月別アーカイブ / 2018年01月

column_364da743255c04810ee28e92ab062ae7.jpg
1月も半ばになりましたが、お正月用に購入したお餅が残っている!という方はいませんか?
そろそろ食事として食べるのは飽きてきた、、という方には、「餅スイーツ」のレシピがおすすめです。

ぐるなびdressingでは、餅チョコドーナツ、さつまいも餅、あんこ餅パイのレシピをご紹介しています。個人的には、材料3つで作れるあんこ餅パイが特におすすめです^^


■餅チョコドーナツ
carousel_f6b5f518a9e899f7e1d7b7e8f754d554.jpg
生地を丸めてオーブンで焼き上げて作るから、揚げ油の用意不要で簡単に作ることができますよ。とろ〜りチョコレートをかけたツヤツヤな見た目がチョコ好きにはたまらない1品です。

■さつまいも餅
column_d39851d740835a602452cd182f4049d3.jpg
さつまいも入りのみたらし団子をイメージして作ったレシピです。甘じょっぱいたれとさつまいものやさしい甘みのお餅が相性◎トッピングのくるみの食感がアクセントになっています。

■あんこ餅パイ
column_364da743255c04810ee28e92ab062ae7.jpg
パイシート、あんこ、もちの3つの材料で作れるパイです。パイのサクサク、お餅のもちもちな食感の変化が楽しい1品です。

レシピはこちらよりご覧いただけます^^
https://www.gnavi.co.jp/dressing/recipe/21343/ 

9Wgh2H9D35.29.32.png
冬のおやつにおすすめ^^
チョコ:生クリーム:卵=2:1:1の黄金比でつくる 濃厚なめらかな「生ガトーショコラ」とアレンジ2レシピをご紹介します。まるで生チョコのような濃厚さのあるチョコレートケーキです。
こちらのレシピは2:1:1以外の配合も試してみましたが、食感や濃厚さの仕上がり具合は、この配合が一番おすすめです!

気は早いかもしれませんが、こちらはバレンタインにもおすすめのレシピです。(バレンタインまであと1ヶ月ですね!)
今回のレシピではミルクチョコレートを使用していますが、ミルクチョコレートとビターチョコレートを1:1で混ぜて使用するとより一層おいしく作れますよ。

まずは基本の生ガトーショコラのレシピからご紹介します!

■濃厚生ガトーショコラ
IMG_1897.JPG
(材料:縦16cm×横8cm×高さ5cmのパウンド型1台分)
ミルクチョコレート 200g
生クリーム(もしくは牛乳) 100g
卵 100g(約2個分) 

(作り方 )
1. 耐熱ボウルに生クリームを入れて湯煎で熱し、温まったら湯煎からはずしてミルクチョコレートを加えて混ぜて溶かす。
※生クリームは湯煎にかけるのではなく、耐熱ボウルに入れて600Wの電子レンジで1分ほど温めてもOK。
IMG_2049.JPG


2. 1のボウルに卵を溶きほぐして少しずつ加えてやさしく混ぜ合わせる。
IMG_9879.JPG

3. クッキングシートをしいた型に流し入れる。
IMG_9884.JPG

4. 180度に予熱したオーブンで表面が焼けるまで18〜20分焼いたら網の上で冷ます。
ARUkd9zyYw.00.51.png


5. 粗熱が取れたらラップをして冷蔵庫にひと晩おく。
IMG_9869.JPG

6. お好みで表面にココアパウダー(分量外、適量)をふり、8等分に切り分ける。
※食べるときにお好みでエキストラバージンオリーブオイルや塩を少しかけて食べるのもおすすめです。
Mm8g_bkI9u.38.03.png


続いて、アレンジレシピをご紹介します。

■ラズベリー入り濃厚生ガトーショコラ
pHAV_nUvqt.30.21.png
(材料:縦16cm×横8cm×高さ5cmのパウンド型1台分) 
ミルクチョコレート 200g 
生クリーム(もしくは牛乳) 100g 
卵 100g(約2個分) 
冷凍ラズベリー 40g

(作り方)
・濃厚生ガトーショコラと同様に作り、「作り方3」のときに1/3量を流し入れたら冷凍ラズベリーを散らしてから残りを流し入れ焼く。



■ラムレーズン入り濃厚生ガトーショコラ
9Wgh2H9D35.29.32.png
(材料:縦16cm×横8cm×高さ5cmのパウンド型1台分) 
レーズン 40g
ラム酒 大さじ1
ミルクチョコレート 200g 
生クリーム(もしくは牛乳) 100g 
卵 100g(約2個分) 

(下準備)
・ボウルにレーズン、ラム酒を入れて混ぜてラップをし、冷蔵庫にひと晩おく。

(作り方)
・濃厚生ガトーショコラと同様に作り、「作り方2」のときに溶き卵をすべて混ぜてからレーズンも混ぜる。


冬のおやつやバレンタインスイーツ作りのご参考になりますとうれしいです^^


新年を迎えて今日で5日目ですね。
7日には七草粥、11日の鏡開きの日にはぜんざいを食べる方も結構いるのではないでしょうか。
※鏡開きの日は地域により異なるところがあります。

Jzq4qRJzIY.26.14.png
鏡開きの日には、手作りのあんこで作る「ぜんざい」を作ってみませんか^^
手作りのあんこなら、自分好みの甘さに調整ができますよ。

レシピをご紹介します!
まずは手作りのあんこの作り方から。甘さは控えめのため、甘いのが好きな方は、きび砂糖の使用量を200gにしてください。

■あんこの作り方(保存期間の目安:冷蔵庫で3〜4日、冷凍庫で1ヶ月)
dPjLFSK29_.15.36.png
(材料:作りやすい分量) ※出来上がりの重量:約900g
小豆 300g
Aきび砂糖(もしくは甜菜糖かココナッツシュガー) 130g
A黒砂糖(なければきび砂糖か甜菜糖かココナッツシュガー) 20g
A塩 ひとつまみ
水 適量 

(作り方)
1. 小豆を洗ってから鍋に入れ、小豆が浸る量の水を注ぎ入れて強火で熱し、煮立ったらザルにあげてお湯を捨てる。これをもう1回繰り返す。
IMG_9658.JPG

2. 鍋に小豆を戻し入れ、小豆が浸る量の水を注いで強火で熱し、煮立ったら弱火にする。アクがでてきたらすくって1時間茹でて、ザルにあげてお湯を捨てる。
※小豆がお湯から頭を出さないように、お湯が少なくなったら水を足してください。
※茹で時間は1時間が目安ですが、1時間経ってもまだかたい場合は、小豆が指でつぶせるやわらかさになるまで茹でてください。新豆を使用する場合は、茹で時間は40〜60分程度を目安としてください。
IMG_9660.JPG

3. 鍋に小豆を戻し入れ、小豆が浸る量まで水を注いで強火で熱し、煮立ったらふつふつする位の火加減に調整してAを加えて混ぜる。
IMG_9677.JPG

4. 木べらで時々混ぜながら、少し水分が残る程度まで10〜15分ほど煮詰める。
※冷めるとかたくなるため、水分が完全に飛ぶまでは煮詰めないようにしてください。
IMG_9683.JPG

5. 1/3量は木べらでつぶす。
これで完成です!煮沸消毒した保存容器に入れて冷蔵庫もしくは冷凍庫で保存してください。
IMG_9655.JPG


次に、ぜんざいの作り方をご紹介します^^

■ぜんざいの作り方
cQmZ1orrXc.11.51.png

(材料:2人分)
あんこ 150g
きび砂糖(もしくは甜菜糖) 10g
塩 ひとつまみ
水 100ml
切り餅 2個

(作り方)
1. 鍋にあんこ、きび砂糖、塩、水を入れて強火で熱し、煮立ったら弱火で3分煮る。
IMG_9726.JPG

2. 切り餅をオーブントースターでこんがりと焼く。 
IMG_9728.JPG

3. 1と焼き上がった切り餅を器に盛る。
96P9FkovWR.36.53.png

手作りのあんこで作るぜんざいのレシピをご紹介しましたが、あんこまでは手作りはできそうにない!という方は、市販の小豆缶を使用すると、簡単にぜんざいを作ることができますよ^^





↑このページのトップへ