結婚はしたものの
まだまだ、俳優では食べていけない僕が
夜、狭いアパートで一人待っていると
北向きのドアが開く音がして
冷たい風とともに、とんかつの匂いが漂ってくるんです。
とんかつ屋で丸一日アルバイトをしたかみさんにとんかつの匂いが染み付いているんです。
その時、寒さととんかつの匂いと共に
苦労させてすまないな
情けないなって感情が湧いてくるんです。

今日のゲスト、田山涼成さんの
新婚時代であり下積み時代でありの
思い出話。

風も吹くし、匂いもするし、
感情も動かされるし、
ラジオって、バーチャルリアリティより
すごいなあって思う。

あ、田山さんの話の続き。
大事なところを書き忘れた。

とんかつの匂いに少し遅れて
入ってきたかみさんが
「大丈夫あなたがんばってるんだから」
と言ってくれると、
それだけでもっと頑張れた。