沢山の情報がネット上に公開されている中で、本名より顔がわかる画像が公開されることに抵抗を示す人が多くいることがわかりました。
 しかし、顔を出すことは信頼性につながると言うことがわかりました。覆面をつけた知らない人と、顔を出している知っているひとが、同じ飲み物を売っていても、後者から飲み物を買う人の方が多いでしょう。顔を出すことにはそれだけ、信頼性を高める効果があることがわかりました。
 企業はSNSを使い様々な方法で広告を行なっています。例として、ハーゲンダッツのTwitterのアカウントでガリガリ君の名前を出してツイートするなどの方法が挙げられます。
 このようにSNSは、日々変わって行き、それに応じて企業なども色々な宣伝の仕方をしていくのだと思いました。