そら豆が旬ですね!
この時期になると、幼少期に伯母の家の土手で一緒に収穫したのを思い出します^^今でもこの時期は伯母の家のそら豆を食べるのが楽しみのひとつです。

と言っても、子どもの頃はそら豆のおいしさがあまり分からなかったのですが、年齢を重ねていくにつれておいしく感じるようになりました。味覚の変化っておもしろいなあ、と思います。

塩茹ででシンプルに食べるそら豆はとってもおいしいですが、今回は、洋風アレンジレシピをぐるなびdressingでご紹介しています!

ポイントは、「そら豆」×「チーズ」の組み合わせ。この相性バグツンな組み合わせで作る料理がとってもおいしいんです^^おつまみにもおすすめです。

■そら豆のガーリックチーズソテー
column_02da3baff01326b66bfec6f40d895f25.jpg
白ワインにぴったりなレシピです。ガーリック風味が食欲をそそります^^
仕上げにもチーズをふると味をピシッと引き締めてくれますよ。

■そら豆のスパニッシュオムレツ
column_36e877d81b202f3c01bc9c988b459db4.jpg
そら豆の緑色がきれいなスパニッシュオムレツのレシピです。こちらはサワークリームをつけながら食べるとおいしいです!ない場合は、クリームチーズや水切りヨーグルトでもOK。それでもない場合は、なしでもおいしく食べられます^^

■そら豆のクリームソースニョッキ 
column_e0d53384d4242bdd53fd3b9f1050213a.jpg
じゃがいもの代わりにそら豆を使って作るニョッキです。ベーコンの塩気と旨味がアクセントになっています。トッピングにもそら豆を散らすと彩りがよくなりますよ。

レシピはこちらからご覧いただけます^^
https://www.gnavi.co.jp/dressing/article/21636/

XclioTYjwE.08.08.png
忙しい人のための【楽ウマ!一皿ごはん】。ボリューム満点な「たっぷり野菜の甘辛豚キムチ」の簡単レシピをご紹介します。トッピングにシャキシャキの豆苗をのせてボリュームをアップさせた豚キムチのレシピです。

豚キムチは、豚肉とキムチを炒めるだけでも十分おいしいのですが、いくつかの野菜をプラスすると彩りがよくなるだけでなく栄養バランスもグンとよくなります^^豚肉はこま切れ肉を使用しましたが、バラ肉やロース肉などでもOKです。

忙しい人のための【楽ウマ!一皿ごはん】は、作り置き不要、一皿で栄養バランス◎な栄養素バランスのいいレシピです。ごはんやパン、麺などを添えて食べると、栄養バランスが整いやすいです。忙しいときでも手間はかけずにおいしい料理が食べたい!という方におすすめです。

【楽ウマ!一皿ごはん】について詳しくはこちら→https://glutenfree-life.com/hitosarakondate/


■【楽ウマ!一皿ごはん】 たっぷり野菜の甘辛豚キムチ
【調理時間:15分、1人あたりエネルギー:511kcal、糖質:11.5g 】
XclioTYjwE.08.08.png
(材料:2人分)
豚こま切れ肉…250g
醤油…小さじ1
黄色パプリカ(7mm幅に切る)…1/2個
ナス(縦半分に切って太さ1cmの斜め切り)…2本
ズッキーニ(縦半分に切って太さ1cmの斜め切り)…1/2本
豆苗(3cm幅に切る)…30g
ごま油…大さじ1
酒…大さじ1
Aキムチ(小麦不使用)…80g
Aみそ…小さじ1
Aはちみつ…小さじ1
A醤油…小さじ1/2
塩、こしょう…適量
白ごま…小さじ1

(作り方)
XvunLKea_q.15.52.png
1. 豚こま切れ肉にたまり醤油をもみ込む。

2. フライパンにごま油を引いて中火で熱し、豚こま切れ肉を色が変わるまで炒めたら一旦取り出し、黄色パプリカ、ナス、ズッキーニ、酒を加えて蓋をし、時々混ぜながら火が通るまで5分ほど蒸す。

3. 豚こま切れ肉を戻し入れ、Aで味つけして塩、こしょうで味を調える。

4. 器に盛り、豆苗をのせて白ごまをふる。


忙しくて何品も料理を作れないというときにレシピが役に立ちますとうれしいです^^

E5zi38kxLU.05.40.png
おいしいイチゴが食べられるのも、あともう少しですね!今のうちに美味しく味わいたいところです^^

イチゴはスイーツに使われるのが定番ですが、実は、おつまみにしてもとってもおいしいんです!
この美味しさをぜひぜひお楽しみいただきたくて、ぐるなびdressingで「イチゴ」×「チーズ」で作る簡単おつまみをご紹介しています。

ポイントは、「イチゴ」×「チーズ」×「粗挽き黒コショウ」の組み合わせ!
この組み合わせがおつまみに◎なんです^^

イチゴというと、地元に近藤いちご農園があるのですが、こちらのイチゴがとってもおいしくておすすめです!イチゴ狩りにも何度か行っていますが、種類が豊富でさまざまな味を楽しめます。
大人気で売り切れてしまうこともあるのですが、自家製のもち米で作ったやわらかなお餅でミルクあんといちごを包んだいちご大福もおすすめです^^

■イチゴのカプレーゼ
column_be60ad7a6b1132645e89409fbd2888bf.jpg
トマトの代わりにイチゴを使ったカプレーゼです。
これは好みにもよるのですが、イチゴのみだとやや酸味がもの足りなく感じるので、ミニトマトもプラスするとより一層おいしく食べられますよ^^


■イチゴとカマンベールのタルティーヌ
column_75016c0d1e3f43aa243c71fd36cfe7ad.jpg
こちらはおもてなしにもおすすめな1品!スライスしたバゲットにイチゴや生ハム、カマンベールなどをトッピングするだけで簡単に作れます。


■苺とクリームチーズのパテ
column_0fd03139af7790b0f16a9c32077710aa.jpg
苺とクリームチーズのパテは、3つの材料を混ぜてハチミツと粗挽き黒コショウを上にかけるだけの時短おつまみです。クラッカーにつけて食べるのがおいしいです。甘じょっぱい味がクセになりますよ^^

レシピはこちらからご覧いただけます!
https://www.gnavi.co.jp/dressing/article/21631/












↑このページのトップへ