waCmtTDJr3.29.06.png
春のデトックスにおすすめのレシピをご紹介します^^

東洋医学では、春は肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素が排泄されるといわれているのだそうです。それなら、食事でもデトックスをサポートする働きが期待できる食材をとりたいところです。

おすすめなのがパクチー。
パクチーはキレート作用という働きをもち、水銀やヒ素などの有害物質を排泄する働きが期待できるといわれていますよ。また、パクチーに含まれている食物繊維は腸内環境を整えて老廃物を排泄する働きが期待できます。

さまざまな料理に使えるパクチーですが、サラダにすれば手軽に食べることができますよ^^5つの調味料で味つけ簡単なパクチーサラダのレシピをご紹介します。

■パクチーたっぷりな「デトックスサラダ」 【1食あたり エネルギー80kcal、糖質3.7g】
waCmtTDJr3.29.06.png
(材料:3食分)保存期間の目安:3日間
パクチー80g
ごま油大さじ1
醤油小さじ1
レモン汁小さじ1
はちみつ小さじ1/2
こしょう適量
カシューナッツ15g

(作り方)
1.パクチーは3〜4cm幅程度に切る。
RAHxIdeHRi.43.29.png

2.ボウルにAを入れて混ぜる。
OpvHi9d_mW.43.22.png

3.パクチーを加え、カシューナッツを砕いて加えて和える。
IMG_5372.JPG

カシューナッツの替わりにアーモンドやクルミなど、お好みのナッツを作ってもOKです^^
食べない分は保存容器に入れて冷蔵庫で保存し、3日間を目安に食べ切ってください。


30代からのダイエットにおすすめ。
糖質オフな作り置きレシピ!「ささみとブロッコリーのペペロンチーノ」をご紹介します^^

【30代から始める糖質オフダイエット】とは?
https://lineblog.me/igarashiyukari/archives/8377874.html


■ささみとブロッコリーのペペロンチーノ【1食あたり エネルギー141kcal、糖質2.1g】

ささみとブロッコリーでつくる、低糖質なペペロンチーノのレシピです。ささみのたんぱく質、ブロッコリーのビタミンCはそれぞれ免疫力を向上させる働きをもつといわれており、風邪予防への貢献が期待できますよ。健康をキープしながら、体を引き締めませんか。

食べるときにお好みでエキストラバージンオリーブオイルをかけると風味が加わってより一層おいしく食べられますよ。
1aLFmREPuw.15.05.png
(材料:3食分)
にんにく…2かけ 
ブロッコリー…1株 
ささみ…4本 
オリーブオイル…大さじ1 
白ワイン…大さじ1 
輪切り唐辛子…小さじ1/4 
醤油… 小さじ1 
塩、こしょう…適量

(作り方)
1. にんにくは薄切りする。ブロッコリーは小房に分け、茎は皮をむいて厚さ3mm程度の短冊切りにする。ささみは一口サイズに切って塩こしょうで下味をつける。 
xOPU9wSxDZ.19.28.png
D4FhoNoIHc.20.10.png

2フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて中火で熱し、きつね色になるまで炒めたらにんにくを一旦取り出し、ささみの表面を焼く。 ブロッコリー、輪切り唐辛子を加えて白ワインをまわし入れて蓋をし、中火で5分蒸す。
ngRwn913q5.21.39.png

3.火を止め、にんにくを戻し入れて醤油、塩、こしょうで味を調える。 保存容器に移し、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存する。
q8_MZeutcE.21.49.png

※食べるときに味が薄まっていたら、塩こしょうで味を調えてください。


39CyJejlTa.30.32.png
夏に向けて、そろそろダイエットを始めようかな?と思っている人もいるのではないでしょうか。

ダイエットを始めよう!そう思ったときに、食事で意識することは何ですか?
油を控えよう。と思う人も結構いるのではないでしょうか。

「ダイエット=油はNG」と思われがちですが、それは間違いです。もちろん、摂り過ぎはNGですが、適切な量をとることは、ダイエット中もダイエット中でないときでも必要です。


3-5-1000x650.jpg
ダイエット中にはぜひとって欲しい油があります。
それは「オリーブオイル」です。なぜオリーブオイルがダイエットにいいの?のご説明は、房総オリーヴさんのサイトでご紹介しています^^

記事はこちらよりお読みいただけます!
http://bousouolive.com/oliveoildiet/







↑このページのトップへ