九州で発生した地震の被害にあわれた皆さまに心からお見舞い申し上げます。
これ以上の被害がでないことを祈っております。

ニュースを目にする度に、そしてそうでないときも苦しくなりますが、今起きている現実をしっかりと受け止め、自分には何ができるのかを考え、行動していきます。

いま動ける私たちが、経済活動を行うこと。それも支援につながります。
遊んだり、買い物をしたり、おいしいものを食べたり、旅行に行くなど。そういう気になれないように思います。

でも、それをストップしてしまっては、経済が動かなくなってしまいます。私は「支援につながる行動をする自分で在ること」これに基づいて、仕事をしたり、出かけたり、買い物をするなどの選択をしていきます。

いつ、何が起きるかなんでわからない。これまで何度も思ってきましたが、今も改めてそう思います。だからこそ、今を大事にして、今をしっかりと生きていきます。