月別アーカイブ / 2017年12月

※この記事を読んでしまうと壱岐島の食の豊かさに悔しさが込み上げてくるので、ご注意ください。

あ~、お腹すいた!!

ー年の瀬が近くなり、今日は大掃除の日。

疲れたんで、夕ご飯は簡単に作りたいなー。
でも、美味しいのが食べたいよぉ。

って、ことで✨

スーパーヤマグチで買ってきちゃいました↓
1514635665337.png

脂がのってます!!
コシナガマグロ(480円)!!

うぉー、キレイなピンク色♪
旨いのが見てわかりますね(^-^)
IMG_20171230_204416_006.jpg

そのままでもぜったい美味いはず!!
しかし、ここは、、、

こうだぁ~!!
IMG_20171230_204502_897.jpg
醤油:酒:みりん=1:1:1で漬けますよ!!
これを冷蔵庫でしばらく染み込ませます。

そして、炊きたての壱岐島山信産のお米♪
壱岐島でもっとも美味い米です✨
IMG_20171230_204543_307.jpg

もちろんツマの大根も使います。タンパク質と食物繊維も取れるバランスの良さ✨
IMG_20171230_204932_967.jpg

さぁ、脂のってるマグロをのせますよー!!

ドーンとね❤

IMG_20171230_205010_910.jpg
ウッヒャー!!

ここに卵黄ものせちゃいます!!

あぁーーー!!
IMG_20171230_205052_464.jpg

卵黄をつぶしてしまうアクシデント。。。

しかし、かえってめっちゃくちゃ美味そう。

大葉ものせます。スリゴマをかけて、ワサビも添えて、、、

完成!!
IMG_20171230_205131_033.jpg
かっ、完璧すぎる✨

材料費700円ぐらいで、東京なら倍ぐらいしそうなクオリティじゃないでしょうか?
IMG_20171230_205217_481.jpg

美しい。。。
IMG_20171230_205409_371.jpg
とろけます。

美味しすぎて、まったく言葉が出てきませんね。

出るのはただニンマリ笑顔だけ。
20171230_214113.jpg

ごちそうさまでした♪

こんにちわ、丼と言えばやっぱ一番は''カツ丼''のシバッチです。

壱岐島カツ丼列伝No.3は、勝本町勝本浦にある''よしもと''さんです!!
IMG_20171229_171916_503.jpg

カウンター席とテーブル席があり、今回はテーブル席へ。
20171226_120708.jpg
カウンターには亀ちゃんが!!
IMG_20171229_172240_016.jpg
恐らく「カツ丼はよくカメよ!!」と言っているのでしょう。

よしもとのオススメはこちらの''天刺定食''
20171229_172356.jpg

天ぷら、刺身、小鉢等がついて、超絶美味そう。。。

そこをグッとこらえてカツ丼(650円)をオーダー。こちらのカツ丼は人気メニューでカツ丼目当てに島外から訪れる人もいるとか。

さて、しばらく待つとやってきましたよ♪

これが、

よしもとのカツ丼だー!
IMG_20171229_172037_977.jpg注目すべき具材は『かまぼこ』ですね。

以前はしいたけも入ってたのですが、しいたけ嫌いな人もいるので、なくなったとのこと。しいたけからもいい出汁出てたと思うので少し残念ですが、致し方ありません。
20171226_121738.jpg

早速いただきます。


うん。カツ丼って、まぁ。

幸せですよね。
IMG_20171229_172434_665.jpg

ごはん上にカツを乗せて、卵でとじる。

このレシピは大発明ですよね。
20171226_121710.jpg
お味噌汁にはカジメが入ってました✨

カジメは、ハタキみたいな海草です↓
特に寒い時期にはカジメを味噌汁に入れて飲むとトロっとトロミが出て、一口飲めば「はぁ~~(´∀`~)」っと温まって最高なんですよー。

そんな、よしもとのカツ丼(650円)の評価です。
5段階評価ので表してみます。

○美味しさ:★★★★
○値       段:★★★
○卵トロ度:
○ツユダク:
ボリューム:

うどんやそば、お弁当や鉢盛もオーダーできますよ🎵

このカツ丼に天ぷらのついたスペシャル定食は超ボリューミー!!お試しあれ✨
20171229_195706.jpg

【よしもと食堂】

今回から【壱岐島温泉ブログ:ツカル】、
スタートです!!

《ツカル》は『温泉に浸かる』、『疲れを取る』ってイメージです✨

壱岐島は対馬暖流の影響で温暖な気候なんですよ~。といっても、今年の壱岐島は12月に雪がパラパラ降る日が数回あり、例年より寒いようです。

ガクガクブルブル((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

温泉で身も心も、
暖かくなりたい!!

ということで、勝本町にある「平山旅館」にやって来ました。島で温泉』ってキーワードだけでなんだか癒されますね。
IMG_20171217_122804_445.jpg

看板には、奥壱岐千年湯、露天風呂、家族風呂とあります。
IMG_20171217_122905_413.jpg

旅館入口には「日本秘湯を守る会」とあります。ここにはどんな『秘湯』があるのでしょうか!?
IMG_20171217_123104_819.jpg

落ち着いた雰囲気のエントランス。こちらで呼び鈴をチリンと鳴らし、入浴料(500円)をお支払いします。タオルも貸していただけるので、手ぶらでもOKなのですさっそく露天風呂へ向かいましょう!!

むむっ!?途中の通路に神々しい方が!?
IMG_20171218_092221_011.jpg

こちら神功皇后(じんぐうこうごう)

スーパーウーマンだそうです!!

5世紀頃の話ですが、夫の14代天皇:仲哀天皇が急死した後の政事を執り行い、妊娠したまま、朝鮮半島へ出兵。

なんとお腹に石をさらしで巻いて、出産を遅らせたそうです!

そんな神功皇后に恐れをなしたのか、結局、新羅の王は戦わずして白旗を上げ、高句麗・百済も朝貢を約束してしまい、神功皇后は『三韓征伐』を成し遂げます✨

その朝鮮出兵の後、15代:応神天皇を出産し、この湯ノ本地区の温泉を産湯に使ったそうです。
20171218_092356.jpg

なんと1500年以上の歴史を誇る日本でも屈指の古湯らしく、神功皇后の「子宝の湯」としても有名。

実際、こちらの女将、若女将も子沢山なんですよね。そして、パワフル(^-^;
IMG_20171217_123227_039.jpg

男湯は応神の湯、女湯は神功の湯です。
もちろん応神の湯に入りますよー(^-^)v
IMG_20171218_095341_723.jpg
20171218_095236.jpg
屋内風呂が2つもありました。サウナもあり、サウナーには嬉しいですね♪
IMG_20171218_100134_158.jpg

さぁ、お待ちかねの
露天風呂です✨
IMG_20171218_095128_742.jpg

草木もあって視覚的にも癒されますね~。
IMG_20171218_095609_437.jpg

原泉100%かけ流しの泉質は、鉄分を含んだ食塩泉。岩盤のすき間から染み込んだ海水が、長い年月の後に温泉水として地上に噴出したそうです。
IMG_20171218_100758_489.jpg

効能は、外傷、皮膚病、神経痛、リューマチ、婦人病など。
IMG_20171218_095653_866.jpg

わき出てくるときは透明ですが、空気に触れたとたん、含まれている鉄分が酸化して赤くなります。

家族でゆっくり温泉を楽しめる貸切家族風呂も2つあります!!こちらは1時間2,000円。4人家族だと十分、元がとれますね✨
IMG_20171218_101717_812.jpg

脱衣場はこんな感じ。
ドライヤーなどもあります♪
IMG_20171218_101346_879.jpg

家族風呂は露天風呂!!
ゆっくり入れそうですね。
20171218_095841.jpg

贅沢な時間ですね。
''THE 癒しTIME''
IMG_20171218_101522_337.jpg

なんと温泉には女性に嬉しい

ダイエット効果

もあるらしいですよ!!
IMG_20171218_101617_561.jpg

人間の体は体温が1℃上昇すると基礎代謝量が10%上がるそう。温泉で体を温めることはリラックス効果に加え、基礎代謝量を底上げすることができ、痩せやすい体にもなるそうです✨
ゆっくり温泉に浸かって、手足をマッサージしながら、汗をかき、美白にもなれる。運動するよりも、楽ヤセできそうな気さえしてきますね(^-^;

温泉が年中入れる壱岐島。
ぜひお越しください!!

【平山旅館】
〒811-5556
壱岐市勝本町仲触77
TEL 0920-43-0016
宿泊:13,000~28,000(一泊二食、税別)
いつも「いいね&フォロー」ありがとうございます!!あなたの''ポチっと''が大好物(笑)

↑このページのトップへ