。

写真をデータ化して、
父親にみせてあげようっと。




いまここの白坂裕子でした。

宇都宮には25年前に
5年間ほど住んでいた。

宇都宮といえは餃子。
香蘭の餃子

めちゃ。美味しかった。




毎日毎日子供たちを遊ばせていた公園を訪ねた。

遊具は撤去されてたけど
鳥居⛩ブランコは残っていて

よくわからないけど
泣きたくなった。



宇都宮で4人目を出産して
主人の転勤で
6歳5歳3歳0歳、4人の子供とともに
名古屋へ移り住んだんだ。

誰も知らないところで
4人の子育てをがんばった私は
えらい!と思った!

なんか自分を褒めてあげたい気持ちに
なった。はじめてな感覚。

子供たちも、みーんな独立した。

私は、またその頃とは
全く違う時間をいま、楽しんでいる。

毎日が
新しい人との出会いで
主婦、子育てをしていた時とはちがう。

きっと、10年後また
違う時間が流れていて

変化を楽しみ
もがきながら?
楽しくしているんだと思うな。

今まで関わってくれてる皆々さま。
ありがとう。

未来はあんまり考えないタチだけど

小さなことでも
チャレンジしながら
楽しく生きたい。


いまここの白坂でした。


↑このページのトップへ