月別アーカイブ / 2018年06月

IMG_5963.JPG
刻んだパクチーやにんにく、唐辛子をオイルに漬けるだけ! 
パクチー好きのための「パクチーオイル」の簡単作り置きレシピをTABILABOでご紹介しています。

このオイルを焼いたお肉や魚にかけるとおいしいんです!パスタに絡めたり、カルパッチョにかけるのもおすすめです。

パクチーを初めて食べたときは、未知の味過ぎてどう受け止めたらいいのかがわからず戸惑いましたが、今ではエスニック料理などを作る際には欠かせない食材になりました^^

レシピはこちらからご覧いただけます!
https://tabi-labo.com/287906/corianderoil


IMG_6040-1024x683.jpg
パクチーを使った自家製調味料レシピでは、「【材料3つ】パクチーにんにく醤油」もおすすめです。これからの季節は、バーベキューで大活躍しますよ^^焼いたお肉や野菜につけたり、焼きそばの味つけに使ったりしてお楽しみいただけます。
https://glutenfree-life.com/recipes/coriander-soysouse/



「醤油:酒:砂糖=1:1:1に昆布をプラス」と覚えるだけ!
自家製「照り焼きのたれ」の作り方をご紹介します。

照り焼きってどうしてあんなにおいしいんでしょうか^^照り照りな見た目がより一層おいしく感じさせているような気がします。

IMG_6153.JPG
自家製「照り焼きのたれ」の材料は4つ。醤油、酒、砂糖、昆布です。
醤油、酒、砂糖は照り焼きの定番の材料ですが、ここに昆布をプラスするとうま味が加わってさらにおいしくなりますよ^^

これをストックしておけば、焼いたお肉や魚に絡めるだけですぐに時短でおいしい照焼きを作ることができます。

レシピはこちらです。

■自家製「照り焼きのたれ」
IMG_6165.JPG
(材料:作りやすい分量)
醤油…50ml
酒…50ml
きび砂糖(もしくは甜菜糖か砂糖)…50ml
昆布…5×5cm

※甘さを控えめにしたい場合は、砂糖の量を10〜20ml程度減らしてください。

(作り方)
1.小鍋に全ての材料を入れて中火で熱し、きび砂糖を溶かしたら火を止める。
IMG_6158.JPG

2.粗熱が取れたら昆布と一緒に煮沸消毒した保存瓶に入れて冷蔵庫で保存する。
※冷蔵庫で保存し、1週間を目安に使い切ってください。
IMG_6159.JPG


1Wz9rNZ8IA.03.47.png
照り焼きを作るときは、以下の分量を目安にしてください!

肉1枚あたり…小さじ4〜大さじ1と1/2
魚1切れあたり…大さじ1〜小さじ4
豆腐1丁(300g)あたり…小さじ4〜大さじ1と1/2

照り焼き以外では、甘辛味の炒め物に使用するのもおすすめです^^






DENZrgcVYAEH6tu.jpg
料理のトッピングにパセリを購入したものの、余らせていつの間にかカピカピになってしまった、、!なんて経験ありませんか?1袋に結構な量が入っているので、使いきれないこともありますよね。

無駄なく使いきる方法として、冷凍してしまう方法もありますが、今回は、オーブンを使って「ドライパセリ」を簡単に作る方法をTABILABOでご紹介しています^^

ドライパセリにすれば、余分な水分が抜けるから、しばらくの間(冷蔵庫で3〜4週間くらい)は保存ができますよ。自家製ドライパセリは香りがよくて、緑色が綺麗です^^

作り方はこちらからご覧いただけます!
https://tabi-labo.com/287902/driedparsley



↑このページのトップへ