月別アーカイブ / 2018年06月

pDS3H9Zueq.06.38.png
この週末は、梅仕事をしました^^

青梅も好きですが、黄色い完熟梅が大好きなので、ここ数年の梅仕事は完熟梅を選ぶことが多かったのですが、今年は青梅でも梅仕事をしました。

梅仕事というと、なにやら難しそう、、と思う方もいるかもしれませんが、工程はシンプルで意外と簡単です!

梅仕事を難しくしない大事はポイントは、使用する「梅の量」にある気がします。
あまりにも量が多すぎると、ほんとうに仕事っぽくなって楽しめなくなってしまうかもしれないので、楽しむぐらいに作りたいときは、500g〜1000gを目安に作るといいのではないかと思います^^

500g程度なら、ひとりで梅仕事をしても調理時間は10〜15分ぐらいです。

IMG_1856.JPG
IMG_1858.jpg
先週末は、地元の睦沢町で梅狩り体験のイベントがあったので、今回はそのときにとった梅で「青梅のしょうゆ漬け」と「青梅のサワーシロップ漬け」を作りました!どちらも少ない材料で簡単に作れます^^

完成したら2ヶ月ほど持つので、しばらくの間は青梅を楽しむことができますよ!

青梅のしょうゆ漬けは、伯母に教えてもらってから作るようになったのですが、青梅を醤油に漬けるだけで簡単に作れるのが魅力です。青梅の風味が移った醤油でお刺身を食べると抜群においしいんです!!

レシピをご紹介します^^

■材料2つで簡単! 青梅のしょうゆ漬け
twipkWv6nV.35.42.png
(材料:作りやすい分量)
青梅…500g
醤油…500ml

(作り方)
1. 青梅を水で洗ってボウルに入れ、ひたひたの水を注いで1時間おいてアク抜きをする。
OVgpq1JYTN.38.02.png

2. キッチンペーパーや清潔な布巾で青梅の水気をしっかりふき取る。
8sm9hosgOg.31.34.png

3. 竹串でヘタを取り除く。
※ヘタを取るとエグ味がでなくなります。
o3QRWCrHdC.31.25.png

4. 煮沸消毒した保存瓶に青梅を入れる。
3g87ezwNo5.32.47.png

5. 醤油を注ぎ、冷蔵庫に3〜4週間おく。
※漬け汁が青梅に染み込んだら完成です。
bp8fsPgjZ9.32.38.png
※冷蔵庫で保存し、2ヶ月を目安に使い切ってください。

small.jpg
dLXk7_knMB.34.02.png
青梅のしょうゆ漬けの梅は刻んで炒めものや和えものに、醤油はいつもの醤油の代わりに使用できます!

梅の風味と酸味が加わって豊かな味わいの醤油はオリーブオイルと1:2で混ぜてドレッシングにしてもおいしいですよ^^


34369241_1702021263222614_1478886174931025920_n.jpg
旬の青梅をぜひご家庭で楽しみませんか^^


column_23bc95a15a01f1273f79f4dcaad2939f.jpg
ダイエットするなら知っておきたい「MCTオイル」と 朝・昼・夕の簡単レシピ3選をぐるなびdressingでご紹介しています^^

ダイエット=油はNGではなく、どんな油を選ぶか?に気をつけたいところです。
今回はおすすめの油「MCTオイル」を使った 朝・昼・夕におすすめな簡単レシピをご紹介しています。


■グリーンスムージー
column_eb10b4fd1e9bed1dd38ef230f8f6985b.jpg
5つの材料で簡単に作れるスムージーのレシピです。
スムージーは果物をたくさん入れると糖質のとり過ぎの原因になりますが、今回はりんごを使って入れすぎないレシピにしているので、糖質少なめです。甘さ控えめでスッキリと飲めます^^


■鶏むね肉とたっぷり野菜のパンサラダ
column_f6fdb610a57b0510e7d0a425f10056a1.jpg
野菜たっぷりなパンサラダのレシピです。お肉も野菜もパンも入って栄養バランスがいいから、忙しいときはこれ一皿でも満足感があります。

■具沢山ミネストローネ
column_23bc95a15a01f1273f79f4dcaad2939f.jpg
遅く帰った夜にもおすすめなミネストローネのレシピです。トッピングに温泉卵をのせるとごちそう感が増します^^

レシピはこちらからご覧いただけます!
https://www.gnavi.co.jp/dressing/article/21672/ 



IMG_7128.JPG
安ウマ食材の鶏胸肉ともやしで作るヘルシー常備菜! 「鶏胸肉ともやしのナムル」の簡単レシピをAll Aboutでご紹介しています^^

糖質オフをしている方はそのまま食べるか豆腐にのせて、糖質オフをしていない方はごはんにのせて食べるのがおすすめなレシピです。

主材料は「鶏胸肉、もやし、にら」の3つだけ!
豆板醤を入れたピリ辛味が食欲をそそります(辛いのが苦手な方は入れなくてOKです)。

IMG_7107.JPG
鶏胸肉は、ひと手間加えるとパサつきが気にならずにより一層おいしく食べることができます。そのひと手間についても記事でご紹介しています。

レシピはこちらよりご覧いただけます^^
https://allabout.co.jp/gm/gc/474974/



↑このページのトップへ