月別アーカイブ / 2016年05月

自分のラジオのしゃべりの中で
恥ずかしいほど本音が現れちゃうコーナーに
ラジオショッピングがあるのは
お気づきの通り。ま、カムアウトもしてるし。

今日のウナギも本気で美味しかったし
自分がその善し悪しの判別がつかないアイテムに
関しては、ぼんやりとした反応をしちゃう。

ものを売り買いするコーナーだし、
美味いものは「美味い」個人的に安いと思えば「安い」
よくわかんなければ「、、、」これでいいと思ってる。

さて、これとはほかに
なるべくなら、そこは感情を出さないほうがいいなあ
と、思っているのに、
良く聴くと漏れちゃってるコーナーが
あるのを自覚している。

それは、、、
せっかくだからクイズ形式にしておきますね。
答えを頭の中で予想しておいてくださいな。
少し後で、答えを書きます。

伊集院光とらじおと
今日のゲストは平田オリザさん。

S__26550274
いつお会いしても面白い話をしてくださる。
それもゲラゲラ笑うっていうんじゃなくて
深い話、興味深い話。 

アンドロイド演劇、ロボット演劇の話
目の前に女優の柴田理恵さんがいて
いつになく真面目な空気なのも含めてワクワク。

そのうち
「アナウンサーはもっと近い将来
 ロボットに置き換わるのでは?」
と有馬アナに飛び火。

CM開けでスタジオに入った
お天気のお姉さんが
「天気予報も、、、」
とやった時には、笑っていいやら引きつるやらで。

話の途中にでてきた
「演劇入門」という本は
僕のバイブルの一つで、
どうか同業者には読まないでいただきたい。

演劇入門 (講談社現代新書)
平田 オリザ
講談社
1998-10-20

 

今日はほんとドタバタ!
ブログ書いているヒマがないー!
というブログ。
この短さで忙しさを感じてよ。
また後で! 

家の前の植え込みを
ふと見たら
まさかの蝉の幼虫が
土から出てきました。
IMG_4618
暑い日が続いたから?
たまたま?
もしこれが気の早い羽化だとすると、
あまりに悲しくないっすか?
長い幼虫時代を終えて
早く地上に出て、
一週間の命
合コンの集合時間間違えて
一人だけ早く店について、
制限時間の2時間が終わり
家に帰って寝てから
女子を始めみんながお店に集合という、、、。
潜り直せ! 

五木寛之さんと
お話させてもらっていて
一言一言に感動を覚える。

生きるヒントは
僕が落ち込んでいる時に
ヒントをいっぱい貰った本だ。

偉そうなことを言ったかもだけど、
今読み返すと、
五木さんが色々なご苦労の中で
ようやく見つけた結論を
吟味に吟味を重ねて
確認するように書かれておられるように思える。

中でも、番組中ご紹介させていただいた、
スマートブック版の生きるヒントは
一時期ずっと持ち歩いていたほど。

とにかく読み手のことをよく考えた装丁で、
目次、短文、エッセイ、と
忙しい時には目次から一項目だけでも、
短文だけを続けて読んでも、
じっくりエッセイを読んでもいい作り。

五木先生の文章の魅力を知り尽くした人が
作った本だと感じる。

生きるヒント1巻より

第一章「歓ぶ」

毎日がとてもしんどく感じられた頃のことです
一日に一回、
どんなことがあってもよろこぶ。
そう決心しました。
そしてそれを手帖に書くことを決めました。

この後に二十数ページのエッセイが続きます。
字の間隔も大きさも読むものに心地いい形で。

僕の文章力はさておき、
この本の作り方は
いつか絶対パクりたい!
堂々と何を言っているんだって?
この本は「ヒント」の本だから参考にしていいでしょ。 

新版生きるヒント1
五木 寛之
学研パブリッシング
2013-11-26

 

↑このページのトップへ