月別アーカイブ / 2017年01月

wbnXckH9wW.15.09.png
バナナがいい感じに熟したので、マフィンを作ってみました^^
粉類は玄米粉、アーモンドパウダーを使ったグルテンフリーなマフィンです。

ここ数年でグルテンフリーの健康・美容への影響を耳にするようになりましたね。
やはり実践してみないと身体への影響は分からない!ということで、最近豪さんとふたりで実践しています。

レシピ開発ではグルテンを含む食品を食べますが、それ以外の食事やおやつでは極力とらないようにしています。まずは1ヶ月は続けて、体重や体型、肌、体調の変化などを観察してみます^^

グルテンフリー実践中でもスイーツは食べたいので、しばらくはグルテンフリーなヘルシースイーツレシピを作っていきたいです。

今回作った玄米バナナマフィンは、玄米粉やアーモンドパウダーの香ばしい味わいがじんわりと広がっていきます。つぶしたバナナやココナッツオイルなどを生地に混ぜてしっとりさせるので、パサつくことなく外はサクっ、中はしっとりな仕上がりです。

甘みはバナナ、ココナッツシュガー、メープルシロップを組み合わせることで複雑な甘みになり、もの足りなさを感じません。バナナは完熟したものを使うと濃厚な甘みが加わりおいしくなりますよ。

それでは、レシピをご紹介します^^

*メープル玄米バナナマフィン*
 gOaOlZiXMp.15.48.png

(材料:直径6cmのマフィン6個分)1個あたり227kcal

バナナ(完熟)…1本(200g)

卵…1個

ココナッツシュガー…大さじ5

ココナッツオイル…大さじ2

豆乳(無調整)…大さじ4

A玄米粉…100g

Aアーモンドパウダー…40g

Aベーキングパウダー(アルミニウムフリー)…小さじ1

クルミ…10g

メープルシロップ…大さじ1


(作り方)

1.ボウルにバナナの1/3量を入れてつぶす。残りのバナナは12等分に切る。
IMG_2587.JPG
 

2.1に卵、ココナッツシュガー、ココナッツオイル、豆乳を加えて混ぜ合わせる。
 IMG_2589.JPG


3.Aを混ぜてから加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

IMG_2593.JPG

4.クルミを手で粗く砕いて加えて混ぜる。

IMG_2594.JPG

5.マフィン型に4を入れてバナナをのせ、メープルシロップを表面に塗る。

IMG_2601.JPG

6.180度に予熱したオーブンの2段目に入れて15分焼き、220度に温度を上げてさらに5分焼く。
iW4Qq2kOV_.18.25.png


cYCRLReQ0D.27.12.png
焼いたらすぐに食べてもOKですが、1日寝かせると味がなじんでさらにおいしくなりますよ^^生地にアーモンドパウダーを混ぜているから、冷めてもかたくなりにくいです。
食べるときは、オーブントースターで軽く温めてから食べるのもおすすめですよ。

小麦粉で作るマフィンは混ぜすぎるとグルテンが形成されて仕上がりに影響しますが、玄米粉で作るマフィンなら
グルテンが形成されず混ぜすぎの心配いらずで作れます。


混ぜるだけで作れる玄米バナナマフィン、おやつにいかがでしょうか^^




 


N6Rbd4n38W.59.06.png
冬に食べたいおやつでは、何を思い浮かべますか?
私はお汁粉、焼きいも、甘酒、ホットショコラなど、いろいろ思い浮かびますが、スイートポテトも外せません。

スイートポテトというと秋のイメージがあるかもしれませんが、冬のさつまいもも美味しいので、今の時期も楽しみたいところです。

と、思い作ってみました^^
表面に卵黄を塗らずに作ったため、こんがりとした焼き色はつかないので、仕上げにココアパウダーをふって見た目も味も引き締めました。アーモンドパウダーやラム酒も混ぜ込むことで香り豊かに仕上げています。

rzKxuSHiMO.29.05.png
さつまいもは、先日のブログでご紹介した、月見苑さんのシルクスイートでスイートポテトを作ってみました^^こちらのさつまいも、もう1箱は箱買いしたいくらいおいしいです!

それでは、レシピをご紹介します。

*ココア風味のスイートポテト*
 XG_2Q6X5_A.15.25.png

(材料:6個分)1個あたり64kcal

さつまいも…1本(200g)

Aアーモンドパウダー…大さじ1

Aココナッツシュガー…小さじ4

Aラム酒…小さじ1/3

A塩…ひとつまみ

メープルシロップ…小さじ1
ココアパウダー…小さじ1/2 

※お酒が苦手な方はラム酒は入れなくてOKです。 


(作り方)

1.さつまいもはふかして皮をむきボウルに入れてつぶす。
さつまいものふかす方法はこちら→
※蒸した方がおいしく仕上がりますが、茹でたりオーブンで焼いたさつまいもを使用してもOKです。さらに簡単に作るなら、市販の焼きいもを使用してください。
IMG_2504.JPG

2.1のボウルにAを加えて混ぜる。
IMG_2508.JPG
 

3.写真のような形にスプーン2本で形成する。
IMG_2517.JPG

4.クッキングシートをしいた天板に並べ、表面にメープルシロップを塗る。
yXrI0TdDa8.11.56.png

 5.200度に予熱したオーブンで表面に軽く焼き色がつくまで15~20分焼く。
(焼きたては崩れやすく、裏面がクッキングシートにくっつきやすいため、冷めてからフライ返しでスイートポテトをすくい、器に盛るようにしてください。)
 xzwkea4P2p.12.05.png

7.器に盛り、ココアパウダーをふる。

S7g30DDDA7.14.49.png

今回は卵を使用していませんが、表面に焼き色をつけたい場合は、卵黄(適量)を表面に塗ってから焼いてください。

なめらかな口当たりに仕上げたかったため、ナッツ類は入れていませんが、刻んだくるみを15gほど混ぜ込んでから焼けば食感が加わりまた違ったおいしさを楽しめますよ。

ココア風味のスイートポテト、おやつにいかがでしょうか^^


TM9oXbL889.25.25.png
読売新聞ヨミドクターで減塩レシピをご紹介しています^^

今回のレシピは、「混ぜるだけで簡単 納豆とパクチーのチリコンカン」です。
チリコンカンというと、通常は煮込んでつくる料理ですが、今回は混ぜるだけで作るので火は使いません。材料を切ったら、あとは混ぜるだけ。副菜にもおつまみにもなる1品ですよ。

塩は控えめでもちゃんとおいしい1品になるよう、納豆や減塩しょうゆ、トマトケチャップのうま味、パクチーやタマネギの香り、トマトの酸味、チリパウダーのパンチがかけ合わせています。

今回のレシピではスパイスにチリパウダーやこしょうを使用していますが、クミンをプラスするのもおすすめです。宜しければぜひご覧ください^^

「混ぜるだけで簡単 納豆とパクチーのチリコンカン」
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170125-OYTET50027/


 
FullSizeRender.jpg
今年の目標をたてていたときに、納豆を食べよう!が思い浮かんだのですが、それ以降は毎日納豆を食べるようにしています。

健康維持のためでもありますが、いろいろな種類を食べるのが楽しくて、おいしそうな納豆を見つけては購入しています。写真は最近のお気に入り納豆です^^

健康でいるには、腸内環境が良好な状態であることが重要なのは、度々言われていますし、私もそれを意識した食事をとるようにしていますが、ここ数ヶ月はそれを実感しています。

朝は豆乳玄米甘酒、昼はまかないや試作した料理、夜は発酵食品(味噌汁や納豆、キムチなど)と野菜を中心とした食事を食べるようにしていますが、肌荒れすることがほとんどなくなりました。腸内環境を整える食事をこれからも続けて身体の変化を観察していきたいと思います^^ 

↑このページのトップへ