IMG_3184.JPG
朝ごはんやおやつにおすすめのスムージーレシピをご紹介します^^

先日親不知を抜いてから、スムージーの魅力を再発見して(飲みやすい、栄養がとれるなど)、最近は朝に飲むことが多いです。

抜歯後の痛みが特に強かった間は、スムージーにかなり助けられました^^
食材の組み合わせ次第では、栄養バランスがよくなるので、スムージーを作るときは、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維がとれることを意識して食材選びをしています。

最近作った中でもおすすめのレシピをご紹介します。


材料はこちら!
IMG_3175.JPG
バナナ、りんご、アーモンド、くるみ、甘酒、無調整豆乳です。
バナナやりんごのビタミンC、アーモンドやくるみのビタミンE、脂質、甘酒のビタミンB群やミネラル、豆乳のたんぱく質がとれるスムージーです。


*フルーツとナッツの濃厚スムージー*
IMG_3178.JPG
(材料:2人分)1人あたり221kcal
バナナ…1本
りんご…1/2個
無調整豆乳…250ml
甘酒(米と麹で作ったもの)…大さじ2
アーモンド…15g
くるみ…10g

※甘酒がなければ入れなくてもOKです。甘みを足したい場合ははちみつかメープルシロップ大さじ1もしくはココナッツシュガーを大さじ1程度足してください。

(作り方)
1.バナナは3cm幅に切る。りんごは3等分のくし切りにして種を取り、3cm幅に切る。

2.ミキサーにすべての材料を入れてなめらかになるまで混ぜる。

濃厚なスムージーが苦手な方は、バナナは入れずにりんごを1/2個→1個にして作ってもOKです。


朝ごはんやおやつにいかがでしょう^^

IMG_3043.JPG
今日は、TOKYO FM「高橋みなみのこれから、何する?」に出演し、「ベスト3先生」のコーナーでスムージー先生としてお話させていただきました!

実際にスムージーを作って高橋みなみさんにも試飲いただきましたが、おいしいと言っていただけて安心しました^^生放送ではありましたが、高橋みなみさんの進行があまりにもすばらし過ぎて、安心してお話することができました。

番組でご紹介したレシピはこちらです。
ディレクターさんと相談して、「ビューティースムージー たかみなちゃんバージョン」と名づけました
^^

レシピをご紹介します。 

*ビューティースムージーのレシピ*

使用する材料は、バナナ、りんご、小松菜、アーモンド、無調整豆乳、甘酒、シナモンパウダーです。
バナナやりんごのビタミンC、小松菜のビタミンA(β-カロテン)、アーモンドのビタミンE、豆乳のたんぱく質がとれるスムージーです。バナナやりんご、小松菜、アーモンド、甘酒には食物繊維も含まれています。これらを合わせてとることで、美肌づくりのサポートが期待できます。

IMG_3048.JPG
(材料:1人分)1杯あたり約200kcal
バナナ…1/2本
りんご…1/4個
小松菜…50g
アーモンド…5粒
無調整豆乳…120ml
甘酒(米と米麹で作ったもの、濃縮タイプ)…大さじ2
シナモンパウダー(お好みで)…少々

(作り方)
1.バナナは3cm幅に切る。りんごは種を除いて縦2〜3等分に切り、3cm幅に切る。小松菜は3cm幅に切る。

2.ミキサーにバナナ、りんご、小松菜、甘酒、無調整豆乳、アーモンド、シナモンパウダーを入れてなめらかになるまで混ぜる。


ビューティースムージーは少ない材料で簡単にできるので、宜しければぜひ作ってみてください^^

毎日寒いですね。
寒い日に食べたくなる料理といえば!鍋料理ではないでしょうか^^

今年の冬におすすめなのが、「あんかけ鍋」。水溶き片栗粉でとろみづけしたお鍋です。
長い時間アツアツで食べられて、しかもおいしいんですよ。

20161227103632.jpg
■あんかけキムチ鍋

豚とあさりの旨味、キムチの辛味と酸味が効いたスープが野菜によく絡みます。


20161227103633.jpg
■あんかけエスニック鍋

クリームシチューのようなクリーミーな鍋です。お好みでナンプラーを少し足して食べるのもおすすめです。

20161227103634.jpg
■牡蠣のあんかけみぞれ鍋

すりおろした大根のあんが具に絡んで、さっぱりと食べられるお鍋です。

「あんかけ鍋」はいつものお鍋に水溶き片栗粉でとろみづけするだけでOK!
とっても簡単に作れるので、宜しければぜひおためしください^^


「寒い日の鍋はこれだ!いつもの鍋に片栗粉を入れるだけの「あんかけ鍋」が美味すぎてやみつき確定」
http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/fcf/3813 

↑このページのトップへ