深夜のラジオで
テンションを上げまくって
どうかしてることを二時間もノンストップで
怒鳴り続けると、
なんだか脳が興奮して、なかなか寝付けない。

以前だったら、赤坂から池袋方面まで
歩いて帰ることで体を疲れさせるとともに
クールダウンして、
それでもダメなら、
家でゆっくりゲームをしてから寝たりしていたのに
この4月からは

午前3時に深夜放送が終わると
午前6時半からはじまる
朝の番組の打ち合わせに備えて
そのまま有無をいわさず、
スタジオの床に敷いたマットレスで
半ば強制的に寝るものだから

心と体のバランスがおかしいままになるのか、
毎週変な夢を見る。
今朝は、寝る寸前まで一緒にラジオをしていた
スタッフの渡辺くんが急に死んでる夢で
悲しくて泣くやら、自分が疑われたらどうしようと焦るやら

(夢のなかの僕は、僕が勧めたフグ肝のパティを
 パンに塗って食べたせいだ、、、と理解して震えていた。
 パティの入った瓶のラベル『何もかも旨し』と書いてあった
 なんじゃこりゃ)
 
目を覚まして事態を理解して
一旦トイレにいくと
もう永久に終わらないのではないかと思うほど尿が出た。
スタジオの寝床に戻る途中
件の渡辺くんにばったり。

あれほど、心配かけたくせになんの詫びもない。
やっぱり現実の渡辺くんはいつもどおりムカつくやつだな。
と思い再度寝た。

しばらくなれるまでかかるだろうが、
当面の心配はオネショだ。