今日(旧暦7月15日は台湾の「中元節」
旧暦7月1日(新暦8/11)は「鬼門開」
旧暦7月30日(新暦9/9)は「鬼門關」

と呼んでます。
IzP_yjkoeW.jpg



「鬼月」と呼ばれる旧暦の7月は、霊界の門が開いて霊魂が下界をさまよう月。


_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4008.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4053.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4054.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4057.HEIC



中元節には、霊魂(好兄弟)が
最も多くさまようとされ、一緒家庭や会社、お店など先祖にお供えをして霊魂を慰める習慣があります。


台湾語でさまやよ霊魂のことは「好兄弟」と呼んでます。




中元普渡は例年の伝統行事
霊魂を供養するお祭りがあちらこちらで行われてます。


_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4047.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4051.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4050.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4052.HEIC


お供え物はだいたい

お菓子🍪🍘🍭

ドリンク

果物🍎🍇🍊

など。







_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4063.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4066.HEIC






赤旗の上に「信士」が書いてある所、自分の名前を書いておき。
XpNWWE40R5.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4006.HEIC





祭りは終わったら、赤旗🚩、線香、
金紙(きんし)と一緒燃やし、
それは霊魂が迷わないための道しるべだそうです。

金紙は先祖や霊魂があちらの世界でお金に
困らないように








また、鬼月の期間は霊がさまよっているため、タブーとされる行為がたくさんあります。




例えば、旅行、結婚式、引っ越し、車を買う、夜に洗濯しない、口笛を吹かない、なども昔から伝わってます。






台湾では「雞籠中元祭
別名「基隆中元祭」は中華民國交通局
によって
台灣十二大地方慶節」の一つになり、重要な民俗行事です。



色々ご参考になれば嬉しいです。