今日のゲストは写真家の篠山紀信氏。
喋っていると楽しくなってしまう。
ワクワクしてしまう。感心してしまう。

よく、僕ら一般人の抱く
カメラマンのイメージに

「いいよいいよ!かわいいよ!
 きれいだよ!いいよ!」

とか言ってモデルをおだてて
いいい気持ちにさせて
あっという間に服を脱がせちゃうてのがある。

篠山紀信さん具体的は
そんなベタなアプローをしないであろうが

一緒に過ごしているうちに
相手を気持ちよくさせてしまう力に関しては
それ以上のものを持っていると思う。

原美術館で開催される写真展のタイトルは「快楽の館」
古くて由緒正しい洋館である原美術館でヌードを撮影し、
撮影したその場所に引き伸ばした写真を展示するという
試みの面白さが、トークからビンビン伝わる。

そして、とれがトークの面白さにとどまらず
実際にその場所で見たら、
数倍もビンビンビン来るであろうことも
伝わってくる

(ご案内はこちら)
うまく入り込めればVRを超える
いや、現実を超える体験ができるのではないか?
と思っている。今から楽しみだ。

余談だが、
いつものゲスト来場記念の写真撮影。
写真好きのスタッフが
いつものように自前の安いデジカメを持ってくるの見て。

「こいつすげえな」

と思った。
天下の篠山紀信を撮るって、、、。